「U29JOB(ユニークジョブ)」20代・第二新卒・既卒のための転職サイト

IT・WEB業界への転職支援に強みのあるワークポート。

そのワークポートが20代・第二新卒・既卒のための転職サイト「U29JOB(ユニークジョブ)」をオープンしました(2019年6月)。

さすがにワークポートはトレンドをしっかりと意識してサービス提供をしているんだな!とあらためて思わされます。

総務省統計局の労働力調査を見てみると明白なのですが、年々20代の労働力人口が減少してきているのが分かります。

ここ10年での推移を見てみましょう。

下記は全年代の労働力人口と15~34歳の人口とその割合です。

2008年 6,674万人のうち1,983万人(29.7%)
2009年 6,650万人のうち1,929万人(29.0%)
2010年 6,632万人のうち1,929万人(28.2%)
2011年 6,596万人のうち1,816万人(27.5%)
2012年 6,565万人のうち1,775万人(27.0%)
2013年 6,593万人のうち1,757万人(26.6%)
2014年 6,609万人のうち1,732万人(26.2%)
2015年 6,625万人のうち1,707万人(25.8%)
2016年 6,673万人のうち1,719万人(25.8%)
2017年 6,720万人のうち1,712万人(25.5%)
2018年 6,830万人のうち1,743万人(25.5%)

年々若手層の比率が下がってきているのが分かります。

それでも、どの企業も組織の活性化のためにも若手社員の採用は必須です。

その結果、各社にとって肝心の20代ですが、採用活動がかなり大変なのです。

<はじめに>U29JOB(ユニークジョブ)をおすすめしたい人!

転職エージェントとして準大手クラスの実績を持つワークポート。

そのワークポートが新しいWEBサイト「U29JOB」をオープンしました。

この「U29JOB」は対象となるターゲットがはっきりとしていて

20代・第二新卒・既卒

が対象となっています。

20代に特化したサービスでは他には学情の「Re就活」などがあります。

このように専門サイトが増えていくのは、ユーザーにとって嬉しいことですよね。

そしてユーザーははもちろんの事、採用企業にとっても、採用したいターゲット年齢層を明確にアピール出来るので、このような転職サイトが増える事は有り難いことでしょう。

20代の転職市場

2019年04月、就職サイトで有名なマイナビが「マイナビ転職動向調査」を発表しました。

調査の対象となったのは、正社員として働いている20代~50代の男女で、ここ1~2年で転職の経験がある人になります。

その調査結果によると以下のような事が分かりました。

・20代で転職した割合が年々増加傾向にある
・20代男性は「転職は簡単にできる」と思う傾向にある
・20代は「転職は前向きな行動である」と思う傾向にある
・20代男性は「転職経験は有利である」と思う傾向にある
・20代は「転職は必要である」と思う傾向にある

このようにして見てみると、20代は男性女性に関わらず、他の世代と比べても転職することに抵抗が無い傾向にあるようです。

むしろ前向きなチャンスとも考えているようです。

求職者のこのような傾向は、各企業の20代に対する強いニーズが後押ししている事も要因なのでしょう。

「20代は転職をチャンスと考える」
「20代に対する企業からのニーズは強い」

ただし

「20代の就労人口は減少傾向に」

といった現状が今の「20代の転職市場」なのです。

20代の転職人気企業ランキング

20代のために転職サイト「Re就活」を運営する学情が2019年5月に「転職人気企業ランキング」を発表しました。

ランキングを見てみると、当然ですが大手や有名企業がズラリと並びます。

1位 トヨタ自動車
2位 グーグル
3位 ソニー
4位 アマゾンジャパン
5位 ANA(全日本空輸)
6位 任天堂
7位 JAL(日本航空)
8位 パナソニック
9位 楽天
10位 オリエンタルランド

ここまでが人気ベスト10ですが、やはり超有名企業ばかりですね。

11位 江崎グリコ
12位 エイチ・アイ・エス
13位 日本生命保険
14位 JR東日本
15位 資生堂
16位 博報堂
17位 ヤフー
18位 富士通
19位 本田技研工業
20位 ZOZO
21位 雪印メグミルク
22位 JTB
23位 LINE
24位 電通
25位 サイバーエージェント
26位 ソフトバンク
27位 JR東海
28位 デンソー
29位 スクウェア・エニックス
30位 JR西日本

いかがでしょうか。1位から30位までのランキングを見てみると、ほとんど会社名が分かりますよね。

すべて大手か有名企業です。

20代に対する企業からのニーズは強い、そして20代のビジネスパーソンは大手や有名企業志向、そして大手はかなりの人数を採用する傾向にある。

このように考えますと「中小企業」の採用はかなり大変になることでしょう。

そして今後の就労人口の推移から見ても、この傾向は長く続くことが考えられます。

中小企業は今後生き残りのためにも、かなり工夫しながら若手の採用を行っていく事になるのでしょう。

そして更に言うならば、ベスト30にランキングされている「金融業」がたったの1社、「日本生命」だけなのです。

ご存知の通り、金融は経済の根幹となる重要な業界のひとつです。その金融で証券会社はおろか、銀行もランクインしていないのです。

また、金融以上に日本の産業にとって重要なのが「メーカー」です。

たしかに今はサービスサイトなどが人気なのは分かります。

しかし、メーカーはまさしく日本の経済をここまで牽引してきた代表的な業界です。

そしてメーカーの中でも重要なのが自動車・および自動車関連メーカーです。

この「車メーカー」でランクインしているのが、1位のトヨタ自動車と19位の本田技研工業、そして28位のデンソーとたったの3社のみなのです。

このような自動車関連メーカーの人気度などはとても気になるところです。

U29JOB(ユニークジョブ)のコンセプトについて

U29JOB(ユニークジョブ)のコンセプトは、

20代のこれからに、働く楽しさ、やりがいを。

となっております。

20代のうちに「やりがい」を持てる天職にいち早く出会って、その後のビジネスパーソンとしてのキャリアを充実してもらいたいという想いが感じられます。

長いビジネスパーソンとしての人生、ビジネスでの人格を形成するのは20代と言われています。それゆえに、どの会社で、どのような仕事を、どんな仲間と成し遂げてきたのかはとても重要なのです。

つまり20代の会社選びこそがすべてなのかもしれません。

U29JOB(ユニークジョブ)では以下のメッセージを提唱しています。

あなたにあう人間関係
あなたにあう社風
あなたのやる気を評価する職場
あなたの技能に適した職場
あなたの想いがカタチになる職場

ワークポートではこのような想いを持って、求職者のみなさんにサービスを提供して行きたいのです。

U29JOB(ユニークジョブ)のサービス・機能について

1.求人企業を自分で探す!

これはどの転職サイトにもある機能です。

自分で希望の職種や業種、または勤務地などを選択し、気になった求人があったら応募をします。

選考のフローは各企業によって違ってきますが、ほとんどの企業で、書類選考→適性検査→面接→内定、といった流れになるものと思います。

2.求人企業からスカウトを受ける

U29JOB(ユニークジョブ)のサービスを利用するには、当然ですがご自身のキャリアを登録します。

そして会員登録をする際に、スカウトサービスを利用したいユーザーに関しては、レジュメ(個人情報は非公開)が企業に公開されます。

そしてみなさんのレジュメやキャリアに興味を持った企業からスカウトが届く仕組みとなっています。

3.求人を探してもらう

これはいわゆるワークポートの得意としている転職エージェント・サービスを利用するという事になります。

ワークポートではキャリアアドバイザーの事を「転職コンシェルジュ」と呼んでいますが、この呼称にあるように「求職者のために全力でサービスを提供する」といった姿勢は、求職者にとってもうれしい事ですよね。

こちらはU29JOB(ユニークジョブ)に登録後、転職コンシェルジュとの面談をしてから求人を紹介してもらう段取りとなります。

4.「みんスク」無料プログラミングスクール

「みんスク」とは、どなたでも受講可能な「ITエンジニアスクール」。

そしてこのスクール、なんと無料で受講が可能なのです。スゴイですよね!。

受講料はもちろんのこと、テキスト代も無料。

そしてスクール受講後には転職サポートも行ってくれるといううれしいサービス、そしてこれらのすべてにおいて一切の料金は発生しないのです。

5.転職ノウハウ・コンテンツ

転職ノウハウ・コンテンツでは、あんたの役立つ転職コンテンツとして「履歴書の書き方」「職務経歴書の書き方」「求人サイトの使い方」「転職エージェントの使い方」「無料スクールを利用するメリット」などが掲載されています。

今後もこのコンテンツはどんどん増えていくのでしょうが、まずはU29JOB(ユニークジョブ)を利用するのに有効なコンテンツなどが掲載されているようです。

採用企業へのメッセージ

いかがでしょうか、U29JOB(ユニークジョブ)のサイト特性やコンセプトについて記してきました。

ワークポートがこの20代に特化した転職サイトを立ち上げた真意もご理解頂けたものと思います。

今後、今のような景況感が続くならば、20代に就労人口の減少に伴い、20代のビジネスパーソンへの強いニーズがさらに加速するものと思われます。

ここ数年の動きを見てみても、アルバイトはどのお店も採用が困難になり、正社員についても求人要件を下げなければ人員を確保出来ない状況にまでになってきています。

大手の一部の企業はまだ良いでしょう。それなりに人員を確保出来るはずです。

しかし心配なのは中小企業です。今後本当に採用が厳しくなるものと思われます。

そして20代のビジネスパーソンを受け入れないと、組織が停滞していくはずです。

会社の存続にも影響するでしょう。

20代の人員確保のためにも、就活学生への対応、転職サイトでの求人票の見せ方の工夫、副業可などの若者を惹き付ける施策などが必要になってくるはずです。

このU29JOB(ユニークジョブ)は、求人掲載は無料です。

この求人票に御社の魂をのせ、ぜひ母集団形成に注力してみてください。そして本気の求人票を作成する事によって、はじめて自社に足りないものも発見出来るはずです。

<まとめ>U29JOB(ユニークジョブ)について

現時点で求人掲載数が23,000件(2019年6月時点)、12末までに30,000件の掲載を目指すとの事。

今の段階ではオープンして間もないのですが、今後は求人数が増え、コンテンツもさらに充実することで、さらに魅力的な転職サイトになっていくものと思います。

とくに求人数については右肩上がりで伸びるものと思います。

それと言うのも、U29JOB(ユニークジョブ)では求人の掲載料金が無料なのです。

しかも求人掲載の依頼は、WEBページのエントリーフォームから簡単に登録が可能となっています。

求人数が増えれば、20代のみなさんにとって有益な転職サイトとなることでしょう。