こんなにある、転職失敗事例。「先人の失敗に学ぼう!転ばぬ先の杖」

こんなにある、転職失敗事例。「先人の失敗に学ぼう!転ばぬ先の杖」

目次

【はじめに】先人の失敗に学べ!

一人で色々考えながら転職活動をしていると視野が狭くなることがあります。

ただでさえ転職活動はエネルギーを使う大変な活動なのに、そこへさらに不安が重なったりすると、失敗が多くなりがちです。そして、そのような失敗をしないためにも、事前の情報収集が欠かせません。

とくに効果的な情報は、他の方の転職失敗事例を参考にすることです

今までの「転職失敗事例」をしっかりと学ぶことによって、みなさんは同じ失敗をしないように効率的に転職活動を進めてみましょう。

こんなにある、転職活動での失敗事例!

こんなはずじゃなかった!

面接で人事の担当者と話しが盛り上がり、「この会社ならやっていけそうだ!」と思い込みそのまま入社。しかし、いざ働き始めてみたら現場の上司と相性が合わず、やりたい仕事につけない毎日。

これはよくある話しです。あなたが一緒に働く人は、人事の採用担当では無く(人事職などを除き)、現場の上司や同僚なのです。ですから、いくら人事の担当者とウマが合ったからといって、それを理由に会社選びをしてしまうのはあまりにリスクが大きいでしょう。

どうしても時間が取れない

働きながらの転職活動。

時間がうまく使えないことは多くの方が持つ悩みでもあります。たとえば昼間の業務時間中で面接となると、会社を休まなければなりません。しかし、どうしても会社を休むことが出来ない人もいるはずです。

書類審査が合格して採用企業から連絡があった時、あらかじめ面接の時間については、みなさんの都合の良い日をはっきりと伝えましょう。それでも仮に、みなさんの都合の悪い平日の昼間にしか面接を行っていないとなれば、何とかして会社を休むしかありません。

会社が多忙で時間が取りづらい方は、事前に転職エージェントのキャリアアドバイザーにその旨を伝えておいてください。転職エージェントでは面接時間の調整などもしてくれるので、最大限にみなさんの都合を考慮して、面接時間の調整をしてくれるはずです。

せっかく書類合格していざ面接となっても「今働いている会社の都合でなかなか面接に行けない」や「すぐに面接には行けないので、しばらく後で面接を受けます」と言った事になってしまいますと、求人企業は当然ですが、すぐに面接を受けてくれる人を優先してしまいます。

みなさんにも都合があるのと同じく、企業側もすぐに人が欲しいという都合があります。面接を受ける日程が合わなくて、せっかくの会社とのご縁が無くなったりしたら残念でなりません。みなさんの出来る範囲で、スムーズな面接スケジュールをおススメします。

曖昧な志望動機になっていませんか?

転職活動での志望動機が「大手企業に入りたい」という方を見かけます。

転職理由がただシンプルに「大手企業に転職したいから」といった事では、その転職は失敗するかもしれません。面接前に「どうしてその企業を受けるのか」「その企業で何がしたいのか」「みなさんなら何ができるのか」をきちんと説明できるようにしておきましょう。

大手企業に就職したいというお気持ちは分からなくもありませんし、もちろん悪いことではありません。大手企業には大手なりの良さがたくさんあるはずです。たとえば大手だからこそ、仕事の幅を広げることもありえます。

しかし面接では、ただ「大手企業に入りたい」ではなく、その会社に入れたら実現したい仕事内容について語り、そこでどのような自己実現をしたいかをアピールすべきでしょう。

安定した生活が送りたい

「安定した会社に行きたい」、こんな希望もよく聞く話しです。

これは「どの程度の期間、その会社に安定を求めるか」で答えが変わってきます。もしあなたが10年以上の安定を求めるならば、少し予想が難しくなります。10年以上会社が業績を安定的に伸ばすという事は本当に大変な事なのです。

また、10年先の近未来を正確に予想出来る人は、TVなどに出ているエコノミストでも不可能でしょう。そのためにも、やはりみなさん自身で「納得のいく」企業研究をしてみてください。みなさんが自分自身で納得した転職ならば、将来もし転職した会社が不安定になっても後悔はしないはずです。

他人のアドバイスで転職先を選んだとしたら、それこそ後悔することでしょう。しっかりと企業研究を行い、また第3者の意見も参考にしながら、みなさん自身で納得の答えを導き出してください。

時間に余裕を持って行動出来ていますか!?

「面接時間のギリギリに面接会場に到着!」、本当に良くある話しです。道に迷って、面接に遅れてしまうなんて話しを聞きます。

これはゼッタイにNGです。あらかじめ面接が行われる場所・時間を間違いないよう確認しておきましょう。

また、「面接の時間を間違えて、面接に行けなかった」といったケースもあります。この場合は素直に自らの非を詫びて、誠心誠意謝るしかありません。その後に面接を受けれるケースもありますが、決して印象が良くなることはありません。スケジュール管理はしっかりと行うしかないのです。

前の会社の悪口や愚痴

退職理由で、今(または前)の会社について悪口のような事は言ってはいけません。たとえば本当の転職理由が上司との人間関係だったとしても、あまり積極的に話す内容では無いでしょう。

事実を話すのは悪くありません。あくまで事実です。しかし出来るだけ、今後新しい会社で実現したい事を話すべきですし、前職について感情的な話し方をするべきではありません。マイナスのイメージしか残りません。

他社で内定が出た!

これも良くある話しです。内定をもらっている場合は、素直にそのことを伝えることをおススメします。他社で内定が出ているとう事は、決してマイナスになるものではありません。

しかし内定の出ている他社への志望度を聞かれて、「その会社への優先度が高い!」といったような事は言わない方が良いでしょう。面接官は複数の求職者と同時進行で面接を行っており、やはり志望動機が高い方を選ぶ傾向にあるからです。

このようなシチュエーションでは「今はまだ迷っていて、最終的な判断は出来ていません」といった返答が良いでしょう。

給料上がりますか?

これは聞き方によりますので注意しましょう。まだ選考も通っていないあなたが、「給料上がりますか?」 といったような無愛想な質問をしたら印象は悪くなるはずです。

あくまで聞き方次第です。年収についての質問は悪い事ではありません。やはりみなさんには生活がありますので、年収はとても気になる事であることを面接官は理解しています。

望ましい聞き方としては、「もしご縁があって入社が出来たとしまして、○○のような成果を出せたら給与は変わってきますか?」などといった方が良いと思います。

そして「年収を理由に転職する人」の傾向として、その思いが強い人ほど会社を辞めやすいというデータもあるようです。そのようなデータを当然ながら採用担当者も熟知していますので、行き過ぎた考えをお持ちの方に対しては、企業は敬遠しがちのようです。

転職にゼッタイに失敗する人、そして失敗しないために

「社長の名前を答えられない」

「サービス名を知らない」

みなさんは信じられないかもしれませんが、実はこんなケースもあるのです。しかし当然の事ですが、これは論外です。もしこのような質問にさえ答えられないと言う事は、それは本気でこの会社に入りたいと思っていないと思えます。

ここで言いたい事はひとつ。

みなさんはぜひ「本気の転職」をしてください!

転職は「オフィス」「仕事内容」「給与」そして「一緒に働く仲間」も変わるほど大変なことでもあるのです。

このように、みなさんの生活環境のすべてを変える活動なのに、基本的な質問にも答えられないのならば、転職活動自体を辞めることをおススメします。

等身大の自分をアピール

「面接で出来ない事を出来ると言ってしまったために、入社後に全く活躍出来ない」このようなケースも良くある話しです。

また、職務経歴書に実力以上のことを明記して入社後に期待を裏切ってしまうというケースもあります。

これは気を付けてください。

当然ですが、入社後に苦労するのはみなさんご本人なのです。

職務経歴書はみなさんの「今までのキャリア」を記した重要なドキュメントです。決して疎かに考えてはいけません。

資格自慢ですか?

面接では「これまでどんな仕事をして、どのような結果を残したか」が質問されます。

そのため例え難しい資格を保有していたらからといってそれだけで内定はもらえません。その資格を活かしてどのような実務経験があるのかが重要なのです。何も実績が無ければ、その資格を保有していることをアピールしても効果はあまり無いでしょう。

資格を持っている方は、その資格を持っていることを中心に自己PRをすることがあります。資格を持っていることは大変素晴らしいことなのですが、繰り返しになりますが、あくまでその資格をどのように活かして来たかが重要なのです。

実務経験は無いけれども、面接で資格をアピールしたい場合は、その資格を活かして今後どのような事に挑戦したいかをアピールするようにしましょう。

離職期間が長い

転職活動の進め方は人それぞれ違います。

今の仕事を続けながら転職活動をする人もいれば、会社を辞めてから転職活動をする人もいます。

ここでひとつ注意しておきたい事があります。それは「離職期間」です。

離職期間中に何か目的があって離職をしていた場合はOKなのですが、ただブラブラしていたと言ったケースは面接官の印象が悪くなりますのでご注意下さい。

退職してしばらく転職活動がうまく行かない場合もあります。そのような場合には面接時に「離職期間について」問われることも覚えておいてください。その時に明確な理由があれば問題はありません。しかし一般的に申しまして、離職期間が長いとそれだけで転職活動が不利になる傾向もありますので注意が必要です。

もう会社辞めたい!そんな時でも失敗しない転職活動の仕方とは!もう会社辞めたい!1日3回思ったら会社の辞め時?一人で悩む前にまず相談

入社を決める前に、もう一度考えてみよう!

【ケース1】目先のイメージだけで転職先を決めてませんか?

「うちの会社は、みんなに裁量を持たせて仕事を任せているよ。」、こんな風に会社の説明をする企業もあります。

「自分の意見が通って、頑張った成果が報われる仕事に就きたい」、こんな事を考えている方には魅力的な会社に思えることでしょう。また、このような意識はとても立派な転職理由でもあります。このような会社は転職先として検討したくなりますよね。

しかし待ってください、実際に転職をしてみたら「連日の深夜残業」なんてこともありえるのです。

もう少し具体的に「働き方について」ヒアリングをすることも、転職活動では重要なことです。いくらやりがいのある仕事でも、体を壊してしまっては本末転倒です。就業時間や残業時間について少しでも不明点があった場合には、しっかりと質問をしておきましょう。

前職の条件と比較して転職先の良し悪しを決める事も重要ですが、目先のイメージにとらわれて、転職した後具体的にどのような働き方をするのかを、一度立ち止まって考えてみることをおススメします。

【ケース2】内定ブルーに。この会社に決めていいのか悩む

内定が出た後になって、本当にその会社に行くべきかどうかしばらく悩んでしまう人もいます。内定が出た後に悩む前に、面接が進む途中でみなさん自身の希望度を確認しておく事をおススメします。最終面接を受ける段階では、少なくとも行きたい会社のランキングをご自身の中で決めておくべきでしょう。

内定が出たあとに「その会社に行くべきかどうか不安になって迷っている」ということは避けるべきしょう。内定が出た後に、その会社に入るかどうかの最終的な決断が出来ないで返事を延ばすと、それだけ印象が悪くなる可能性があるからです。そのような印象は、入社を決めて就業を始めた後にもマイナスイメージとして残る可能性があるからなのです。

例えば、「他の会社の最終面接が残っていて、どうしても面接だけは受けたい」といったケースは素直にその旨を伝えたほうが良いでしょう。そのようなケースではマイナスのイメージになる事はありません。

転職を失敗した結果、その後のいろいろ!転職を後悔したケース

元の会社に出戻りとなった!

イヤで辞めたはずの会社。その「元の会社に出戻る」といったケースが増えてきているようです。出戻りについては、最近は多くの会社で受け入れる方向にあるようです。もちろん100%と言う事ありませんが、かなり多くの会社で受け入れているようです。

このような社会環境が手伝っているのでしょうか、転職を決めた方も意外と「やはり前の会社の方が良かった!」と出戻りをするケースもあるようです。

転職をしたは良いが、前の会社の方が数倍良かったというケースです。そしてこのような事例は本当にあるのです。そういう意味でも、転職を決める前に、もう一度冷静に今いる会社について考えて見ましょう。意外と今の会社に残ったほうが幸せかもしれませんよ。

しまった、前の会社の方が良かった!

これは前の章の続きともいえるケースです。このケースで多いのは「何となく転職をしたい」「何か他に良いとこ無いかな」といった「特に今の会社に大きな不満も無く」「なんとなくやる気が出ない」から転職をしてしまうケースです。

このようなケースで転職をして、「しまった、前の会社の方が良かった」と思っても、元の会社に出戻りできれば良いのですが、そう出来ないケースもあります。

これも先ほどと同じですが、転職を決める前にもう一度みなさんが思う「辞めたい理由」「転職したい理由」をしっかりと認識するようにしましょう。

「なんとなく」の転職で失敗してしまった事例、じつはこのケースすごく多いのです。

転職したが、その会社が合わず「うつ」に!

ようやく転職をしたは良いが、どうしても転職先での「仕事」や「社風」があわない。そうしているうちに、しばらく気持ちが落ち込み、いつも体調が良く無いといった状況に。

これは危険信号です。「うつ」または「うつの一歩手前」かもしれません。

「転職したばかりで、今さら会社を辞められない」

このような心理が余計ご本人を追い込んでしまうのかもしれません。このような状況にならないためにも、事前の企業研究がとても重要になります。

「転職したらバラ色の人生」このような保証はどこにも無いのです。かりにこのような状況になってしまったら、もう一度ご自身のキャリアや今後についてじっくりと考えてみるべきでしょう。体調不良から回復するためには、しっかりとその原因を見極めて、しっかり休みをとるなどの対応をする必要があります。ひょっとしたら長期の休職をしたり、退職したりする必要が出てくることもあります。

40代で転職に失敗!会社を辞めなければ良かった!

40代で転職に失敗。これはかなりキツイと思います。

よく聞く失敗例として聞くのが、年収が1,000万円前後で管理職として活躍していた方の事例です。

年収は十分、役職も同期と比べても悪くないにも関わらず、会社に対するちょっとした不満や、またはもっと自分が評価されても良いのではと思い会社を辞めてしまうケースです。

大手の会社のビジネスパーソンに多く見られるケースです。

そのまま仕事を続けていたなら、会社内でのポジションにも恵まれて、お金にも困らずに会社員生活を満喫出来たはずなのですが。

そのような方が、いざ会社を辞めてもなかなか転職先が決まらないことが多いのです。

その方は大手という名刺を持っていたゆえに、まわりから持ち上げられていたかもしれないのです。それで勘違いしていた部分もあるものと思われます。

いざ転職をしようとしても、仮に募集があったとしてもおそらく年収は600万円前後まで下がるかもしれません。

40代の方に向けた、失敗しないための転職活動の方法については以下を参考にしてみてください。

40代で転職!40代以上こそ転職エージェントを利用すべき!

転職に失敗、すぐに会社を辞めてまた転職活動を再開!

転職をしたけれど「新しく入った会社にどうしても愛着を持てない」「なぜかフィットしない」といった感じで、どこか新しい会社に対して不完全燃焼でいる人がいます。

このようなタイプの人は、とくに近年増加傾向にあるようです。

これは求人企業側から求職者のみなさんに対するコミュニケーションの中で、どこか誤解を与えてしまうような話しが混ざっているようなのです。

最近の傾向では、求人企業は満足できるほどの「人数」や「質」を伴った採用活動が出来ていません。

「なかなか人が取れない」

「そもそも応募者の中に良い人がいない」

こんなような悩みを、多くの求人企業が持っているのです。

そうすると、求人企業の採用担当者も面接の時などに、どうしても少し甘い話しをしてしまうようなのです。

「うちの会社に入ったら、いろいろチャンスがあるよ」
「みんな仲良くて、活気のある雰囲気だよ」
「上司もみんな人当たりが良いよ」

本当にこのような社風なのかもしれませんが、すごく恵まれた環境で働けるといったような印象を与えてしまっているようなのです。

このような話しにはまったくのウソという事は少なく、むしろ何とか入社をしてもらいたいために、少しオーバーなアピールをしてしまっているのです。

採用担当者の気持ちも分からなくは無いですが、求職者のみなさんからしたら勘弁してほしいですよね。

そしていざ入社をして見ると「面接で話してくれたようなことは無い!」と感じてしまう事が多いようです。

入社前に想い描いていた理想と、入社後に感じた現実にギャップが生じて、そしてそのギャップが大きいと退職につながってしまうようなのです。

転職に失敗しないためにも行う事とは!

「転職活動に失敗した」
「新しい職場が合わない」
「前の会社の方が良かった」
「どうしても雰囲気が自分に合わない」
「前の会社と違う点が多い」

せっかく転職して新しい職場で頑張ろうと思っていたところ、いざ入社してみるとまったく思っていたイメージと違っていた。こんな悲しい転職をしてしまう方は多いようですね。

それでもなんとか新しい職場で頑張る人もいれば、一方ではまた転職を考え初めてしまう方が多くいるようなのです。

はじめて転職する時はみなさんかなり慎重に考えるようですが、一度転職を経験してしまうと、なぜか2回目はあまり抵抗無く転職をしてしまう傾向にあるようです。

そのせいか、たとえば20代の若手会社員でも何回も転職を経験している方がいらっしゃいます。転職はやはり、あまり回数が多いとだんだんと企業からも厳しい目で見られるようになりますので、あまり多く繰り返すものでは無いというのが今の現状です。

ここでは、あらためて「転職に失敗しないノウハウ」やたとえ転職に失敗してしまった人でも「次は転職に失敗しない」ためのノウハウをご紹介していきます。

ポイントは転職活動に失敗してしまった方の共通点、「求人企業の研究不足」を払拭して転職活動を行うことです。

転職エージェントを利用するべし!

さきほど転職活動に失敗してしまった方の共通点として「求人企業の研究不足」を上げさせていただきました。せっかく転職が決まっても、新しい会社が自分が思っていたイメージと違うといった点が転職失敗の共通点なのです。

また企業研究の不足以外でも、「面接の方法が分からない」「提出書類の書き方が分からない」「そもそも自分に合った会社が分からない」といったように、そもそも入社前の転職活動の方法からして間違っているケースも多く見られます。

転職活動の方法そのものに間違いがあれば、その転職が成功するとはとても思えます。

そこでこのような悩みや不安がある方には「転職エージェント」のご利用をおすすめします。転職支援のプロであるキャリアアドバイザーを味方につけての転職活動でしたら、みなさんの転職が成功する可能性が高くなることでしょう。

それではさっそく「転職エージェントのサービス」と「その利用メリット」について紹介して行きます。

転職エージェントのサービスとは

転職エージェントのサービスとは、シンプルに説明しますと転職エージェント会社のキャリアアドバイザーと一緒に転職活動を行う事です。

転職サイトに登録して希望の会社へ応募する場合は、すべて一人で転職活動をします。しかし転職エージェントを利用して転職活動を行う場合は、転職エージェント会社のキャリアアドバイザーと二人三脚で活動を行うことになります。これは大きな違いですよね。

それでは転職エージェントのサービスを利用する場合、どのように活動が行われるのかをまずは簡単に説明します。

転職活動を始めようとするみなさんが、転職エージェントに登録をします。

その後は専任のキャリアアドバイザーがみなさんの担当につき、そのキャリアアドバイザーとまずは面談を行います。

その面談では、今までのみなさんのキャリアについてや、なぜみなさんが転職をしようとしているのか、今後みなさんがどのような仕事をしたいのか、今働いている会社について、といった事をヒアリングします。

そのヒアリングの結果、数多くある求人の中から、みなさんの希望にあった求人企業を紹介します。そこでみなさんが興味を持った求人企業へ応募をする事から、いざ転職活動がスタートするのです。

転職エージェントとは?年代別で使う転職エージェントは違います!

転職エージェントサービスのメリット

転職エージェントを利用して転職活動を行うメリットとしては、プロのキャリアアドバイザーに「転職活動の進め方」や「くわしい求人企業の情報」などを聞けることです。

みなさんの希望を叶える求人企業の紹介は嬉しい事ですし、みなさん自身で転職サイトなどを検索していても、それが本当にみなさんにあった求人企業なのかどうか分からないかもしれません。

そんな時に経験豊富なプロのキャリアアドバイザーによる第三者の意見は大いに参考になるはずです。

そもそも転職エージェントは多数の求人企業と深い取引があり、たくさんの求職者の方の転職支援を行って来ています。

つまり長年に渡り多数の求人企業との付き合いがあるので、それぞれの求人企業のことを良く理解しています。みなさんが興味を持った求人企業について「たくさんのリアルな求人企業情報」を知っていることが多いのです。

たとえば「リアルな残業時間」や「リアルな会社の雰囲気」など。これらは転職サイトの求人票からは分からない情報ですよね。

また、転職エージェントのサービスの特徴として「面談のアドバイス」や「職経歴書の添削サービス」などを行っています。このようなサービスがある点でも、転職エージェントはおすすめなのです。

非公開求人に出会える可能性

まだまだ転職エージェントを利用するメリットはあります。

まずは「非公開求人」を紹介してもらえるという点です。

転職エージェント経由で人材を募集している会社の中には、「出来れば情報を公開せずに募集を進めたい」という求人企業があります。このような場合では、転職サイトを利用して募集することは出来ません。転職サイトで求人を募集するときには、当然ながらその会社名を明記する必要があります。

そこでこのような場合、求人企業が利用するのが転職エージェントなのです。

転職エージェントのWEBサイトを見たことがありますか?各社のサイトには「非公開求人○○件保有」といった記載があります。

それではなぜ企業が「非公開」で求人募集をするのでしょうか。

これには色々な理由があるのですが、「ライバル会社に求人募集を知られたくない」「リストラをしているので、公に新しく中途社員の募集が出来ない」といった理由があげられます。転職エージェントに登録すれば、転職サイトを利用しているだけでは出会いない求人企業に出会えるかもしれないのです。

転職エージェントのサービスは無料です

「転職エージェントの利用は無料と聞きますが、本当ですか?」
「あとでお金がかかったりしませんか?」

このような疑問を持つ方もいらっしゃいます。考えてみれば当然ですよね。転職活動をするにあたって、いろいろなサポートを転職エージェントが行ってくれるにも関わらず、一切お金がかからないといったら、騙されていると思っても不思議ではありません。

それではなぜ転職エージェントの利用は無料なのか。転職エージェントのビジネスモデルについて簡単に説明します。

転職エージェントは、みなさんの転職活動をサポートすることにより求人会社からお金を頂く仕組みになっているのです。

求人企業が転職サイトに広告掲載するケースがあります。その際に求人企業は転職サイトに広告掲載料を支払います。

一方、求人企業が転職エージェントを利用した場合、採用が決まった時に転職エージェントに一定金額を支払うのです。その金額はほとんどの場合で、みなさんの転職先の企業での年収の30%~35%です。たとえば求職者の方の転職が決まって、その方の新しい会社での年収が500万円だとします。そうすると500万円の30%、約150万円がその求人企業から転職エージェントに支払われる仕組みになっているのです。

このような仕組みによって転職エージェント会社は売上げを計上していますので、求職者であるみなさんからお金を頂くということは無いのです。

みなさんが転職エージェントを利用してかかる費用としては、交通費などの最低限のものだけになります。

転職活動がスムーズに行える

さきほど説明しましたが、転職エージェントのサービスは無料で利用出来ます。転職エージェントは企業からお金を頂けるからです。

しかし言い換えますと、転職エージェントはみなさんが転職を決定しないと、売上が上がらないのです。

じつはここにポイントがあります。

転職エージェントはあくまで株式会社です。ボランティアで仕事をしているわけではありません。そこで転職エージェントは「いかに効率的に転職を決めるか」を重視します。

つまり転職エージェント各社は登録のあった求職者を「出来るだけ内定の出る可能性のある会社」を紹介するのです。

このように書くと少し恣意的なものを感じてしますかもしれませんが、考えようによっては理にかなっているともいえます。つまり受かる見込みの無い会社での活動をする必要が無くなるのです。

転職エージェントのキャリアアドバイザーとの面談で、みなさんの経験と希望を聞いたうえで、ある程度「受かる可能性のある会社」を紹介してもらえるので転職活動にかかる時間なども、ひとりで活動するよりも大幅に短縮されることでしょう。

転職エージェントを徹底解説!登録すべきおすすめの転職エージェントをご紹介転職エージェント おすすめランキング!各社を徹底比較します。

【まとめ】転職に失敗しないためにも!

転職に失敗、転職活動そのものに失敗、このようなケースではやはり転職エージェントの利用をおすすめします。

せっかく決まった転職。いざ入社したらイメージが違っていた。

このような事を防ぐには、やはり事前の企業研究が必要になります。そして重要なのは「リアルな情報」をどれだけ集められるかです。転職エージェントは、これらの情報を多く持っているのが特徴でもありますので、いざ入社したらその転職を後悔しないためにも転職エージェントの利用をおすすめします。

また、転職活動の方法そのものに間違いがある場合、たとえば面接でのアピールの仕方を間違っているですとか、職務経歴書の書き方が間違っているですとか、そもそもの活動自体で間違っていると転職活動がうまくいくはずがありません。

「面接の方法が分からない」「提出書類の書き方が分からない」「そもそも自分に合った会社が分からない」といったように、そもそも入社前の転職活動の方法からして間違っているケースも多く見られます。

このような悩みや不安がある方には「転職エージェント」のご利用をおすすめします。転職支援のプロであるキャリアアドバイザーを味方につけての転職活動でしたら、みなさんの転職が成功する可能性が高くなることでしょう。