第二新卒・20代のための転職ガイド!若手会社員が転職を成功させるには!

リクナビNEXT

第二新卒や20代の若手会社員のみなさんが、

「もう会社イヤです、転職したいのですが!」

と相談してきた時、まずは「もう少し頑張ってみよう!」とアドバイスをしています。

せっかく入社した会社。まだその会社でやれる事をやりきっていない可能性の方が高いですよね。

第二新卒・20代の時期というのは、この先も長く続くビジネスパーソンとしての修行期間かもしれません。

そのような考えから、まずは第一に「今の会社でやれることをやりきったか?」を自問自答してみてください。

はじめて転職する方

転職はおすすめしません!

第二新卒・20代の方々に転職はおすすめしない!

とは言っても、転職をしたいと思う方の事情はそれぞれです。

ケースによっては、そのまま会社に残ってもこの先あまり良い事が無いかもしれません。

皆さんが会社を辞めたくなる理由が「会社の理不尽さ」にあるのならば、いち早く転職を考えた方が良いでしょう。

どうしても辞めるなら、ちゃんと準備をしよう!

転職を決意されたら、次の会社ではぜひうまく行って欲しいものです。

20代で何回も転職を繰り返している人がいます。

転職をする度に、着実にキャリアアップが出来るなら良いのですが、そんなケースはありません!

転職を繰り返すのは色々な面から考えて、ハッキリ言って「マイナス」です

第二新卒・20代での転職を最初で最後にするためにも、「失敗しない転職」のためのノウハウを紹介していきます。

目次

【はじめに】辞める前に必ず確認「2つの事」

(その1)まず己を知る

書類選考や面接で重要なカギを握るのが、「自己PR」です。

しかし、

「どのように自分を面接官にアピールすれば良いか分からない」

「自分にはアピールするスキルががない」

と頭を抱える人が多いのではないでしょうか。

それは、今持っているスキルを客観的に分析・把握できていないために起こってしまいます。

自身の成功エピソードをいくつか厳選し、なぜその仕事が成功したのか、自分の能力が発揮できたのか、簡潔にまとめ振り返ってみると良いでしょう。

もしその整理が出来ないようなら、転職はしないほうが良いかもしれません。

(その2)本当に後悔しないか

第二新卒・20代若手会社員の転職で一番起こりやすいのが「転職した後の後悔」です。

新しい会社に転職する際、どうしても期待を膨らませ、イメージが先攻してしまいがちです。

転職経験者の約8割が

「転職前に聞いていた会社の評判とギャップがあった」

と回答している調査データもあります。

また

「思っていた仕事ではなかった」
「会社のカルチャーに馴染めない」
「前職の方が福利厚生の方が良かった」
「残業時間が思っていたよりも長い」

後悔している方が多くいるのも事実なのです。

アセって転職すると、応募先企業の良いところばかりを見る加点方式で評価をしがちです。

希望する会社の懸念点を意識した減点方式ですと、また違った景色が見えてくるかもしれません。

また、今の会社と比較することも重要です。

本当に転職した方が良いのかを、今一度冷静に考えてみましょう。

【ポイント】第二新卒・20代の転職活動の進め方

転職活動を成功させるためにも、「転職活動の正しい進め方」をしっかりと理解しておくことが必要です。

そして「転職活動の正しい進め方」は、下記の3点が重要なポイントになります。

1.「情報整理」
2.「職務経歴書」「履歴書」の書き方
3.「面接」でのアピールポイント

(1)転職活動のすべては、情報収集から

転職活動のすべては、情報収集から始まりす。

例えばみなさんがある会社に興味を持ったとします。

その会社なら「なんとなく自分の希望に合いそうだ。」といった漠然とした考えを持つかもしれません。

その会社では「給料が良い」「職場が楽しそう」「自分のやりたい仕事のはず」「社長にリーダーシップがある」など、転職すれば今よりも希望が満たされると考えるのでしょう。

しかし、ちょっと待ってください。

その情報はどこから入手したものでしょう。

本当に正しい情報なのでしょうか。たとえば転職サイトの求人情報欄には都合の悪い情報などは掲載していないはずです。

そこで重要なのが、いろいろな情報源から幅広く情報収集することをおススメします。

「多くの情報」を得るためには、「転職サイト」への登録はもちろんのこと、「転職エージェント」または「転職フェア」なども積極的に利用すべきでしょう。

また、友人・知人などから情報を収集するのも良いでしょうし、「口コミサイト」などを最大限利用することもおススメします。

そうして収集した情報からトータルでその会社の評価を自分自身で行うことが重要なのです。

転職活動の成功させるポイントとは、情報収集がとても重要なのです。

(2)職務経歴書・履歴書の書き方のポイントを理解しよう

興味のある求人企業があっても、面接前の書類が通過しないと何も始まりません。

書類通過させるためには、採用担当者が「会いたくなるような履歴書・職務経歴書」の作成を心掛けましょう。

それでは採用担当が「会いたくなる履歴書・職務経歴書」というのは、どのような書類なのでしょう?

それは、採用担当者が「会いたくない履歴書・職務経歴書」を作らなければ良いのです。

「会いたくない履歴書・職務経歴書」の代表例としては、誤字脱字などがあげられますし、文量が多すぎる・少なすぎるといった事も挙げられます。

そしてなんと言っても、「採用担当者が知りたい事」が明記されていなければなりません。

それは第二新卒と言えど、ズバリ「経験」と「希望」です。

これらのルールを守って書類を作成すれば、書類合格の確率は上がるはず。

書類合格は転職活動の第一関門です。

基本ルールをしっかりと学んで、第一関門を突破しましょう!

(3)面接でのアピールポイントはココ!

面接は多くの人が緊張するもの。

しかし緊張はそれほどマイナスのポイントにはなりませんので、そんなに悩むことはありません。

むしろ面接では、以下の3点のみに注力してみてください。

この3点さえしっかりと伝える事が出来れば面接の合格率は一気にアップする事でしょう。

1.志望動機を明確にする

2.会社の概要を理解する

3.退職理由を明確に

【Q&A】経験が浅い!それでも本当に転職できるの?

Q1)採用担当者は第二新卒・20代の転職をどう思う?

「モチベーションが高い」
「ポテンシャル・将来性」
「バイタリティ」
「考え方が柔軟である」

求人企業へのアンケート結果を見てみると、否定的な意見は少なく、むしろ良いイメージが多いようです。

社会人経験が浅いので当然スキルや経験が少ない、しかしそれらを補填する熱意や意欲が高く評価されているのが分かります。

つまり第二新卒・20代若手会社員の方々は、面接の時にこれらの事をアピールしていけば良いのです。

Q2)転職活動期間はどのくらい?

第二新卒・20代若手会社員のみなさん、ほとんどの方がはじめての転職活動になることでしょう。

転職活動にかける期間もよくわからないかもしれませんが 目安として「約3ヶ月~半年」と想定しておきましょう。

半年以上の期間で考えてしまうと、活動そのものが間延びしてしまいます。

期間をしっかりと決めて行動すべきです。

Q3)自己分析と企業研究のポイントは?

面接を通じて、20代の人に多く見受けられたのが、志望動機が固まっていないことです。

共通している点は、「自己分析」「企業研究」が出来ていないことです。

何ができるのか、何をしたいのか、なぜその企業なのか、軸が定まっていないために、はっきりと答えることが出来ませんし、話のつじつまが合わず矛盾を感じることさえあります。

自己分析とは、自分はどのような人物で、何ができるのかを確かめるための手段です。

自己分析をする事で、企業が求める人材像とギャップがないかどうかを確かめることが出来ます。

次に、なぜ「企業研究」が重要なのでしょうか。

企業研究とは、その企業で何がしたいかを確かめるための手段です。

企業の実態を知るだけではなく、どんな成し遂げたくて、この企業を選ぶのか事を探るために行います。

つまり、「自己分析」「企業研究」をそれぞれ、置き換えると次のように言えます。

・自己分析=何ができるか=自己PR

・企業研究=何をしたいか=志望動機

Q4)採用担当者が面接でチェックしているポイント6選

1) 基本マナーを見られてます

まずは、採用担当者の質問の前に、基本マナーを注意しましょう。

第二新卒を採用する理由の一つに、教育コストが新卒採用時よりも低いことです。

裏を返すと「挨拶が出来ない」「ビジネスマナーがなっていない」「言葉づかいが悪い」という印象を持たれてしまっては、企業からすると新卒を一から採用した方が良いという事になってしまいます。

2) 自分の経歴をしっかりと説明出来ますか!?

2次・3次面接となると、面接官は現場のマネージャーが担当する場合が多く、仕事に追われているがゆえに職務経歴書をすみずみまで読んでいません。

ざっと読むだけか、いくつかキーワードを拾い読みの場合が多いです。

自分のやってきた仕事だから、考えなくても話せると思っている人が多いようですが、実は一番軽視されがちな項目です。

面接官の状況を考えると、順序立ててしっかりと自分をアピールしない限り、相手に自分の「やってきたこと」は伝わらないでしょう。

3) 前向きに仕事が出来るか!?

誰かの指示を待つ人材ではなく、自分で判断し、動くことが出来る人材が必要で、そのために企業は、自ら新しいやり方や創意工夫を生み出し、自走する人材を求めます。 

人事担当者からすれば、第二新卒を「次のステージを共に創っていく担い手」として採用するわけですから、受動的な態度・行動であったり、他人に依存したりする傾向にある人は評価を大きく落とすことになるでしょう。

4) 転職しても活躍出来るか!?

面接では、絶対と言って良いほど「自身の成功体験」について聞かれます。

実は、成功のいきさつや結果(例えば、売上が10倍になった、社内でNO,1の実績をつくった)はあまり重要視しておらず、「目標をどこに設定し」「その目標に対してどうアクションし」「その結果から何を学んだのか」を人事担当者は見ています。

あなたが次の企業へ転職しても、そのパフォーマンスが発揮できるか、実績が残せるか、つまり、「再現性」が伝えられているかどうかが重要なのです。

5) 将来どのように働いていたいですか!?

「将来、こうありたい」という明確なビジョンを語れると良いでしょう。

第二新卒はキャリアが短いがゆえに、今出来ない事、自分に足りないスキルをどう補って企業へ還元できるかを伝えたほうが評価として高いです。

6) 転職しても会社に溶け込めるか!?

即戦力が求められているとはいっても、組織の中で働くわけですから、適応能力や柔軟性を見られます。

チームで活動することが多い人の場合は、「チーム内で、自分はどういった役割だったのか」を明確にすると良いでしょう。

具体的なエピソードを交えて話すことで、一緒に働くイメージを醸成することが出来ます。

【How to】知っていて損なし!転職ノウハウ

就職活動と転職活動の違いについて

まずは「就職活動」と「転職活動」はまったくの別物ということを理解しましょう。

大学生のほとんどが就職活動を行います。

一方、社会人すべてが転職活動を行うわけではありません。

まず、この部分が最大の違いになります。

そして、転職活動は回数が多くなればなるほど、今後のキャリアにマイナスになることが多いという事実です。

転職をするたびに着実にステップアップが出来れば良いのですが、そんな人は正直あまり見かけません。

「転職活動」はなるべく少なく、とくに「20代では1回までの転職」が基本と考えると良いでしょう。

また就職活動は「ポテンシャル」を、転職活動では「キャリア」を見られますが、第二新卒・20代若手会社員は「ポテンシャル」と少しの「キャリア」を見られる事でしょう。

人は見た目が9割は本当か?第一印象の重要性

人事担当者が第二新卒の中途面接を実施するという事は、経験が浅い第二新卒ゆえに似たような経験とスキルを持った人と同時期かつ集中的に面接を実施している事を意味します。

つまり、一人ひとりが与える「第一印象」の影響はとても大きいものとなります。

清潔感がある服装と髪型は絶対条件で、外見での減点は言語道断です。

面接時の言動や態度も重要な評価ポイントとなります。

社会人としての基礎力を見ているといってよいでしょう。挨拶、腰のかけ方、身振り、言葉遣いなど、面接終了までしっかりと意識しましょう。

本気で「長く働き続たいと思える会社」を選ぼう!

どんな理由があっても第二新卒というくくりの中は、新卒で入社して3年以内に辞めたというハンデが付きまといます。

そのため、人事担当者の中には

「すぐにやめてしまうのでは?転職を何度も繰り返す人では?」

と否定的に見てくる方もいます。

裏を返すと、しっかりと根拠があって「長く働く意思をアピール」する事が出来れば、肯定的に受け取ってくれるでしょう。

では、「長く働き続けられる企業」とは一体なんでしょうか。

これを入社してもいない企業で考えるのは決して簡単ではありません。

しかし、これが出来ない人は転職を繰り返してしまい、市場から評価されにくい人間になってしまいます。

そこで、気になる企業が見つかったら、以下の3つのポイントを自分自身に問いかけてみてください。

Q1)本当に納得していますか。

まずは、転職しなければならない理由を明確にしてください。

仮にその不満が解消されなかったとしたら、また同じことの繰り返しになるでしょう。

例えば、ルーティン作業ばかりこなし、スキルアップが望めない環境に不満を感じているのであれば、裁量権をある程度渡される仕事環境や自分主体でスピード感もって働ける環境があるかを確認する必要があります。

Q2)みなさんのやる気につながっていますか。

この質問の意図は、長く働くためのモチベーションを保つ「仕掛け」がその企業にあるかどうかです。

例えば、「高い目標値を課せられるが、その分インセンティブが高い」「残業が比較的多く普段は忙しいが、若手層にチャンスを与える土壌が整っている」など、多少の困難があってもそれを乗り越えられる要素がなければ、たちまちその企業が嫌に感じてしまうでしょう。

Q3)そこで三年後の自分がイメージできますか。

繰り返しになりますが、その企業へ長く勤めるイメージが持てなければ、転職したとしても後悔することになるでしょう。

転職したことで、そのキャリアが自分にとってプラスになるのか、自分自身に問いかけてみてください。

求人票を疑ったほうがいいワケ

そもそも、転職サイトに掲載されている求人票は、誰が書いていると思いますか。

ほとんどの人は、人事担当者が記入しているものだと思っているのではないでしょうか。

しかし実態は、求人票のほとんどは、企業の人事担当者ではなく、人事担当者からヒアリングした情報をベースにして、転職サイトを運営する企業の営業担当者が作成しています。

視点を変えて見ましょう。

企業への応募がない限りは採用が始まりません。

より応募を獲得するために、営業担当者はまず何を考えるかというと、「ヒアリングした内容を文章化し、求人票を通して、いかに企業を魅力的に見せるか」です。

それが営業の介在価値(メリット)でもあるのですが、逆にデメリットにもなりえます。

求人票を書く人によって、求人票の中身(企業の魅力の伝え方)が変わってしまうので、採用の意図と求人票の内容がズレていることがあるのです。

【転職成功事例】転職に成功した人の共通点とは!

第二新卒・20代会社員の方に、インタビューをすると、キャリアアップ転職に満足した方にはある共通点があることが分かりました。

それは、自分の目指すべき姿が明確だということです。

なぜ、そういった事が言えるのかを理解いただくために、3つの質問を設けました。

あなたは、いくつ答えられますか。

転職で実現したいこと、明確になっていますか?

第二新卒・20代会社員のキャリアアップと聞くと、年収アップや残業が少ないといった事を連想しがちですが、実際はそう甘くはありません。

また、企業側も第二新卒を『今後の戦力』として採用するので、初めから「高待遇」を用意しているわけではありません。

年収アップは、あくまで仕事に対しての対価・結果ですので、主たる転職理由・志望動機としては納得性に欠けます。

表には出さず副次的な要素の1つとして、留めておくべきでしょう。

キャリアアップを実現させることで、もちろん、残業手当の有無や、昇給制度、支給される手当によって全体で見ると年収に大きな差が出るのは事実です。

そういった事を考えると、入念に会社の情報収集する必要性を感じて頂けると思います。

どのように成長していきたいか明確ですか?

採用側の意図として、キャリアの方向性についての質問は、中長期的にどのように会社へ貢献していく考えを持っているかを問う主旨の質問です。

面接の場でこう問われた場合、会社の将来的なビジョンとあなたのキャリアの方向性が合致している回答がとても理想的です。

どのようになりたいのか、そのためにはどのような知識や経験を積んでいけばいいのか、自分自身でキャリアップの定義を定め、具体的にイメージできるように語れるとベストです。

自分のスキルがどう活かせるか認識していますか?

新卒で入社した時と比較して、自分が思っているよりも多くのスキルを身につけているはずです。

成功体験は良い経験なので記憶に留まりやすいですが、失敗して乗り越えたことはありませんか。

それは、あなたの強みとなります。

そのため、仕事の厳しい状況の下、「どんな工夫をしたか」「どんな手だてでそれを乗り越えたのか」などを具体的に語れると良いでしょう。

社会人経験が浅いのに、なぜこのような質問をするのだろうと思う方もいると思います。

この質問の意図は、「何が出来るか、しっかりと自分自身で理解しているか」を把握するため、つまり自己分析をしっかりと出来ているか見ているケースが多いです。

20代前半で自分のスキルを明確に答えられる人は、社会人経験が浅いため、そう多くないと思います。

とはいえ、実際の面接では限られた時間内で自分の強みや長所をアピールしなければなりませんので、自己分析は重要な作業だということはお分かり頂けるでしょう。

自分のスキルと照らし合わせて、なぜその会社を選んだのか、なぜそこで働きたいと思うのか、説得力のある理由が求められるでしょう。

【転職失敗事例】イメージ先行の転職失敗例

20代キャリアアップ転職失敗の多くは、企業に関する情報不足や、価値観の変化、タイミングの問題が原因で起こります。

特に情報不足はよくありがちで、新卒の就職活動でもよく聞く事ですが、よく見かけるサービス名、商品名、CMなどに翻弄され、企業のイメージを勝手に美化させ、転職先を決めて失敗してしまうパターンです。

面接や職務経歴書の書き方に自信の無い方

求人企業からすると、短期間で辞めてしまった人材の採用は、結果的に「マイナス」でしかありませんが、これは求職者にとっても同じことです。

転職回数が増えると、それだけ次の転職のハードルが高くなって行きます。

こんなにある、転職失敗事例。「先人の失敗に学ぼう!転ばぬ先の杖」こんなにある、転職失敗事例。「先人の失敗に学ぼう!転ばぬ先の杖」

【採用担当者の声】第二新卒・20代に対する期待と不安とは

期待しているポイントとは

異業種に転職を考えている方

企業が第二新卒を採用する理由

企業が第二新卒の社員を採用するということは、ひとつには新卒採用が思うようにうまくいかなかったケースが考えられます。

会社組織はある程度社員の年齢が分散されていることが望ましいとも考えられており、新卒採用がうまくいかなかった時に、第二新卒採用でカバーするということが見受けられます。

企業にとって第二新卒とは、前職の会社の働き方が固定化されていないので、あらためて教育もしやすいというメリットもあるようです。

また一定の就業経験を積んでいるので、基本的なビジネスマナーなどは既に知っているのでビジネスマナー研修のようなものを省くことが出来るメリットもあるようです。

ますます高まる第二新卒へのニーズ

第二新卒に対するニーズは、そもそも就職氷河期の影響により始まりました。

新卒採用を抑制していた企業は、その後の組織構造がうまくいかなくなったのです。

たとえば、25歳~29歳の社員がまったくいないので、30代以上と新入社員のコミュニケーションがうまく行かない、といったような事例もあります。

現在は好景気による人材確保に動いている企業がほとんどであり、今後の戦力として期待して第二新卒を採用しています。

第二新卒が企業からニーズの強い理由として多く言われているのが、

1)若手ゆえに前職の色に染まらず、自社の教育をしやすい

2)前職にて基本的なビジネスマナーを獲得しているので、新たな研修などの費用負担が不必要

などあげられます。

そして求職者自身のやりたい仕事に対する考えが学生時代よりも明確になっている点が大きな違いです。

学生時代は憧れなどで会社選びをするケースもありますが、一定の社会人経験をすることによりやりたいことが確立されているのです。

不安に思えるポイントとは

年齢が高い、または転職回数などが多い方

前職の仕事が嫌で辞めたのでは?

20代、とくに第二新卒に対して人事担当者が一番危惧するのが、すぐに辞めてしまう人材ではないかという事です。

キャリアチェンジと聞くと聞こえは良いですが、企業への在籍期間が短い人ほど、前職と同じようにいずれは転職するのではないかと、人事は読み取ります。

そのため、志望動機や転職理由・退職理由を重点的にチェックされ、根拠がないとすぐにバレてしまいます。

新しい仕事・職種について、ちゃんと理解しているのか?

今考えている職種・仕事は、「年収アップ」「やりがい」など良いイメージだけが先行していませんか。

実際に働いてみないと分からないことかもしれませんが、今後どういった作業が発生するのか、関係部署とはどんな仕事をするのか、またどんな取引先と付き合うことになるのか、様々な角度でその仕事・職種について考えておくべきでしょう。

なぜ、この仕事に就きたいと思ったのか?

今までの仕事に不満があり、キャリアチェンジをするという印象を持たれないよう、細心の注意が必要です。

どんな体験から影響を受け、20代という若さでキャリアチェンジしようと決意したのか、今後どのような将来像を描いているのかを明確に語れるようにしましょう。

転職エージェントを徹底解説!登録すべきおすすめの転職エージェントをご紹介転職エージェント おすすめランキング!各社を徹底比較します。

【まとめ】第二新卒・20代のための転職ガイド!

いかがでしたでしょうか。

第二新卒・20代のための転職活動ガイド。

第二新卒・20代若手会社員の方が、はじめて入った会社がどうしてもなじめない、といった事に大変残念な思いがあり、今回の徹底ガイドを作成しました。

就職するまで、みなさん学生であったわけで、どの会社が自分に合っているかなどを見極めるのも本当に難しい話しです。就職した会社で、仕事を楽しんでいられる方は本当に幸せだと思います。

本文でも書きましたが、キャリアアップの転職なら良いのですが、会社がイヤで転職を重ねてしまうのはみなさんの長い社会人生活にあまり良いことではありません。

どうしても転職をしたくなったら、転職をすれば良いと思います。

ただし、次の会社ではぜひ満足行く仕事をしてもらえたらと思います。

みなさんの転職が成功することを祈っています。

【最新】第二新卒・20代の口コミ一覧

口コミを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを投稿する

第二新卒・20代
平均:  
 5 レビュー
by 31歳 法人営業 on 第二新卒・20代

「安定」「年収アップ」といったキーワードにこだわりすぎて、転職先の選択を誤りました。いま、なぜこの会社で働いているのか分からなくなっています。

by 26歳 個人営業 on 第二新卒・20代

早く転職先を決めたくて、給与ダウンを提示されたのですが、憧れの企業だったため転職。提示された給与額を鵜呑みにした結果、前職の仕事より不満を感じるようになりました。

by 28歳 法人営業 on 第二新卒・20代

憧れの仕事を見つけ、いざ求人応募。未経験で転職したら、自分が想像していた仕事と違いました。

by 27歳 法人営業 on 第二新卒・20代

待遇改善を求め転職を決意。前職の方が、社風、居心地もよく、仕事にやりがいを感じながら働けていたような気がします。

by 25歳 営業 on 第二新卒・20代

年収に不満があり、キャリアアップを目指し、実力主義のベンチャーへ転職。「成長=ベンチャー」だと思い込み、大手生保会社から転職したが想定していたチャンスが提供されず、ルーティンワーク中心の仕事になっています。