もう会社辞めたい!1日3回思ったら会社の辞め時?一人で悩む前にまず相談

もう会社辞めたい!そんな時でも失敗しない転職活動の仕方とは!

【はじめに】もう無理!会社辞めたい!

もう無理!会社辞めたい! 日曜日の夜や朝の通勤途中などに「今日、会社行きたくない」と思ったことがある方も多いと思います。その度合いもかなり「何となくそんな気分」な方から、かなり「深刻に悩んでいる」ような方までさまざま。

「なんか体がだるい」 「天気も良いし、どっかに遊びに行きたい」 といったような一時的な理由と思われるもの、一方 「今日も上司にプレッシャーをかけられると思うと気が重い」 「なんとなく、今の仕事向いていないかも」 と気分が落ち込むような事もあります。

しかし、これらのような「会社に行きたくない理由」ならまだまだ改善の可能性があるのでしょうが、 「電車に乗ると気分が悪くなる」 「会社からまったく期待されていないので、仕事に身が入らない」 「人間関係で押しつぶされる寸前」 といった理由ですと「赤信号」です。

これは「会社に行きたくない理由」では無く、すでに「会社を辞めたい理由」になっているからです。

会社を辞めたいと思った人の割合とその理由とは?

それでは転職サイトやマーケティングデータをもとに、「会社を辞めたくなる理由」について回答の多いものを紹介します。

その前にそもそも「会社を辞めたい」と考えた事がある方はどのくらいいるのでしょうか?

当然ですが、「なんとなく思った事がある」といったとても軽い気持ちの方もいれば、「やる気がまったく無くなった」といった深刻な方もいらっしゃいます。それらの方の全てが「会社を辞めたい」と考えた事がある人に含まれるのですが、いったいどのくらいの人が「辞めたい」とおもったのでしょうか。

(株)キャリアデザインセンターが運営する「@type」のアンケート結果を参照してみましょう。

「社会人になってから会社を辞めたいと思ったことはありますか?」との質問に対しての結果が 「はい:98.2%」「いいえ:1.8%」というオドロキの結果となりました。

社会人になってから会社を辞めたいと思ったことはありますか?

ちなみにアンケート回答者の方々は「20代~60代の男女171名」だそうです。しかしこれほどの高い割合というのは本当にオドロキですよね。

人間関係が原因

会社を辞めたい理由(人間関係)


会社を辞めたい理由の回答でつねに上位にランクされるのが「職場の人間関係」です。

職場の近くいる、たとえば同じ課やチームの中で人間関係が良く無いと、これはさすがに辞めたくなることでしょう。たとえばみなさん自身の人間関係は良好でも、すぐ近くの人同士の仲がとても悪いと当然ですが嫌な気分になりますもんね。

しかしこのような状況は本当に多いのです。

たとえば上司との関係が良く無い場合などでは、評価が悪くなったりする事につながることもあります。また同僚同士での人間関係の悪化は、いつしかイジメなどにも発展しかねません。

会社員としての日々の生活、同僚・上司、または部下と一緒にいる時間がとても長いですよね。それゆえに人間関係に不満が出やすいのかもしれませんし、悪化すると本当にツライことですよね。

また最近の傾向では、各企業でコンプライアンスを重視しているせいか、部下から身に覚えの無い訴えやうわさ話を流されて、その結果会社に居づらくなって辞めていく上司の立場の方が増えているようです。

人間関係は出来るだけ良好で、仕事に集中した方が健全ですよね。

待遇が原因

会社を辞めたい理由(待遇)


「お金」に対する不満、「人間関係」に続いてこちらも常に上位にランクインしています。

みなさん生活していくために働いているのでしょうから、当然のことながら「お金」については気になるところですよね。たまに新聞や雑誌などで、「30歳モデル賃金ランキング」などが発表されていますが、あのような情報を見てさらに気持ちが萎えることもあるようです。

30歳モデル賃金ランキング

みなさんの実際の声としては「労働時間と給与がつりあっていない」「サービス残業が多すぎる」といったものが挙がっております。

このような理由が「お金に対する不満」につながっているのしょうが、同時に「労働時間」についても辞めたくなる理由のランキング上位に入っています。「お金」と「労働時間」、つまり「待遇」について不満が多い傾向にあるようです。

しかし、この程度の考えなら「辞める」といった事にはつながりづらいのですが、これが将来不安、つまり

「このまま給料が上がらないのでは?」「今の給与だと結婚出来ない」「残業が多すぎて、プライベートな時間がまったく無い」

といった理由が大きくなると退職につながっていまうようです。「待遇」について疑問を感じ始めると、仕事のモチベーションもどんどん下がり、やる気が出なくなってずっと悪循環にはまってしまいますよね。

「お金」や「労働時間」、これらの「待遇」については、本人の頑張りだけでは改善がしづらい会社の問題ですので退職につながっていくケースが多いようです。

社風が原因

会社を辞めたい理由(社風)

「社風」。これは本当に会社によって違ってきます。転職したことのある方ならお分かりだと思いますが、転職して社風がまったく変わったという経験もあるのではないでしょうか。

いかがでしょう。みなさんの会社内でも、例えば異動をして上司やまわりのメンバーが変わったりすると、雰囲気がガラリと変わることはありませんか。

あるアンケート結果で、「自分の会社が嫌いですか?」と質問したところ、

じつに「約4割」の方が「嫌い」

と答えたそうです。オドロキの数字ですよね。そして、その理由として多くの方があげていたのが「社風」でした。やはり社風は重要ですよね。

さて会社を辞めたくなる理由にあげられる「社風」ですが、以下のような「社風」がイヤで辞めたくなるようです。

「とにかく、すべてがトップダウン。意見を聞いてくれない」 「新入社員が入ってこないので、いつまでたっても一番年下」 「役員ばかりが良い思いをしている」 「社長や取締役が親会社からの出向で、将来の夢が無い」 「土日の休みまで、社員同士での交流・イベントが多い」 「上司に気に入られないと出世が出来ない」 「やたらと飲み会が多い」 「会社が安定しているせいか、だれも新しいことをしない」

その他の理由

会社を辞めたい理由(その他の理由)


会社を辞めたい主な理由として挙げられるのは、すでに紹介した「人間関係」「待遇」「社風」といったところなのですが、当然これら以外の理由もあります。

「会社を辞めたい理由」とあわせて「会社を辞めなければならない理由」について、アンケートで多く見受けるケースを以下に記します。

「キャリアアップ」「他の仕事・会社に興味が出た」「経営方針があいまい」「Uターン」「体調不良」「家族の転勤のため」「結婚のため」「出産・育児のため」

これらのような理由が「会社を辞めたい理由」「会社を辞めなければならない理由」があげられているようですね。

会社辞める前に相談を!

会社を辞めたいと思った時には、出来るだけ早い段階で「誰かに」相談するのも良いでしょう。

出来るだけ早い段階でというのは、相談するタイミングが遅くなればなるほど、もうすでに「退職の意思」がほぼ固まってしまうからです。だれかに相談した時には、退職の意思が覆らないということが多くなるからです。

会社を辞めるべきかどうかを、一人で判断するのももちろん良いのですが、会社を辞めるというのは一大事です。重要な判断ですので、慎重に考えてみてください。

さて、それでは会社を辞める前に相談ということですが、誰に相談をすれば良いかを迷うところですよね。「上司」「同僚」「友人」「家族」、いろいろな方が想定できますが、それぞれのポイントを述べて行きましょう。

会社の上司に相談

会社辞める前に相談(会社の上司に相談)


 仕事を続けるかどうか悩んでいる時、相談相手として「会社の上司」も考えれます。

みなさんの仕事に対する姿勢を一番近くで見てきた人です。その会社でのキャリアも当然長いわけですから、みなさんが抱える悩みについての的確なアドバイスも期待できるかもしれません。

しかし、上司に相談する場合、ほとんどの方が退職一歩手前のケースが多いようですね。そうしたケースで、もし退職を翻意した時に後々少し懸念事項が残るかもしれません。その上司のモノの考え方・人柄・性格にもよるのでしょうが、上司との関係性が悪化する場合なども考えられます。

上司との関係性が良好で、みなさん自身がその上司を信頼している場合などには、相談しみるのも良いでしょう。

会社の同僚に相談

会社辞める前に相談(会社の同僚に相談)


 会社の同僚は、みなさんとほぼ同じ環境で仕事をしている仲間でもあります。仕事の内容や会社の雰囲気・人間関係、または待遇などについても同じです。

つまり相談みなさんと同じ目線で同期というのは仲間意識が強く、仕事を経験している時間もほぼ同じ。ひょっとしたらみなさんと同じ悩みを持っているかもしれませんし、まったく違う視点で仕事をしているかもしれませんので、やはり貴重なアドバイスをしてくれるかもしれません。

なかには、みなさんと同じ悩みを持っていたけど、なんとか頑張って悩みを乗り越えた経験を持っていることもあるかもしれません。とくにその相談相手が同期であれば、もっとみなさんの事を理解してくれていることでしょう。

しかし、同僚への相談となると「仲の良い人」に相談することになると思います。その仲の良い同僚が、「仕事に前向き」か「あまりやる気が無い」かによってアドバイスが大きく変わって来てしまう事に注意しなければなりません。同僚への相談をする場合には、そのような点を意識しながら、冷静に相談することをおススメします。

家族に相談

会社辞める前に相談(家族・身内に相談)


家族への相談。みなさんの事を一番良く理解しているはずですので、ぜひ相談をしてみることをおススメします。

みなさんの今の状況から、例えば会社が辛くて仕方無いときなど、みなさんの心境の変化を鋭く見抜き、みなさんのためになるアドバイスをしてくれることでしょう。

家族はたとえみなさんの仕事内容や職場環境を深く理解していなかったとしても、みなさんよりも豊富な人生経験から今後どうするべきかを語ってくれる事でしょう。また家族ならば、言いづらい事などにも気を遣うことなく声にだしてくれるはず。

一方、家族だからこそ注意しておきたい点を申しますと、それは「情が入りやすい」ことです。みなさんがツライ表情をしていれば、当然そのような顔は見たくありませんので、今の会社での現状を改善するよりも、退職を促す傾向にあるかもしれません。

友人に相談

会社辞める前に相談(友人に相談)


 社会人経験が浅い方は、とくに学生時代の友人に相談するケースが多いようです。学生時代の友人だからこそ、何の遠慮も無く相談できるのでしょう。みなさんの今の仕事とは無関係な人でしょうから、みなさんが相談しやすいのも分かります。

さらに社会人経験が浅い方は、他の会社が良く見えてしまう傾向があるようです。「他人の芝生は青く見える」という事でしょうか。みなさんの会社と友人の会社を比較する、といった事は悪いことではありません。しかし、先に述べたように友人の会社を実態以上に良く思ってしまう傾向にあるので、その点についてはご注意ください。

また社会人経験の浅い方の場合、相談している友人も同じく経験が浅いといった点もしっかりと冷静に理解した上で、相談するようにしましょう。

転職支援のプロに相談

会社辞める前に相談(転職支援のプロに相談) 

「上司」「同僚」「友人」「家族」などに相談することはとても良いことだと思います。さらにそこに「プロへの相談」を加えてみるのはいかがでしょうか。つまり転職エージェントのキャリアアドバイザーへ相談するのです

転職エージェントを利用して転職活動を行うメリットである、プロのキャリアアドバイザーへの相談。みなさんの今の環境を経験豊富なキャリアアドバイザーが冷静に判断してアドバイスをしてくれることでしょう。

ひょっとしたら、今のままもう少し頑張ってみる事をおススメするかもしれません。意外にもキャリアアドバイザーの視点からは、みなさんの会社は雰囲気はそんなには悪くないと考えるかもしれません。

経験豊富なプロのキャリアアドバイザーによる第3者の意見は大いに参考になるはずです。

会社辞める前に相談(転職支援のプロに相談)転職について相談したい。あなたが転職を相談すべき理想の相手とは!

年代別、会社を辞めたくなる主な理由とは

入社1年目の社員の場合

入社1年目。

学生から社会人になると環境がガラリと変わります。たとえば「今まで10時くらいまで寝ていたのに、朝の7時に起きて出社しなければならない」ですとか、「今まで同年代との付き合いばかりだったのに、年上の人と話しをしなければならくなった」といったように一気に生活が変わってきます。

入社前とのギャップや慣れない社会人生活が原因で「辞めたい」と考えている人はたくさんいるようです。  それでは入社1年目の社員がどのような理由で辞めたくなるかと言いますと、「仕事がきつい」「仕事がつまらない」「社風が合わない」といったような理由が多いようです。

入社2年目の社員の場合

さて続いて入社2年目の方で多い退職理由です。1年目と2年目では理由が変わってきます。

「とりあえず忙しい」「有給休暇が取得しづらい」「サービス残業が多い」などの理由が圧倒的に多くなり、1年目の「仕事がきつい」「仕事がつまらない」「社風が合わない」といった理由よりも、よりリアルな大変さが目立ってくるように思います。

入社3年目の社員の場合

入社も3年目となると、会社の雰囲気や仕事にも慣れてきているタイミングと思えます。退職したい理由としてはこれも1・2年目と変わってきて「今の会社の状況では、長く続けられない」「同期との差がつき始めた」「もっとキャリアアップしたい」となります。

さらに3年目というのはぎりぎり「第2新卒」の求人募集に応募が出来る年齢でもあります。未経験でもチャレンジ出来る最後のチャンスと考える人も多いようです。求人を募集している会社側の意見としても「基本的なビジネススキルを持っている」ことが魅力にうつるようです。

20代・第2新卒のための転職活動の進め方

入社までに必要な期間や転職活動をするにあたって何をすべきかを解説して行きます。

自己分析・業界企業研究・応募書類の作成など転職活動は、時間と労力が必要です。転職活動のスケジュールをしっかり立てて、余裕のある計画でのぞみたいものですね。

目標を定めてスケジュールを立てよう

目標を定めてスケジュールを立てよう

第二新卒や20代のみなさんが転職転職活動にかかる期間は 「約3ヶ月」と想定しておきましょう。

この3か月の期間とは、転職活動をすでに決意して情報収集から始まり、内定を決めるまでの期間です。この期間を半年や1年のスパンで見てしまうと、転職市場が変化し採用状況が変わったり、応募先の求人がクローズしてしまうこともありますし、そして何と言ってもあまり転職活動を長引かせるのも得策ではありません。

約3ヶ月から半年後に次の企業で働き始めたい日を定め、その日から逆算して各ステップのスタート日を決めてみましょう。

第二新卒・20代の方々が転職活動で失敗しないために、まず実施すべきことは「この日までに何をするのか」しっかりとスケジュールを立てることです(カレンダーに予定を書き込んでしまうのが良いでしょう)。

自己分析、企業探しから面接対策など初めての事ばかりですので、余裕を持って計画を立てる事が重要です。

また、退職が決まると企業から引き止めにあって退職手続きに時間がかかったり、業務引継ぎ先がなかなか決まらなかったりと、想像以上に時間を要します。退職日は、業務の引継ぎ期間を考慮し繁忙期を避けるなど、現職の企業へ迷惑をかけない姿勢でスケジュール管理する事が重要です。

自己分析と企業研究に一貫性を

自己分析と企業研究に一貫性を

面接を通じて、第二新卒や20代の人に多く見受けられるのが「志望動機が固まっていない」ことです。

共通している点は、「自己分析」「企業研究」が出来ていないこと。

「何ができるのか」「何をしたいのか」「なぜその企業なのか」といった志望動機の軸が定まっていないために、面接官の質問にたいする答えが曖昧なのです。話のつじつまが合わず矛盾を感じることさえあります。

なぜ「自己分析」「企業研究」が重要なのでしょうか。

自己分析とは、自分はどのような人物で、何ができるのかを確かめるための手段です。自己分析をする事で、企業が求める人材像とギャップがないかどうかを確かめることが出来ます。

また、なぜ「企業研究」が重要なのでしょうか。

企業研究とは、その企業で何がしたいかを確かめるための手段です。企業の実態を知るだけではなく、どんな成し遂げたくて、この企業を選ぶのか事を探るために行います。

つまり、「自己分析」「企業研究」をそれぞれ、置き換えると次のように言えます。

・自己分析=自分に何ができるか。すなわち、自己PR

・企業研究=自分が何をしたいか。すなわち、志望動機

 

求人企業側は相手に対して、求めるスキルの持ち主かを求めるのです。両者の考えが一致した時に内定が出るのです。つまり、みなさんがその企業で働くことで、どのようなメリットがもたらされるかを説明すれば良いのです。

企業研究といっても、会社概要・主力商品、社長の名前・営業拠点など表面的な情報を集めるのではなく、「なぜ、このような人材を求めているのか」を掘り下げてみると、自己PRの方法も変わってくるでしょう。

面接で聞かれる質問とは

面接で聞かれる質問とは

第二新卒や20代の方々が面接を通過するために重要なポイント、それは「志望動機」と「退職理由」です。

あくまで一例ですが、企業はあなたの将来性を見極める上で、次のような質問を投げかけるはずです。

「まだ3年しか勤めていないのに、そもそもなんで転職するのですか?」

「いつ頃から転職すると考え始めたのですか?」

「今お働きの会社を辞める一番の理由は何ですか?」

「どんな環境で仕事をしたいですか?逆にあまり働きたくない環境とは?」

「これまでのキャリアを、今後どのように役立てたいと思いますか?」

「たとえば5年後、どんな風に活躍していたいですか?」

面接時には思いもよらない質問を受け戸惑ってしまう事もあるでしょう。

「なぜその企業で働きたいのか」、つまりその企業への本気度をいかに伝えられるか、しっかりと反復練習をしておきましょう。

以下は、「第二新卒・20代のための転職活動ガイド」になります。第二新卒・20代の方で、さらにくわしく転職活動の進め方について知りたい方はぜひ参考にして見てください。

リクナビNEXT第二新卒・20代のための転職ガイド!若手会社員が転職を成功させるには!

どうしても会社を辞めたい。そんな時は転職エージェントに相談しよう!

転職エージェントをおすすめします 「どうしても転職をしたくなったけど、何から手をつけてよいのか分からない。」

「今の会社はツライけど、本当に転職をすべきか迷っている」

「転職した次の会社も、今の会社みたいだったらどうしよう」。

こんな迷いもあるかもしれません。会社は辞めたいけど、今後の転職活動の進め方であったり、本当に希望するような会社を見つけられるか不安、といったような悩みがあるならば、ここは迷わず転職エージェントに登録してみましょう。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、それこそ星の数ほどの転職支援をしてきています。いろいろな転職のケースを見てきたので、みなさんにとってどのような転職をすれば「転職を決めて良かった!」と思えていただけるであろうという事が分かるはずです。

一人で悩まず、ここは転職支援のプロと一緒に転職活動を始めてみてはいかがですか。

おすすめの転職エージェント!

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントはまさしく「最大手の転職エージェント」。

「売上げ(転職支援人数)」「従業員数(キャリアアドバイザーなどの人数)」が業界ナンバー1の規模であることからも、最大手の転職エージェントである事に間違いありません。

リクルートエージェントのCMで「転職支援成功実績No.1」という広告のキャッチコピーを目にした方もいらっしゃると思います。そのCMのメッセージ通り、「約30万人の転職成功実績」「年間で2万3,000名以上の転職を実現」とまさしく業界トップの実績を誇ります。

dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービスとは「パーソルホールディングス株式会社」のグループ会社である「パーソルキャリア株式会社」が運用する転職エージェントサービスです。

最近(2018年10月時点)「doda」のロゴを変更して、新たにリフレッシュしてブランドイメージを刷新しました。

人材ビジネスを知り尽くした歴史あるガリバー企業の転職エージェント部門、それがdodaエージェントサービスなのです。dodaエージェントサービスでは、年間18,000人以上の転職成功をサポートする転職エージェント会社で、業界最大手の一角となっております。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアの最大の特徴は、そのサービスに対する姿勢ではないでしょうか。

パソナキャリアでは「クレド経営」を取り入れています。そしてこのクレド経営とは「人材業界における感動サービス企業を目指す」ためのパソナキャリアのビジョン・ミッション・行動指針が明記されているものなのです。

もう少し具体的に補足しますと、「満足の最上位は感動」と捉えて、お客様に心から満足していただける最高のサービス”を「感動サービス」と呼んでいて、そのような質の高いサービスを提供し続けるために「クレド経営」の指針をもとに行動しています。

転職エージェントとは?年代別で使う転職エージェントは違います!

転職に失敗しないためにも知っておくべし!

それでは「どうしても転職したい!」と思ってる方が、何の準備も無く転職をしたらどのような結果になるでしょう。

「今の会社がイヤで仕方ないので、とりあえず会社を辞めたけど、どうやって新しい仕事を見つけたら良いのかが分からない」という状況だとしたら、たとえ新しい会社に転職出来たとしても、また同じように辞めたくなってしまうかもしれません。

会社を辞めたくなるのは仕方有りません。ここではそんな時にも、転職活動に失敗しないためのノウハウをお伝えします。

後悔しない転職先の見つけ方

転職エージェントと転職サイトの違い

「後悔しない転職先の見つけ方」。

これは言い換えるなら「今度働く会社、みなさんは今の会社以上に満足出来ますね!?」という事です。いざ、そのように聞かれてしまうと少し不安になるかもしれません。または「なんで自分は転職活動をするのだろう?」と、そもそものキッカケについて考え直すかもしれません。

あらためてアンケートより、転職活動を行う理由の上位を見てみますと、

「給与に対する不満」

「将来に対する不安」

「労働時間の長さ」

「人間関係が良くない」

となっています。

アンケート結果を見る限り、みなさんの「転職活動の本音」は、前向きな将来に対するキャリアアッププランというよりも、現状に対する不安や不満の方が多いのが現実のようです。

転職活動をしている皆さんの志望動機や自己PRを拝見すると、積極的で前向きな転職理由が多いのですが、現実はネガティブな理由が引き金になっているケースが多いですよね。転職すれば、これらの問題は解決出来るのでしょうか?または、転職をして後悔することは無いのでしょうか。

このような不安がある場合は、ここはやはり経験・ノウハウがあるプロの転職エージェントに相談してみるのが良いでしょう。たくさんの会社と取り引きのある転職エージェントは、「給与に対する不満」「将来に対する不安」「労働時間の長さ」などを解消してくれる会社を紹介してくれる可能性があります。

また「人間関係」はご本人の問題なので分からないでしょうが、少なくとも転職エージェントはその会社の「社風」については知っているはずです。

キャリアカウンセリング・自己分析について

キャリアカウンセリング・自己分析について

転職活動では「自己分析」がとても重要になって来ます。「自己分析」とはみなさんの「経験」「希望」を指します。

そこで質問ですが「みなさんは正しく自己分析が出来ていますか?」。

自分の事を客観的に評価するのはかなり難しいことですよね。なかなか出来ることではありません。これは意外と時間もかかりますし、大変な作業です。

それでは面接の場面をイメージしてみましょう。面接官から聞かれる多くの質問は「転職理由」「今までのキャリア」「自己PR」等が多い傾向にあります。そして、これらの質問にしっかりと答えるには、やはり「自己分析」が必要です。

「今までのキャリアは?」「転職理由は?」「転職して何を実現したいですか?」といった質問に対して、みなさん自身がしっかりとアピール出来なければなりません。

いかがでしょう、これらの事をまとめるのも大変な作業ですよね。

そしてこれらの整理については、第3者からのアドバイスが一番参考になったりもします。

そこでやはりおススメなのが、転職エージェントのキャリアアドバイザーへの相談です。希望の企業の面接を受ける前に相談をすれば、今までの「経験」「希望」の整理が出来て、自己分析も出来ることでしょう。

書類選考を通過するために!

書類選考を通過するために!

転職活動を開始するに際して「履歴書」と「職務経歴書」の作成が必要になります。このふたつの書類、作成も大変なのですが、気をつけなけらばならないポイントもあります。

「履歴書」と「職務経歴書」は、当然ですが採用担当である人事や現場の責任者が目を通す書類です。

そのためには、

採用担当者が「チェックするポイント」をしっかりと明記すること

が重要です。

それではその「重要ポイント」について紹介していきます。

年齢について

現在は法規制により、求人票には募集年齢を表記出来なくなりました(一部例外事由あり)。求人票に募集年齢の表記がしてませんが、誰でも募集対象者になるというわけでは無いのです。企業側の本音としては、年齢をとても重視しています。これは問題無いとは思いますが、年齢の誤表記は致命傷です。お気をつけください。

学歴について

学歴については、会社ごとに考えが違います。最近の傾向ではあまりこの学歴については重視しない傾向にあるようです。しかし、未だに一部の会社では一定以上の学歴条件を求めてくる場合があります。そのような例もありますので、しっかりと高校以上の学歴の明記をするようにしましょう。

転職回数について

転職回数についても会社ごとで採用条件が違いますが、回数が多い場合などは、必ず各々の会社での退職理由を聞かれるのと、その後の転職理由を聞かれます。しっかりと答えられるように事前準備をしておきましょう。また、離職期間が長い場合などは、その期間にどのような事をしていたかを明記しておくようにしましょう。

職務経歴について

みなさんの会社や配属されていた部署・職種について確認がされます。そしてその部署でどのような実績があるのかを確認されます。簡潔に今までの成果について記すようにしましょう。そしてこの「職務経歴」に書かれたみなさんの成果については、書類が合格した後の面接で必ず質問が出る項目でもありますので、ご注意ください。

職務経歴書の書き方について

職務経歴書の書き方について

職務経歴書の書き方。

初めて転職活動を行う人には、「書き方」と言われても分からないですよね。

当然のことです。さらに職務経歴書の「上手な書き方」と来たら、何のことかさっぱりでしょう。

ここでは簡単にポイントのみをまとめてみます。

ポイントその1

まず職務経歴書はなぜ提出するのかを考えて見ましょう。 そもそも職務経歴書とは、今まで「どのような会社・業界で」「どのような仕事をしてきて」「どんな実績を上げてこられたのか」を確認する書類です。つまり職務経歴書は、みなさんの実績と能力についてアピールする書類なのです。

ポイントその2

職務経歴書については、A4用紙に1~2枚でまとめるようにしましょう。職務経歴書でたくさんの事をアピールしたくなる方のお気持ちも分かります。しかし読み手のことを考えますと、長すぎる職務経歴書はNGです。あくまで要点をしっかりとまとめて簡潔に作成することをおススメします。

ポイントその3

職務経歴書の書き方としては、今までのキャリアについて、時系列に沿って「業務内容」および「そこでの実績」を記していく方法が一般的です。また、職務経験をプロジェクト毎や業務内容単位でまとめて記載する方法もあります。主にIT業種などのエンジニア職などといった専門性の高い職種の場合にに向いている形式です。 おおよそこの2パターンでの書き方が一般的なのですが、どちらの方法で明記しても構いませんので、みなさんが書きやすい方で良いでしょう。

面接対策について

面接対策について

「面接に自信が無い」。

じつはすごく多いのです、面接に自信が無い方。そのような方はぜひ「転職エージェント」に登録しましょう。

転職エージェントに登録すると、「模擬面接」および「面接対策」を行ってくれます。面接では「緊張」したり、「何を話して良いか悩む」「何を聞かれるのか不安」など、多くの疑問や不安などがありますよね。そこで本番の面接までに、転職エージェントでの模擬面接をしておけば安心です。

「模擬面接(面接対策)」は、転職エージェントのキャリアアドバイザーを企業の人事担当者と想定して、面接シミュレーションが行われます。本番の面接をイメージしながら、面接で想定される質問と回答の対策などが行われるのです。

転職エージェントには、数多い求人企業の情報があります。たとえば「A社ではこのような質問が多くされる傾向がある」ですとか、「B社の面接担当者が好む人物」ですとか、さまざまな情報を保有しています。求人企業の傾向を知り尽くしたキャリアアドバイザーが、面接について様々な角度から対策してくれます。

このようなサポートが出来るのは大手の転職エージェントです。今までたくさんの企業や同じ企業への転職支援をしてきたからこそ出来るサポートなのです。

面接に自信の無いと思っている方は、ぜひ大手の転職エージェントに登録してみてください。

転職の面接合格率を大幅アップするためには?面接本番までの事前準備

年収・待遇など条件の交渉術について

年収・待遇など条件の交渉術について

「年収・待遇など、入社後の条件についての交渉術」。これは何のことやら、ピンと来ない方が多いはず。転職活動中は、本当は質問したいけど、「年収・待遇など」については、なかなか聞きづらい事もあります。

たとえば「給与」をはじめ、そのほかにも「残業時間」や「職場の雰囲気」「有給休暇の取得状況」等々。本当は気になって仕方ないけど聞けない人が多いようですね。

しかし、これらは転職エージェントを通して転職活動すれば、すべてクリアされることなのです。

転職エージェントはみなさんが聞きづらいことを企業に確認したり、今までに転職サポートをした求職者から「生の情報」を収集してくれます。とても便利ですよね。

また転職エージェントではみなさんが内定を応諾する前に、「年収の交渉」もしてくれます。これはみなさんが個人で出来る事では無いですよね。

このような「条件交渉」、たとえばみなさんがどうしても気になる「年収」や「役職」については、ぜひ転職エージェントのキャリアアドバイザーに確認・交渉するようにしてみてください。条件の面でも、しっかりと納得してから転職したいですからね。

【まとめ】会社辞めたい!そんな時に、失敗しない転職活動の極意!

「もう会社に行くのがツライ」

「出社しようとすると気分が悪くなる」

「人間関係が耐えられない」  

こんな感じで毎日の会社生活を続けていると、精神面に良くないのは事実です。

社会人であり組織人である以上、ある程度の忍耐は必要なのは言うまでもありませんが、あまりにストレスがたまると体を壊すことになるかもしれません。そしてこのような状況になってしまうとそれが再発しやすい傾向にもあります。

鬱になったり体を壊してしまったら本当に大変です。そのような状況を避けるためにも、どうしても我慢出来そうにない場合は転職を前向きに考えるべきです。

しかし「会社を辞めたくて仕方ない」状況で転職活動を始めたとしても、冷静に活動が出来ないかもしれません。追い詰められた状態で、ひとりで転職活動を行うのはあまり良い選択とは言えません。冷静さを失い、とにかく直ぐに会社を辞めたいという気持ちが先走って、結局転職が決まったとしても、また同じような環境の会社に転職してしまって環境が改善されないことも考えられます。

やはりこのようなケースでは転職支援のプロと言われる、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談してみることをおすすめします。今のみなさんの会社での状況をヒアリングした結果、やはり「直ぐに転職した方が良いです」とか、またはひょっとしたら「今の会社に残った方が良い」といったプロの第三者としてのアドバイスをしてもらえるはずです。

あせって転職を決めないためにも、ここは一度転職のプロに相談してみましょう!