女性の転職を応援!20代・30代・40代の女性は必見の転職サービスランキング!

「子育てしながら働きます」

「時短で働けるところを知りたい」

「夫の転勤で新しい会社探しをしないと」

女性の転職理由には、男性が転職する時よりも、もっとたくさんの事情があるようです。

働く女性の中には、出産後も継続して同じように働くことを希望しているにも関わらず、実際には出産を機に離職を迫られたり、希望しない部署への配置換えを求められたりするケースが多いようです。

国立社会保障・人口問題研究所の調査によると、2010~14年でのアンケート結果によると、出産前に就業していた人の47%が退職しているようです。

女性と男性では、様々な点で違いがあるのは当たり前ですけど、このような件はナットク出来ないですよね。

このような現状があるからこそ女性が転職する時には、「女性の転職支援・実績が多い転職サイトや転職エージェント」を選ぶようにしてください。

本ページでは、特におすすめしたいサービスについて紹介させて頂きます。

転職で成功するためにも、ぜひ参考にしてみて下さい。

女性の転職サービスについて

総務省統計局の労働力調査を見てみると明白なのですが、年々女性の労働力人口が微増してきているのが分かります。

ここ10年での推移を見てみましょう。

下記は全年代と女性の労働力人口の推移とその割合です。

2008年 6,674万人のうち2,711万人(42%)
2009年 6,650万人のうち2,782万人(42%) 
2010年 6,632万人のうち2,783万人(42%)
2011年 6,596万人のうち2,770万人(42%)
2012年 6,565万人のうち2,769万人(42%)
2013年 6,593万人のうち2,809万人(43%)
2014年 6,609万人のうち2,832万人(43%)
2015年 6,625万人のうち2,852万人(43%)
2016年 6,673万人のうち2,892万人(43%)
2017年 6,720万人のうち2,937万人(44%)
2018年 6,830万人のうち3,014万人(44%)

年々女性の比率が上がってきているのが分かります。

割合も40%を超えてきており、かなりの人数に達しています。

女性の社会進出が進めば、転職市場にも一定数以上の女性の転職者が増えてきます。

そして、女性のための転職サイト・転職エージェントサービスも数多く存在します。

【転職サイト】

LiBzCAREER(リブズキャリア)

Woman Career(ウーマン・キャリア)

ベティ

スマートキャリア

QOOLキャリア

ビズリーチ・ウーマン

【転職エージェント】

type女性の転職エージェント

マイナビエージェント「女性の転職」

日経WOMANキャリア

パソナキャリア

LiBz PARTNERS(リブズパートナーズ)

女子カレッジ

リアルミーキャリア

転職先はじっくりと一人で考えたい!」という方には転職サイト

キャリアアドバイザーにいろいろと相談しながら進めたい!」という方には転職エージェントがおすすめです。

20代の女性の転職におすすめ!

type女性の転職エージェント

【転職エージェント】

・年間5,000名以上のキャリアカウンセリング、年間数百名の転職支援実績あり

・サービス開始から18年、延べ数千名に渡る転職サポート実績

「Make your new Life 女性の新しいキャリアを提案する転職サービス」をキャッチコピーに転職支援を実施。

みなさん一人ひとりに選任のキャリアアドバイザーが担当させて頂きます。面談を通してみなさんのご経験やスキルの棚卸しを行う事によって、本当に適した求人をご案内します。

本サービスのメリット

転職サイトの「女の転職@type」を運営しているため、女性の転職のためのノウハウがある事がメリットと言えるでしょう。

「キャリアアップしたい」という「今後も仕事を長く続けていきたい」と思う20代後半女性を応援するサービスになっています。

【これはユニーク!】

同社は転職エージェントとしては、はじめての試み「女性のための面接メイクアップ」というサービスを開始しています。

これは面接の際に、採用担当の印象を良くするようなメイクのアドバイスのようです。

面接での第一印象はとても大事ですので、このようなサービスはうれしいですよね。

今までは「就活学生」に対するメイク講座というのはあったのですが、転職でもユーザーのみなさんのニーズは強そうですよね。

【これは良い!】

「type女性の転職エージェント」のサイトには、「20代女性が転職する前に知っておくべきこと」のタイトルで、

20代前半・半ばの転職

20代後半の転職

と、年代別に転職をする際のポイントを明記しています。

さらにスゴイのが、「20代前半・半ばの転職」では「24歳女性の場合」「25歳女性の場合」「26歳女性の場合」と年齢別にポイントが書かれています。

また「20代後半の転職」についても同様に、「27歳女性の場合」「28歳女性の場合」「29歳女性の場合」と年齢別にポイントが書かれているのです

ここまで細かく年齢別にポイントを上げれるのは、やはりキャリアデザインセンターしか出来ないのではないでしょうか。

本サービスのデメリット

面接や職務経歴書の書き方に自信の無い方

イメージ的に、30代以上の女性のライフイベントへの配慮などはあまり感じられない。

そのため、やはり20代の女性のための転職サービスといった色合いが強いように思えます。

また、サイトのコンテンツで「転職支援の実例」が少ないのが残念です。

もう少し実例を定期的に更新してくれたら、もっと「type女性の転職エージェント」のサービスが具体的にイメージがし易いはずなんですが。

その他の特記事項

「とらばーゆ」初代編集長がリクルートを退社後に設立したのが株式会社キャリアデザインセンター。

人材業では老舗になります。

エンジニアのための「エンジニアtype」、女性のための「Woman type」といった、求職者のみなさんの属性に併せてサービスを揃えているのが特徴です。

type女性の転職エージェントの評価
総合評価
(4.0)
求人の質と数
(3.5)
アドバイスの内容
(4.0)
親身・熱心さ
(4.0)

 

マイナビエージェント「女性の転職」

【転職エージェント】

・20代に信頼される転職エージェントNo.1(楽天リサーチ調べ)

・マイナビグループというブランド

マイナビグループの転職エージェントが運営する女性のための転職支援サービス。

その抜群の知名度から、保有している求人も大手から中小まで幅広く取り扱っています。

ユーザーの特徴としては、特に20代後半の女性の利用が多いようです。

また取り扱う業界や職種も多岐に渡っているのが特徴です。

本サービスのメリット

何と言っても一番のメリットと思えるのは、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは、「とても親切」といった評価を良く耳にしますので、はじめて転職をする方にとっては、とても頼もしいパートナーになる事でしょう。

利用者は20代後半が多いのですが、求人そのものは第二新卒から20代後半までが多く、人気企業や大手企業を志望している人に向いています。

就活学生の知名度が高い「マイナビ」を利用したユーザーが、転職活動を始める際に頭に浮かぶのがマイナビの転職支援サービスのようです。

20代の転職支援の実績が数多くありますので、転職活動の際には登録しておきたいサービスのひとつと言えます。

本サービスのデメリット

面接や職務経歴書の書き方に自信の無い方

特に女性に特化しているサイト内容ではないことから、女性の転職に向けたメッセージのようなものは感じられない。

また、転職成功事例についての明記が「1件」しかされていないこと。この点については、大きく不満を感じます。

マイナビエージェントでは、キャリアアドバイザーの対応が良いと言うメリットがある一方で、女性が転職する時に気をつけるべきポイントなどのコンテンツは一切ありません。

このようなコンテンツがあれば、各々の求職者のみなさんが、そのサービスが自分に合っているのかの判断材料になるはずです。

具体的な事例や気をつけるべきポイントなどが無い点がデメリットであり、不満な点でもあります。

その他の特記事項

マイナビエージェントは、もともと総合型の転職エージェントであり、各職種に特化したキャリアアドバイザーがいる事が特徴です。

WEBサイトからは判断しづらかったですが、登録してキャリアアドバイザーに転職相談してみれば、女性の転職について良く理解していて、しっかりと安心してサポートしてもらえると思えるでしょう。

またキャリアドバイザーに女性がかなりの人数おりますので、その点も安心材料と言えるでしょう。

マイナビエージェントの評価
総合評価
(3.0)
求人の質と数
(3.5)
アドバイスの内容
(3.0)
親身・熱心さ
(4.0)

年収400万円以上の女性の転職におすすめ!

LiBzCAREER(リブズキャリア)

【転職サイト】

・年収が400万円以上のハイキャリア女性が対象

・会員数:80,000人を超える人気

キャリア女性に特化しつつ、さらに女性のライフイベントに寄り添ったサービスになっています。

掲載されている求人情報についても女性視点を重視しており、その職場で働く「ロールモデル」や女性視点の「仕事の魅力」、従業員や管理職の女性比率、育休取得率など、女性が欲しい情報を提供しているのが特徴です。

働く女性へのメッセージなども求人票には明記されているのがウレシイですよね。

本サービスのメリット

「モバイルリクルーティング」をコンセプトとしてパソコンよりもスマートフォンでの見え方や機能を優先しています。

これは特に女性はパソコンよりもスマートフォンとの親和性が高いので、サイトを作る際に注意した点のようです。

また、大手企業や、中小企業の管理職の案件が多く、「女性がワークライフバランスを大切にしながら活躍できる案件」を多く掲載しているのも特徴です。

LiBzCAREER(リブズキャリア)では、「Woman Bright Action」という女性の社会進出、女性の社会活躍を応援するためのプロジェクトを推進しているといった点を見ても、本気で女性の転職を支援している姿が伺えます。

そして、このプロジェクトに参加している会社の数は、ナント300社におよび、参加企業もみなさんがご存知の有名企業がズラリと並びます。

本サービスのデメリット

面接や職務経歴書の書き方に自信の無い方

求人案件がキャリア志向の女性向けのものが比較的多かったりしますので、当サービスを利用するユーザーも限定的なものと考えられます。

その他の特記事項

株式会社リブの代表は元リクルートの社員。タウンワーク、ホットペッパーなどのセールスを担当していたそう。

リブズキャリアの評価
総合評価
(4.0)
求人の質と数
(4.0)
コンテンツの内容
(3.5)
会員登録のしやすさ
(4.0)

LiBzPARTNERS(リブズパートナーズ)

【転職エージェント】

・株式会社 LiB(リブ)が、キャリア女性特化型エージェントとして設立。

・営業職、専門職( IT・WEB/バックオフィス)に特化した転職支援サービス。

LiBz PARTNERS(リブズパートナーズ)の最大の特徴は、やはり女性に特化した転職サイト「LiBzCAREER(リブズキャリア)」を運営している点といえるでしょう。

このキャリア女性を対象とした転職サイトの運営ノウハウや求人を、転職エージェントサービスの「LiBz PARTNERS(リブズパートナーズ)」に最大限活用しているのです。

本サービスのメリット

ライフイベントを視野に入れたキャリア相談「ライフキャリアプランニング」などは、まさしく女性にとってはうれしいサービスではないでしょうか。

女性として今後「どんな仕事・働き方をするべきか」をキャリアアドバイザーと一緒になりながら、みなさんのキャリアを長期的に見て行きます。

また、「モードチェンジ」という考え方をベースに、女性のキャリアを考えているのが特徴です。この「モードチェンジ」とは、20代での仕事に対するモードと30代での仕事に対するモードは違うといった、年齢によって「働き方」は当然変わってくるという考え方なのです。

求職者のみなさんのそれぞれのライフステージに合わせ、今はどのような働き方がベストなのかを提案してくれるのです。

ちなみにモードの種類については、結婚までの「キャリアモード」、出産・育児中の「スマートモード」、職場復帰の「リキャリアモード」に分かれるようです。

本サービスのデメリット

面接や職務経歴書の書き方に自信の無い方

これは、転職サイトの転職サイト「LiBzCAREER(リブズキャリア)」のデメリットと同じく、キャリア志向の女性のみをターゲットにしている点があげられます。

リブズパートナーズの評価
総合評価
(3.0)
求人の質と数
(3.0)
アドバイスの内容
(3.0)
親身・熱心さ
(4.0)

20代・30代・40代の女性の転職におすすめ!

日経WOMANキャリア

【転職エージェント】

・ワークライフバランスや未経験の仕事に挑戦したい20・30代の女性へ!

・ワーキングママやこれからのキャリアを考える30・40代の女性へ!

日経WOMANキャリアの最大の特徴は、たくさんの転職サイト・転職エージェントと連携しているサービスという事です。

提携している転職サイト・転職エージェントは以下のような会社。

これだけ連携していれば、みなさんが希望する求人に、きっと出会えることでしょう。

本サービスのメリット

大手転職サイトから女性向けの求人情報のみを選んで掲載されているので、厳選された女性のための求人情報が探せるのが良いですね。

本サービスのデメリット

面接や職務経歴書の書き方に自信の無い方

応募したいと思った求人が、じつはそれぞれ別々の転職エージェントの保有だったりすると、その都度それぞれの転職エージェントへ問い合わせが必要になるので、とっても煩雑になります。

複数の転職エージェントに登録することは悪い事では無いのですが、少なくともやはり2~3社程度にした方が良いでしょう。

その他の特記事項

株式会社 日経HRが運営。主要な「転職サイト」と「人材紹介会社」が保有している「女性向けの求人情報」を探せる転職ポータルサイト。

転職情報のみならず、働く女性たちにとってためになる情報なども提供しています。

日経WOMANキャリアの評価
総合評価
(4.0)
求人の質と数
(3.5)
アドバイスの内容
(4.0)
親身・熱心さ
(4.0)

 

パソナキャリア

【転職エージェント】

・女性が大活躍する会社、パソナグループ

・顧客の「満足の最上位は感動」のクレド経営

パソナの女性社員は大活躍!

「女性社員の割合が59%」

「役員の女性比率が22%」

「全管理職に占める女性の割合49%」

「女性社員の出産後の復職率100%」

本サービスのメリット

パソナグループでは創業以来、「年齢」「性別」「国籍」「雇用形態」などの違いや「障害の有無」に関わらず、全社員が活躍できるステージを用意し、一人ひとりの能力や可能性を最大限に発揮するための各種人事施策を立案・実施してきた先進的な会社です。

そんなパソナグループのパソナキャリアならでは、女性が活躍しやすい・活躍している会社をよく理解しており、逆に女性が活躍出来ない会社などについても熟知しているのではないでしょうか。

パソナキャリアの女性キャリアアドバイザーは、女性の転職希望者の方にとっては心強いサポーターになってくれるものと思います。

本サービスのデメリット

面接や職務経歴書の書き方に自信の無い方

あまり目立ったデメリットが無いのがパソナキャリアの特徴でもあります。

デメリットと言いますか、こういうケースはイヤだなと思えるケースとしては、キャリアアドバイザーとの相性が合わない時でしょうか。

パソナキャリアは大手の転職エージェントですので、キャリアアドバイザーもたくさんいます。

その中にはみなさんと相性の悪いキャリアアドバイザーもいるかもしれません。

パソナキャリアの特徴や評判など、徹底解説!

パソナキャリアの評価
総合評価
(4.0)
求人の質と数
(4.0)
アドバイスの内容
(4.0)
親身・熱心さ
(4.0)

Woman Career(ウーマン・キャリア)

【転職サイト】

・公開求人数:35,000件 
・非公開求人数:100,000件

一番の特徴といえば、運営会社が人材サービス最大手のパーソルキャリアが運営している事。

dodaやアルバイトのanなどの運営をしていますが、anに関して言えば、その歴史は誕生からなんと50年も経っているのです。

これほどの歴史があるサービスを運営していますので、その間に培ったノウハウは他社を抜きん出ているものと思います。

本サービスのメリット

1)求人特集から求人を探す!

女性が働くときに重視したいポイントについて、求人特集を多数提供しているのが特徴です。

ちなみに求人特集を一部紹介します。

【残業20時間未満】の求人特集
【育児・託児支援制度】の求人特集
【産休・育休取得実績あり】の求人特集
【残業20時間未満×年間休日120日以上】の求人特集
【育児・託児支援制度×産休・育休取得実績あり】の求人特集
【社宅・家賃補助制度】の求人特集
【定着率95%以上】の求人特集

いかがでしょうか?気になる特集がありましたら、女性の転職・求人情報Woman Career(ウーマン・キャリア)にて確認してみてください。

2)ランキングから求人を探す!

女性の転職・求人情報Woman Career(ウーマン・キャリア)では、「女性のランキング」というタイトルで特集があり、さまざまなテーマに併せて求人を紹介しています。

たとえば「女性の平均年収ランキング」。

これは平均年収の高い求人が順番に見ることが出来ます。その他のランキングは以下の通りです。

・女性の働きたい街ランキング
・給与・待遇の満足度ランキング
・労働時間の満足度ランキング
etc

本サービスのデメリット

面接や職務経歴書の書き方に自信の無い方

サイト上部に固定されている「グローバルメニュー」の「求人を探す」から求人検索をしようとすると、dodaのサイトへリンクしてしまい。検索結果には男女関係無く求人が表示される。

このあたりの使い勝手は、ハッキリ言って良くないと思われます。

これは多くのユーザー、ひょっとしたらほとんどのユーザーが「女性のみの求人」を検索するものと勘違いしていると思われます。

ウーマンキャリアの評価
総合評価
(4.0)
求人の質と数
(4.0)
コンテンツの内容
(3.5)
会員登録のしやすさ
(4.0)

キャリア女性の転職におすすめ!

ビズリーチ・ウーマン

【転職サイト】

管理職を目指す女性向け転職サイト

ワーキングマザーの転職にも最適なサイト
ビズリーチ・ウーマンは、ハイクラスの転職サイトで有名なビズリーチの女性版転職サイトです。ハイクラスな求人情報やエグゼクティブに強みを持つヘッドハンターなどに相談が出来るサービス内容となっています。

本サービスのメリット

ビズリーチ・ウーマンに掲載されている求人情報は、掲載前にビズリーチによる厳しい審査があり、その独自の審査に通った求人のみが掲載されています。
また転職成功事例なども特徴があって良いコンテンツとなっています。
例えば「出産後も、復職して長く働きたい」「ワーキングマザーとしての転職」といったように、女性にとってはとても役に立つコンテンツが満載です。
さらに面白いコンテンツが「インタビュー」。通常転職サイトのインタビュー記事というと著名人に対するものが多いのですが、ビズリーチ・ウーマンでは企業の現場で活躍する女性にフォーカスしている点がユニークで魅力的なコンテンツとなっています。

本サービスのデメリット

面接や職務経歴書の書き方に自信の無い方

ハイクオリティーなサービスゆえに仕方ないのですが、サービスの一部が有料となっています。ヘッドハンターへの相談などをご希望の場合はプレミアム(有料)サービスへの登録をおすすめします。

ビズリーチ・ウーマンの評価
総合評価
(4.5)
求人の質と数
(4.5)
コンテンツの内容
(4.5)
会員登録のしやすさ
(4.0)

IT業界に転職したい女性におすすめ!

ベティ

【転職サイト】

1) 求人数 1,700件
2) 未経験応募可の求人数 400件

betty(ベティ)とは、「魅力的な女性」という意味だそうです。

女性がキラキラと輝きながら、自分の好きな仕事に就けるよう応援する転職サイトです。

最大の特徴はやはり「IT業界で頑張る女性、IT業界を目指したい女性」に向けたサービスである事。

これはかなる特徴的なサービスですよね!

本サービスのメリット

ベティでは、大きく分けて3つのメリットがあるものと思われます。

1) 嬉しい転職お祝い金 最大10万円
2) スカウトメールの受信機能
3) 豊富なコンテンツ

コンテンツの中には、転職お役立ち情報をはじめ、IT業界で活躍する女性のインタビューも掲載されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

本サービスのデメリット

面接や職務経歴書の書き方に自信の無い方

女性の転職を全面的にサポートするならば、求人票に女性が知りたい各企業の福利厚生やその他の支援制度などを「必須」で掲載させた方が良いと思えます。

本サービスの求人内容ですと、総合サイトに掲載されている求人票との差が出ていない点があげられます。

ベティの評価
総合評価
(3.5)
求人の質と数
(2.0)
コンテンツの内容
(3.0)
会員登録のしやすさ
(3.5)

社会人経験の少ない女性におすすめ!

女子カレッジ

【転職エージェント】

20代女子に特化した就職支援を行うジェイックの「女子カレッジ」。

紹介するのは正社員求人のみとなっています。

今まで正社員として働いた経験のない方、フリーターとしての経験しかない方、このような方々をジェイックの行っている研修を通じて、正社員への雇用へと転職支援します。

正社員として働いた経験の無い方を、正社員として働けるように転職支援をするユニークなサービスです。

本サービスのメリット

1) 就職成功率80%超のキャリアチェンジ講座
2) 定着率94%以上!就職後のサポート
3) 担当のアドバイザーが徹底的に転職活動をサポート
4) キャリアチェンジを応援する20社と面接が出来る
5) 女性が働きやすい職場を厳選して紹介します

女子カレッジの評価
総合評価
(4.0)
求人の質と数
(3.0)
アドバイスの内容
(4.5)
親身・熱心さ
(4.0)

育てしながら働き続けたい女性におすすめ!

QOOLキャリア

【転職サイト】

1)子育て女性が活躍している企業に特化した求人

2)子育てに忙しいあなたに、スカウトで求人紹介

3)何でもスマホで完結!

最大の特徴は、「子育てしながら働き続けたい人」のための転職サービスと言う点です。

これだけでも今までに無かったユニークなサービスと言えます。

本サービスのメリット

実際に子育て女性が活躍している企業からのオファーを受け取ることができ、また、自分にマッチする企業を探すことが出来ます。

また、skypeなどでのオンライン面談も行っていて、子供連れでの面談や面談当日の急なスケジュール変更などにも柔軟に対応可能としています。

本サービスのデメリット

面接や職務経歴書の書き方に自信の無い方

QOOLキャリアから直接の求人紹介はありません。

あくまで求人を掲載している求人企業との直接のやり取りとなります。

企業からのスカウトメールについては、みなさんから返信や求人への応募を通じて、企業担当者と直接連絡をとります。

子育て中のママには、これらの手続き全般が、手間となる可能性があるかもしれません。

時短で働きたい女性におすすめ!

スマートキャリア

【転職サイト】

・企画、マーケティング、経理、営業、人事、法務、広報、社内SEなど、幅広い職種に対応。

・時短正社員、派遣、フリーランスとして、今までの経験を活かして働くことが可能です。

1)時短で働きたいと思う方が対象

2)雇用形態は「派遣」「正社員」「アルバイト」etcで検索可能

3)希望の勤務日数で仕事検索が出来る

本サービスのメリット

求人の検索を「勤務日数」「雇用形態」などから出来る点などは、時短で働きたい方にとって良いサービスと言えるでしょう。

本サービスのデメリット

面接や職務経歴書の書き方に自信の無い方

求人数が少ないため、希望に沿った求人を探すのに苦労するかも。

検索機能に「○○駅から○○以内」といった通勤時間から求人を探す機能があり、この機能を利用して求人を探す事が出来たら、時短希望の方には本当に便利ではあるのですが、残念ながら検索結果にあまり求人が出てこないといった点があります。

リアルミーキャリア

【転職エージェント】

「時短勤務をしていて、以下のような課題を抱えていませんか?」。

リアルミーキャリアは時短正社員のまま転職できる求人をご紹介として、時短勤務に特化しているのが最大の特徴です。

本サービスのメリット

時短勤務で積極的に働きたい女性にとっては、大変嬉しいサービス。

まだまだ社会に完全に時短勤務が認知されているとはいえない中、女性の支持を得やすい。

本サービスのデメリット

面接や職務経歴書の書き方に自信の無い方

求人が東京23区内に限られており、全国的な需要には応えられていません。

今後に期待したいです。

リアルミーキャリアの評価
総合評価
(3.5)
求人の質と数
(2.0)
アドバイスの内容
(4.0)
親身・熱心さ
(4.0)

転職した20代女性300人に聞いてみました!

2019年7月、Daily More(https://more.hpplus.jp/)が転職をした20代の女性300名に対して、転職した後の満足度についてアンケート調査を実施しました。

そのアンケートの結果は以下の通りになっています。

勤務時間には変化がありましたか?

少し短くなった  34.4%
少し長くなった  22.4%
変わらない    18.9%
とても短くなった 12.3%
とても長くなった 12.0%

転職を機会に、就業時間が大幅に変更する事は無いようですね。

「とても短くなった」と答えられたのは、12.3%にしか過ぎませんでした。 

転職したくなる理由には「就業時間」「給与」「人間関係」などが常に上位にランキングされていますが、上記の結果を見る限りでは、さほど就業時間が改善しているとは思えません。

そうしますと、みなさんの本当の転職理由は「給与」「人間関係」になるのでしょうかね。

「夜勤から日勤になって体力的にはラクに」(27歳・医療)

「営業なので日によってバラバラ」(25歳・営業)といったパターンが目立った。

職場の人間関係に変化はありましたか?

少しよくなった  30.0%
とてもよくなった 25.0%
変わらずよい   24.2%
少し悪くなった  9.0%
変わらず悪い   7.8%
とても悪くなった 4.0%

「少しよくなった」「とてもよくなった」と答えた人はあわせて55.0%となりました。

じつに半数以上の割合です。

このデータを読み解くとやはり転職する人の半分くらいは、大なり小なりと前職で人間関係に悩まされていたのかもしれません。

ユーザーの声は以下の通りです。

「上司が気分屋」など一部不満はあるものの、前職よりも人間関係が「よくなった」と回答した人が半数以上を占める結果に。

「みんなが思いやりを持っていて、明るい人ばかりで楽しい」(28歳・事務)など、「おかげで仕事が楽しくなった」という声が寄せられた。

また人間関係でうまく行かないと感じた時については以下のような結果となりました。

「パート主婦との関係が悪い」(26歳・接客)

「女性のみのオフィスなので暗黙のルールがある」(25歳・販売)

「女同士の噂話が多くて面倒」(28歳・営業)

「お局様のイジメがひどい」(26歳・事務)

同性だからこそ、よけいに気を使って疲れてしまうという声が多数。ほかにも、転職者が多い職場ならではの「年上の後輩」や「年下の上司」との関係性にやりづらさを感じている人も少なくないよう。

女性が活躍できない会社とは

東洋経済オンラインでは、「女性が活躍できない会社」を見抜く指標7選と題した特集記事を発表しました。

とても興味深い記事でしたので、ここでも引用します。

ここをチェック!

1.女性が少ない
2.女性が多すぎる
3.女性の採用人数は多いが、在籍数が少ない
4.女性管理職のキャリアが偏っている
5.制度の利用率が低い
6.新卒プロパー主義
7.「女性が活躍できる」とことさらにアピールする

以上が女性が活躍出来ない会社の指標として、注意するべきポイントだそうです。

これらの指標を見ていて、興味深いな!と思ったのが、まずは1と2についてです。
女性が少ないのは何となくかつやくの場が少ないというのを理解出来ますが、2の女性が多すぎるというのはどういう事なのでしょう。

どうやら、多くの女性をオペレーションとして働いてもらうケースの事のようです。その際の管理職が男性が多かったりすると、女性のキャリアという意味での活躍の場が制限されているのではという事のようです。

3については、女性はどんどん採用するが、どんどん辞めているということですのでこれはNGですよね。

6については、新卒採用文化を大事にするという事で巣晴らしい事なのですが、一方で中途社員の受け入れなどに消極的な「排他性が強い」とも言えます。

以上のように、一見すると「この会社って女性にやさしいな!」と思ってしまう場合でも、よくよく会社のチェックをしておいた方が良いようですね。

女性に対する働き方は、多くの会社が対応を始めているようですが、そのような対策をしている会社ばかりではありません。

転職をする時には、上記7項目のチェックを必ずするようにしましょう。

<まとめ>みなさんに一番の転職支援サービスを!

いかがでしたでしょうか?

女性の転職を応援!20代・30代・40代の女性は必見の転職サービスランキング!。

ここで紹介した女性の転職支援サービスはほんの一部であって、まだまだ他にもたくさんのサービスがあります。

先ずは、みなさんが転職活動をする際の「こだわり」となるポイントを整理して、そのポイントに併せてどのサービスを選ぶか決めていくのも良いでしょう。

今後も女性の転職支援サービスで、ぜひおすすめしたい新サービスなどがローンチされた場合には、情報更新をしていきますので、よろしくお願いします。