信頼出来るキャリアアドバイザーとは?【実話】ムカついた、イラついた話

【はじめに】私たちが転職エージェントに期待する事

「転職エージェントは使えない!」

このようにネガティブな感想を持つ方々は、転職エージェントに期待を裏切られたことなのでしょう。

転職活動はみなさんにとって大事な転機。悩みや不安、そして期待も人それぞれでしょう。

その大事な時にこそ、いろいろプロのキャリアアドバイザーに相談したかったのでしょうが、それが期待外れだったということでしょう。

実際のアンケート結果によりますと、以下の項目がみなさんが転職エージェントに期待するランキングになっています。

【アンケート結果】転職エージェントに期待すること

【ランキング】
1位 自分にあった求人企業の紹介
2位 親身に相談してくれる
3位 希望する業界・職種に対する知識
4位 非公開求人案件の数
5位 面接・書類等のアドバイス

上記のようなアンケート結果となっています。

ここでお気づきでしょうが、ベスト5のうち、実に4項目でキャリアアドバイザーそのもののスキルや人柄となっているのです。

たとえば1位の「自分にあった求人企業の紹介」では、キャリアアドバイザーがどのくらい深くみなさんのニーズを汲み取れるかがポイントになります。

また転職支援のプロとして求人企業に精通しているか、または転職指南が適切かといったキャリアアドバイザーとしてのキャリアが問われるものとなっています。

このようにみなさんの転職エージェントに対する期待とは、転職を相談するキャリアアドバイザーへの期待なのがあらためて分かります。

キャリアアドバイザーって本当にスゴイの!?

キャリアアドバイザー。

この肩書きは、「転職について適格なアドバイスをしてくれる人」、といったことを連想させます。

もっと言うと「プロフェッショナル!」というイメージです。

しかし、実際のところキャリアアドバイザーのスキル・経験はバラバラなのです。

キャリアアドバイザーとして10数年以上のキャリアを積んでいる方もいれば、なんと社会人1年目の新入社員のキャリアアドバイザーもいるのです。

「新入社員がきゃりああどばいざ~!?」

新入社員が転職について、いったい何をアドバイスしてくれるのでしょう?

少なくともキャリアについて、語れることは無いはずですよね??

だって、あなた自身にビジネスパーソンとしての経験が無いのですから。

転職エージェントに就職した新入社員が、たまたまキャリアアドバイザーの課に配属されたら、その方は対外的にはもう立派なキャリアアドバイザーになってしまうのです。

つまりキャリアアドバイザーは特別な資格や経験が無くても、誰でもなれるのです。

これは意外、オドロキですよね!

新入社員のキャリアアドバイザーってどうなの!?

転職エージェントに登録した時に、みなさんを担当するキャリアアドバイザーはみなさん自身で選ぶ事は出来ません。

つまりみなさんがキャリアアドバイザーに「当たるか」「外れるか」は運次第。

ここで新入社員のキャリアアドバイザーが担当になった時に、以下のようなことが起こる可能性があります。

ここがダメ!新入社員のキャリアアドバイザー

1)そもそも求人企業の理解が足りない
2)求職者のニーズを把握するためのヒアリングが出来ていない
3)その結果、紹介される求人企業が的外れ
4)面接対策が出来ない
5)職務経歴書の添削が出来ない
6)頼りない
7)親身に相談出来ない

ざっと以上が、実際に求職者のみなさんからの声で挙がっておりました。

ここでハッキリと言いたいです。

「新入社員がキャリアアドバイザーなんて名乗るな!」

これはあくまで私見ですが、キャリアアドバイザーを名乗るのであれば、

「少なくともその業界・職種を10年以上経験してからにしろ!」

と本気で思います。

新入社員、またはみなさんと相性が合わないキャリアアドバイザーが担当になった場合は、すぐに担当を変えてほしい旨を伝えた方が良いでしょう。

ベテランのキャリアアドバイザーってどうなの!?

それではベテランのキャリアアドバイザーなら、新入社員と違って頼りになるものなのでしょうか。

ここでは「ある求職者Aさん」に対応したキャリアアドバイザーについて紹介します。

Aさん(27歳 営業職)が登録したのは大手の転職エージェント。TVで広告をしている大手です。

そのAさんを担当したキャリアアドバイザーはおそらく30代後半の女性。キャリアアドバイザーになってすでに6年経つそうです。

そしてこのキャリアアドバイザーの対応が以下の通りだったのです。

ここがダメ!ベテランのキャリアアドバイザー


・人の話しを聞かない
・上から目線での話し方
・あまり求人企業についての知識が無い
・少し古い話しと経験をもとに、自分が正しいと思いながら話してくる
こんな感じの面接だったそうなのですが、オドロキはここから。

ひと通り「面談らしき(!?)こと」が終わった後、いきなり10数社分の求人票の束を渡されて、

「ここからテキトーに行きたい会社選んで」

と言われたそうなのです。

それぞれの企業の詳しい情報はナシ。

しかも話し口調がつねに「タメ口」。

たしかに相手は人生の先輩、行き過ぎの丁寧な言葉は、逆に恐縮するし居心地も良くない。

それでも「必要最低限で構わないので、アドバイザーらしい話し・話し方をして欲しかった」と、Aさんの感想。

Aさんはここで、このキャリアアドバイザーじゃダメだということで、その後の連絡はしなくなったそうです。  

こんなキャリアアドバイザーもいるのです。しかもこれと似た感じは結構あるそうなのです。

転職支援のプロが聞いて呆れます。

繰り返しですがこれ大手の転職エージェントの話しです。

本当にあったキャリアアドバイザーのイラつく対応

それでは引き続き、キャリアアドバイザー、または転職エージェントに対しての不満について、みなさんの生の声になります。

営業 26歳
★☆☆☆☆
対応が冷たい。
営業 23歳
★☆☆☆☆
馬鹿にされた。何をやっても長続きしないから、止めとけばと言われた。
ムカつく。
営業 29歳
★☆☆☆☆
将来のキャリアプランについて相談するどころかハローワークに行けと初回から断られた。
営業事務 29歳
★☆☆☆☆
事務的な対応で親身になって話す気がないようで、二度と利用する気は無い。
エンジニア 29歳
★☆☆☆☆
面談から不安だった。こちらの意図を聞けていない様子だった。
案の定紹介してくれた求人は、自分自身の希望と全くあっていなかった。
その旨を連絡した時も、こちらの意向を否定するような対応で、これ以上の話しは無駄と思い連絡を止めました。
販売職 31歳
★☆☆☆☆
何でタメ口なの?あんた年下でしょ
営業 33歳
★☆☆☆☆
しばらく担当者様と連絡が取れていないので、書類結果状況等が分かりません。
連絡もらえないと不安なんですが。
営業 38歳
★☆☆☆☆
職務経歴書の添削の返信が1ヶ月ほど来ません。
Webデザイナー 31歳
★☆☆☆☆
社会人としての一般知識・常識がない。残念。
面談した時に、私の職務経歴書をまったく見ていないのが明らかで、何を話しているのかも意味不明。
営業 27歳
★☆☆☆☆
面談に遅刻してきたにもかかわらず、謝罪がないまま面談が開始された。
一般常識が無い。その後の時間が辛かった。
営業 30歳
★☆☆☆☆
やたらに色んなことを急かされるのですが、そのわりにはレスが遅い!

その他「キャリアプランのヒアリングがない」「一方的に求人を紹介される」「応募を急がされる」「約束をまもらない」といった意見がありました。

信頼出来るキャリアアドバイザーっているの?

このようにキャリアアドバイザーについての不満を並べてきますと、信頼出来るキャリアアドバイザーっているの?と思ってしまうかもしれません。

結論から申し上げますと「います!」。

ここで上げた不満は一部のキャリアアドバイザーに対するものでもあります。

実際に不満も多くありますが、その一方で感謝の声が聞こえているのも本当のところです。

そして、この「感謝の声」を上げている求職者は、転職活動を行った人のうち、約15%~20%程度でしょう。

この15%~20%という数字は、いわゆる転職エージェントに登録して、その登録した転職エージェント経由で転職活動を行った方の割合になります。

先にも述べましたとおり、キャリアアドバイザーは特別な資格や資質が無くて成れる職業でもあるのです。

よって、どんなタイプのキャリアアドバイザーがみなさんの担当になるかが重要なのです。

転職エージェントを使わない!?

今までは、「転職エージェントのキャリアアドバイザーが使えるのか?」または「信頼出来るのか?」といった事や、キャリアアドバイザーの実態について紹介してきました。

しかしここでは少し視点を変えて、

「キャリアドバイザーは使えない!」から

「キャリアアドバイザーを使わない!」について考えてみたいと思います。

それでは、ここでみなさんにお聞きします。

みなさんは、キャリアアドバイザーに何を期待しますか?

職務経歴書の書き方ですか?

面接の受け答えについてですか?

これらのような事について、キャリアアドバイザーに相談する事は悪い事ではないでしょう。

転職をしたことが無い方にとっては、このようなことを疑問に思うのは当たり前です。

このくらいまでなら問題ありません。

しかし、求職者の中にはまったく自分の希望などについてまったく考えがまとまっていないにも関わらず、これから応募する求人企業の選択をキャリアアドバイザーに委ねてしまう人もいるのです。

そのような方には、転職エージェントに登録する前に、まずは自分の希望についてまとめてみることをおすすめします。

みなさん自身の人生、自分が主体で決めないでどうするんですか!?

【まとめ】転職エージェントは本当に使えないのですか!?

キャリアアドバイザーのタイプはさまざま。

転職活動をするにあたって、活動を成功させるにはみなさんにとってのベストなパートナーとの出会いが重要なのです。

転職は重要な転機であることは言うまでもありません。

だからこそみなさんが安心して転職相談が出来るキャリアアドバイザーと出会えるまで、複数社の転職エージェントへ登録することをおすすめします。

転職エージェント選びのポイントは、やはり何と言っても

何でも相談できる信頼出来るキャリアアドバイザーとの出会い

が重要なのです。

みなさんにとっての最適なキャリアアドバイザーと出会えれば、転職エージェントは最高に使える存在になるのです!

転職エージェントとは?年代別で使う転職エージェントは違います!