転職エージェント おすすめランキング!各社を徹底比較します。

転職エージェントを徹底解説!登録すべきおすすめの転職エージェントをご紹介

『おすすめの転職エージェントが知りたい!』

『評判の良い転職エージェントってどこですか?』

『はじめての転職ですが、大手転職エージェントに相談すれば間違い無いですよね?』

はじめて転職をする人は、どの転職エージェントに登録するのが良いのか迷いますよね。知っている会社名も少しだけ、各社のサービスの違いもまったく分からない、そんな感じの方が多いことでしょう。

このページでは、利用者から寄せられた口コミや評判をもとに、おすすめの転職エージェントをランキング形式で紹介しています。

「キャリアアドバイザーの質」「求人数」「面接対策等の転職支援サービス」等を総合的に分析・評価して「おすすめ」の転職エージェントを選びました。

 

Dr.転職プロ!

「こんな事になるなら、転職なんかするんじゃなかった。」と後悔しないためにも、みなさんにとってのNo.1転職エージェントを見つけましょう。

目次

【はじめに】正しい転職エージェントの選び方

 

正しい転職エージェントの選び方とは、

ベストなキャリアアドバイザーとの出会い

と言えます。

この人なら信頼できる!と思えるキャリアアドバイザーと出会えるまで、何社かの転職エージェントに登録してみる事が重要です。

転職エージェントのサービスの流れ06

そして、転職エージェントには各社に強みと弱みがあります。

希望する業種や職種に強みのある転職エージェントを選びましょう。

【Q&A】転職エージェントを10倍うまく活用しよう

Q1) 転職サイトと転職エージェントの違いって何ですか?

A) 実はオドロキなのですが、転職活動をしている人ですら、この2つのサービスを理解していない人が多いのです。

転職活動をしている500人を対象に「転職」に関するアンケート調査をした際、転職サイトと転職エージェントの違いについて

45%が「理解している」、または「何となく理解している」

と答えたのです。

 

Dr.転職プロ!

ハッキリ言ってこれは大問題です!

これらのサービスの違いを知っていれば、転職活動成功の近道になるはず。

しっかりと各サービスについての理解をしておきましょう。

転職サイトと転職エージェント。この違い、ちゃんと理解していますか?

Q2) キャリアドバイザーのプロとしての実力を知りたいのですが?

A) これはたった二つの質問によってクリア出来ます。

「この業界に入られて何年経ちますか?」

「(私が希望する会社の)社員何人と話した事がありますか?」

これだけで、そのキャリアアドバイザーが頼れるプロかどうかの判断がつくのではないでしょうか。

Q3) 信頼できる転職エージェントを見つける方法は?

A) これはひとつの方法しかありません。それは「複数」の転職エージェントに登録して、

各社の実力を比較

する事です。

この比較により、少しでも信頼出来る転職エージェントを選び抜くのです。

異業種に転職を考えている方

Q4) 何社の転職エージェントに登録すべきでしょうか?

A) おすすめは2~3社の登録でしょう。

これは各社との連絡などが複雑・煩雑になり過ぎるのを避けるためです。

4社以上では多いですし、3社でも大変かもしれません。

2~3社を利用するメリットとしては、

1) キャリアアドバイザーとの相性を比較できる

2) 多くの(非公開)求人を紹介してもらえる

という事が言えるでしょう。

転職エージェントは複数社に登録すべき!それでは何社まで登録すべき!?

【最新】転職エージェントの評判・口コミ一覧

Dr.転職プロ!

それでは、じっさいに転職エージェントを利用した方々の生の声を聞いてみましょう。

良い意見も悪い意見も双方ありますので、あまり偏った考えを持たずに参考にしてみてください。

口コミを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを投稿する

転職エージェント
平均:  
 92 レビュー
by N.J(33歳 ITコンサルタント) on 転職エージェント

外資系企業で働きたいと思ったのでJACエージェントを利用しました。JACを利用しようと思ったのは、外資系企業の情報が豊富だと聞いたからです。こういったサービスを始めて利用しますが、自分の良さを上手に引き出してくれるコンサルタントがいるので、落ち着いて転職活動を行うことが出来ています。離れたエリアの企業情報も多いので、登録して良かったと思いました。面接指導をして貰ったので、これから本格的な転職活動を行っていく予定です。

by S.N(38歳 企画営業) on 転職エージェント

大学の頃、希望の外資系企業に就職ができないので、不満があるまま決まった会社で働いていました。やはり、このまま働き続けるのは、厳しいと考えて、希望の外資系企業に挑戦したくなり、外資系企業の転職に強い「JACリクルートメント」に登録しました。外資系は未経験なので、厳しいことは覚悟していましたが、カウンセラーの方が未経験でも可能な外資系の仕事を紹介してくれたんです。気合で試験や面接を受けましたが、なんとか内定をゲットできました!

by E.N(32歳 総務) on 転職エージェント

パソナキャリアに登録した当初は「パソナ」との明確な区別がついておらず、派遣の仕事ばかりを紹介されるのではないかと心配していました。しかし登録の際にその旨を質問すると、「パソナ」と「パソナキャリア」が別会社であり、パソナキャリアでは正社員もしくは契約社員の仕事しか紹介しないということを丁寧に説明してもらえました。ですから正社員への転職しか考えていなかった私は安心して登録することができました。また登録後は、希望職種に就く為の職務経歴書の書き方をアドバイスしてもらったり、面接でよく聞かれる質問を教えてもらったりと、アドバイザーさんには色々と親切にしてもらいました。

by O.M(32歳 WEBマーケティング) on 転職エージェント

求人数が多いのは当然ですが、面接対策などサポートが充実しているのがdodaエージェントの良いところだと思います。特に模擬面接は本当にありがたかったです。担当者が面接官の役をしてくれて、本番さながらに面接の練習をするのですが、これがすごく役立ちました。私は面接が大の苦手で、これまでに何度も失敗していました。しかし、模擬面接をやったおかげで苦手意識がなくなり、かなり上手くできたのです。おかげで希望していた職種の内定を貰うことができました。

by S.R(35歳 ITコンサルタント) on 転職エージェント

転職活動は長引くと再就職が不利になると思い、出来るだけ短期間で終わらせたいと思っていました。そのため複数の転職サイトに登録しましたが、その中で1番求人数が多く使い勝手がいいなと感じたのがリクルートエージェントでした。
学生時代に就職活動をした経験はありましたが、その時は履歴書やエントリーシートだけで、職務履歴は存在しませんでした。そのため職務履歴の書き方が最初分からなかったのですが、サポート体制が充実していて、職務履歴を添削しアドバイスしてくれました。おかげで転職活動を始めてから1ヵ月という期間で、希望の職種の内定をもらう事が出来ました。

Page 1 of 19:
«
 
 
1
2
3
 
»
 

【評判・口コミ】転職エージェントを利用した転職体験談

転職エージェントを利用した転職体験談について、職種や特徴ごとに代表例を紹介します。

第二新卒の転職体験談

リクルートエージェントに登録 ★★★★☆
Y.I(24歳 営業)

入社して半年足らずで、どうしても会社の雰囲気が合わずに退職してしまいました。同期では一番最初でしたので、課長にもう少し頑張れと言われ「今辞めたら、転職しても同じ事を繰り返すぞ」とも言われました。辞める事に不安が無い訳では無かったのですが、どうしても社風が合わずに辞めてしまいました。次の会社はどう選んでいいのか途方に暮れながらもリクルートさんに登録をしました。そこで今後のやりたい事や希望する会社の雰囲気などをお伝えすると、いろいろと希望に沿った会社を紹介してもらえました。相談をしていると不安な気持ちが解消され、前向きに転職活動が出来ました。

>リクルートエージェントの紹介へ

メーカーへの転職体験談

メイテックネクストに登録 ★★★★★
W.E(33歳 機械設計)

新しい上司とあまりに反りが合わず、会社を辞めようと思いました。しかしマイホームも買ってしまい、家族も養わなければならない中、正直転職は難しいだろうと考えていました。転職の経験も無いので、ダメ元で人材紹介に登録してみたのですが、なんと自宅から通勤可能な会社を紹介いただき、内定まで頂けたのです。正直こんなにスムーズに転職が決まるとは思いませんでした。

>メイテックネクストの紹介へ

SIer(システム会社)への転職体験談

ワークポートに登録 ★★★★☆
T.N(28歳 SE)

まわりの先輩がどんどん転職をしてしまうし、お客さんへの常駐がイヤだと思っていました。今のままでいると将来体力が限界だと思い、すごく不安な気持ちが芽生えてしまったのです。転職したら、もう少し精神的に余裕が出来るかなと思い活動を開始しました。担当の方に今の現状を話し、今後の希望なども伝えたところ、希望にあった会社を紹介してもらえました。面接なんかも良く分からなかったのですが、いろいろと指南も頂けました。担当の方が本当に親切だったので、いろんなことを相談出来たのが大きかったです。

ワークポートの紹介へ

外資系企業への転職体験談

JACリクルートメントに登録 ★★★★☆
U.T(32歳 営業)

前の会社でも営業だったのですが、個人毎に目標があるわけでもなく、評価もチームでされるので、ボーナスなんかも差が出ない会社でした。出世する人もどちらかと言うと上司に気に入られないとダメ。個人としてはかなり売上げでいたので、正直面白くなくて転職。外資系のクラウドサービスを取り扱う会社に転職したのですが、ちょっと不安でした。でも実際入ってみると、イメージと違い、キャリアアドバイザーの人が言ってた通りでした。自分には合ってる会社だし、満足しています。

JACリクルートメントの紹介へ

金融業界への転職体験談

dodaエージェントサービスに登録 ★★★★★
M.Y(23歳 営業)

どうしても地元に帰らなければならなくなりました。でも大きい会社といえば、ほとんどが支社や支店ばかりです。転職してもまたいつかは異動をしなければならないかもしれません。何か良い方法は無いかと考えたのですが、答えがみつからず人材エージェントに登録したのです。そこで紹介してもらった会社は銀行でした。正直驚きました。でも安定はしているし、親族も喜ぶだろうと思い試験を受けると合格できたのです。自分では考えていなかった銀行に、晴れて入行出来たのは本当に助かりました。ありがとうございました。

>dodaエージェントサービスの紹介へ

女性の転職体験談

パソナキャリアに登録 ★★★★☆
S.M(26歳 営業)

担当の方が女性の方でとても話しがしやすかったです。ちょうど結婚をするタイミングでしたので、いろいろ今後の将来も一緒に考えながらアドバイスをしていただけました。すごく親身で頼りになりました。ありがとうございました。

>パソナキャリアの紹介へ

【最新】転職エージェントの評判・口コミ一覧へ!

【How to】転職エージェントの選び方テクニック

一番のおすすめの転職エージェントを紹介したいところですが、じつはこのおすすめの会社は、みなさんの今までの経験やこれから希望する会社などにより「みなさんにとってのベスト」はさまざまなのです。

まずは【おすすめ】転職エージェント10選!を紹介させて頂きます。各々の会社の特徴なども明記しておりますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

さらに【職種・業界別】【エリア別】【働き方別】でおすすめの会社を紹介して行きます。

 

Dr.転職プロ!

転職活動を成功させる近道は、みなさんにとっての「ベストな転職エージェント」の「ベストなキャリアアドバイザー」との出会いです。まずは各社の特徴をしっかりと理解する事から始めましょう!

【おすすめ】転職エージェント10選!

ここからは、安心して利用できる、登録すべき「特選10社のおすすめ転職エージェント」を紹介いたします。

リクルートエージェントをおすすめする理由

リクルートエージェント

1) 業界最大手の転職エージェント

2) 圧倒的な転職支援の実績数

「売上げ(転職支援人数)」「従業員数(キャリアアドバイザーなどの人数)」が業界ナンバー1の最大手の転職エージェント。

「約30万人の転職成功実績」「年間で2万3,000名以上の転職を実現」とまさしく業界トップの実績を誇ります。

この転職支援の実績の多さがノウハウとして蓄積され、さらに独自のサービスなどを展開することにより、多くの求職者の方の転職活動を支援しているのです。

リクルートエージェントリクルートエージェントの特徴や評判など、徹底解説!

リクルートエージェントの評価
総合評価
(4.5)
求人の質と数
(5.0)
アドバイスの内容
(4.0)
親身・熱心さ
(3.5)

dodaエージェントサービスをおすすめする理由

dodaエージェントサービス

1) 業界第2位の最大手クラス

2) キャリアアドバイザーの質に定評有り

dodaエージェントサービスとはパーソルホールディングスの転職エージェントサービス。

パーソルホールディングスは、東証一部上場の大手総合人材サービス会社で、テンプホールディングスとインテリジェンスホールディングスが合併して誕生したガリバー企業です。

dodaエージェントサービスは、年間18,000人以上の転職成功をサポートする転職エージェント会社で、業界最大手の一角となっております。

dodaエージェントサービスdodaエージェントサービスの特徴や評判など、徹底解説!

dodaエージェントサービスの評価
総合評価
(4.5)
求人の質と数
(5.0)
アドバイスの内容
(4.0)
親身・熱心さ
(4.0)

パソナキャリアをおすすめする理由

1) お客様目線でのサービスを提案

2) 全国への拠点展開

パソナは人材派遣で有名ですが、パソナキャリアは主に人材紹介サービスを展開しています。

自社の利益よりも顧客満足度を重視する「クレド経営」を指針としていて、これがパソナキャリアの最大の特徴と言えるでしょう!

ここまで「顧客第一」をモットーにしている転職エージェントはありません!

パソナキャリアの特徴や評判など、徹底解説!

パソナキャリアの評価
総合評価
(4.0)
求人の質と数
(3.5)
アドバイスの内容
(4.0)
親身・熱心さ
(4.5)

マイナビエージェントをおすすめする理由

マイナビエージェント

1) マイナビグループの知名度の高さ

2) 薬剤師と看護師の転職支援に強い

マイナビのサービスは、人材ビジネスから総合情報まで幅広いジャンルで展開されていますが、とくに就活学生向けの「マイナビ」が有名で「リクナビ」と二強と言われています。

人材紹介のマイナビエージェントは、総合型ではありますが、「薬剤師の転職支援」と「看護師の転職支援」に強みがあります。

薬剤師さんや看護師さんが転職をお考えになる時には、おすすめの転職エージェントと言えるでしょう。

マイナビエージェントの評価
総合評価
(3.5)
求人の質と数
(3.0)
アドバイスの内容
(3.5)
親身・熱心さ
(4.0)

JAC リクルートメントをおすすめする理由

JACリクルートメント

1) 業界3位の最大手クラス

2) 外資系企業・ミドルクラス以上に強み

業界の売上げ高ランキングでは堂々3位の大手転職エージェント。

ロンドン発祥の日系転職エージェントでグローバルなネットワークを持っている点で、他社と違った一面を持つ転職エージェントなのです。

外資系企業を得意とするJAC リクルートメントは、600万円以上の求人が充実していてミドル層以上の方にとって大変魅力的な転職エージェントと思います。

JAC リクルートメントJAC リクルートメント(JAC Recruitment)の特徴や評判など、徹底解説!

JAC リクルートメントの評価
総合評価
(4.0)
求人の質と数
(4.0)
アドバイスの内容
(4.0)
親身・熱心さ
(4.0)

type転職エージェントをおすすめする理由

type転職エージェント

1) 転職サイトの「@type」を運営

2) 人材ビジネスとして老舗

キャリアデザインセンターは人材紹介の「type転職エージェント」と転職サイトの「@type」を運営しています。

WEBサイトがメインとなる以前、求人情報は紙媒体(雑誌)が中心でしたが、当時は転職情報誌を発行していたのがリクルートの「B-ing(ビーイング)」、そしてキャリアデザインセンターの「type」のみ。この2社による独占だったのです。

このように転職情報誌の時代から培ったノウハウは、やはり他の転職エージェントより秀でている点なのでしょう。

type転職エージェントtype転職エージェントの特徴や評判など、徹底解説!

type転職エージェントの評価
総合評価
(3.0)
求人の質と数
(3.0)
アドバイスの内容
(3.0)
親身・熱心さ
(3.5)

Spring転職エージェント(アデコ)をおすすめする理由

Spring転職エージェント(アデコ)


1) 人材サービスで「世界No.1シェア」

2) 外資系企業に強い

アデコの転職エージェントブランド「Spring(スプリング)」は世界規模で展開するブランドであり「Spring Professional(スプリング・プロフェッショナル)」とも呼ばれています。

Spring Professionalは、アジアおよびヨーロッパ16カ国に、79のオフィスを構え、合計700人以上のコンサルタントを擁するアデコグループの転職エージェントブランドなのです。

転職支援のプロが、新卒からエグゼクティブまで幅広い人材に対してコンサルテーションを提供しています。

Spring転職エージェント(アデコ)Spring転職エージェント(アデコ)の特徴や評判など、徹底解説!

Spring転職エージェントの評価
総合評価
(4.0)
求人の質と数
(3.5)
アドバイスの内容
(4.0)
親身・熱心さ
(4.0)

エン エージェントをおすすめする理由

エン エージェント

1) 非公開求人1万5千件のご紹介

2) 専任担当者が転職活動をサポート

転職サイトの「エン転職」で有名なエン・ジャパンが運営する転職エージェント、それが「エン エージェント」です。

エン・ジャパンのサービスは、女性のため・ミドル世代のため・若手ハイキャリアのため・派遣社員のため・アルバイト探しのため・家事と育児と仕事を両立する女性のため・学生のため、といったように様々な方のための人材情報サイトを運営しています。

これらのノウハウをもとに、エンエージェントでは役立つ情報を提供してもらえることでしょう。

エン エージェントの評価
総合評価
(3.0)
求人の質と数
(3.0)
アドバイスの内容
(3.0)
親身・熱心さ
(3.0)

ワークポートをおすすめする理由

ワークポート

1) IT・クリエイティブ職種に強い

2) IT業界出身の転職コンシェルジュ

「IT・クリエイティブ関連職種に強い」と言われている転職エージェントと言えばワークポートがあげられます。

ワークポートは今でこそ総合型の転職エージェントですが、以前は特にITやクリエイティブ系職種に強みがあり、多数のIT系企業へ転職を支援した実績があります。

そして転職コンシェルジュ(キャリアアドバイザー)は、元エンジニアや元プログラマーと言ったIT業界出身が多数在籍していますので、エンジニアにとって専門性の高いサポートも期待できます。

ワークポートワークポートの特徴や評判など、徹底解説!

ワークポートの評価
総合評価
(4.0)
求人の質と数
(3.0)
アドバイスの内容
(4.0)
親身・熱心さ
(4.0)

ハタラクティブをおすすめする理由

ハタラクティブ

1) 未経験からでも大丈夫

2) 就活アドバイザーがマンツーマンで対応

ハタラクティブは20代を中心とした、既卒・フリーター・第二新卒の方々を対象とした転職支援サービスです。

また、今まで正社員として働いた経験が無い方でも、正社員として働けるように転職支援を行いますし、フリーターの転職支援の実績も多くあります。

新卒学生や中途社員向けのサービスはたくさんありますが、フリーターの方のサポートが充実しているのは、ハタラクティブらしさを感じます。

ハタラクティブの評価
総合評価
(1.0)
求人の質と数
(3.0)
アドバイスの内容
(3.0)
親身・熱心さ
(2.5)

【最新】転職エージェントの評判・口コミ一覧へ!

【顧客満足度】オリコンが利用者ランキングを発表!

ランキング調査大手のオリコンが、転職に関するランキング調査を実施しました。

本調査では、利用して良かった「転職サイト」や「転職エージェント」について調査をしました。また、「看護師転職ランキング」や「ハイクラス・ミドルクラスの転職」などにも調査を実施しています。

転職エージェント満足度調査では、過去7年間でエージェントサービスを利用した経験のある3,000名以上の方にアンケートを実施。

ヒアリングについては、

「利用のしやすさ」
「担当者の対応」
「紹介案件」
「紹介案件の質」
「交渉力」

といった項目で行い、これらの総合点でのランキングとなっています。

結果は以下の通りとなっています。

総合ランキング

顧客満足度ランキング!
  1. パソナキャリア
  2. リクルートエージェント
  3. Spring転職エージェント
  4. マイナビエージェント
  5. エンエージェント

堂々の1位に輝いたのはパソナキャリア。「利用のしやすさ」「担当者の対応」「紹介案件の質」「交渉力」で1位を獲得しています。

 

Dr.転職プロ!

「紹介案件」では1位はとれませんでしたが、もし今後パソナキャリアの求人保有数が増えたら、圧倒的なナンバー1転職エージェントになることでしょう。

 

一方、業界ナンバー1の売上げ規模を誇るリクルートエージェントの各項目のランキングはチェックしてみましょう。
こちらは、「紹介案件」では堂々の1位を獲得。さすがスケールがでかいリクルートエージェントらしい結果です。そしてそれ以外の「利用のしやすさ」「担当者の対応」「紹介案件の質」「交渉力」はすべて第2位となっていました。

ちなみにパソナキャリアに寄せられているユーザーの声を引用しますので、参考にしてみてください。

・担当者は積極的に面談を設定して頂き希望の求人を非常に尽力して、紹介してくれた。(20代/男性)

・企業との日程調整を問題なく対応してもらえた。内定後に挨拶した際、自社の取り組みについて社内(一部)を案内してもらえた。(40代/男性)

・親身で、尚且こういうのもいいのでは?と第一希望のやりたい仕事よりも、自分に向いていて経験ある仕事など一緒に考えてくれた(30代/女性)

・面接対策をしっかりと行っていただいた。また、入社してから仕事内容が異なって困った点に関しても、対応はしていただけた。(30代/女性)

・転職先の希望企業の担当者に、事前に人物像などを、細かに伝えてくれていた様で、スムーズに採用決定に至ることができた。(50代/男性)

・自分では知らなかった条件の合う仕事を紹介してくれたのでよかった。次々と提案してくれて信頼できる紹介会社だと感じた。(30代/女性)

・いままで、まず書類で落とされることが多かったが、こちらを使ってから百発百中で通るようになった。(20代/女性)

・ドリンクとかもあって、カフェみたいな感じだった。パソコンで履歴書作成とか出来て助かった。(30代/女性)

・転職できる案件を紹介してくれたこと。就職先が決まったら、職員の方が皆で拍手してくれたこと。(50代/男性)

・担当者は積極的に面談を設定して頂き、希望の求人を非常に尽力して紹介してくれた。(20代/男性)

さすがパソナキャリアと思えるのが、このようにユーザーの声を聞いていても、男女・年齢を問わず幅広い層から認知されているという点です。

年代別で見る満足度ランキング

続いて、年代別での満足度ランキングについて紹介します。

20代に人気の転職エージェント
  1. マイナビエージェント
  2. dodaエージェントサービス
  3. リクルートエージェント
30代に人気の転職エージェント
  1. JACリクルートメント
  2. Spring転職エージェント
  3. リクルートエージェント
40代に人気の転職エージェント
  1. リクルートエージェント
  2. パソナキャリア
  3. マイナビエージェント
50代に人気の転職エージェント
  1. パソナキャリア
  2. マイナビエージェント
  3. リクルートエージェント

男女別で見る満足度ランキング

男性に人気の転職エージェント
  1. JACリクルートメント
  2. Spring転職エージェント
  3. パソナキャリア
  4. リクルートエージェント
  5. エンエージェント
女性に人気の転職エージェント
  1. パソナキャリア
  2. リクルートエージェント
  3. マイナビエージェント
  4. Spring転職エージェント
  5. エンエージェント

 

Dr.転職プロ!

いかがでしたでしょうか。

年代別で見ても、男女別で見ても人気の転職エージェントは違ってくるのがお分かりになって頂ける事でしょう。

なかでも総合ランキング上位の「パソナキャリア」や「リクルートエージェント」等は転職相談で頼りになる事間違いナシです!

今後転職活動を始めるにあたって、上記のランキングなども参考にして見るのは良いかもしれませんね。

【職種・業界別比較】おすすめ転職エージェント

おすすめの転職エージェントの選び方は、

1) 大手転職エージェントへの登録

2) 専門特化型の転職エージェントへの登録

と、最低2社の転職エージェントへの登録です。

希望する業界・職種が決まっている方には特におすすめです。

転職エージェントの専門性をしっかりと研究して、賢く転職エージェントを選んでください。

IT業界で働きたい人におすすめ

ワークポート

「IT・クリエイティブ関連職種に強い」と言われている転職エージェントと言えばワークポートがあげられます。

サービス拠点も東京本社・五反田オフィス・大阪オフィス・福岡オフィス・横浜オフィス・名古屋オフィス・仙台オフィスとありますので、幅広いエリアで対応を行っています。

ワークポートの紹介へ

メーカーで働きたい人におすすめ

メイテックネクスト

モノづくり系エンジニア専門の転職エージェントといえばメイテックネクストでしょう。

1974年の設立以来、設計・開発や生産技術を中心に、優れた技術を持つエンジニアを延べ数千社に及ぶメーカーに派遣してきた「メイテックグループ」の一員ですので業界情報などの点でも他社より一歩秀でています。

80%が損?メイテックネクストがエンジニアの転職におススメな理由メイテックネクストがエンジニア転職におすすめ?口コミ評判を検証

アパレル業界で働きたい人におすすめ

クリーデンス

アパレル業界で働きたいという方におススメなのが「クリーデンス」。

運営はパーソルキャリアが行い、掲載求人企業は、大手アパレル・ラグジュアリーブランド・人気セレクト、さらに職種もデザイナー・パタンナー・MD・バイヤー・店舗販売等、様々な職種を紹介しています。

金融業界で働きたい人におすすめ

ムービンストラテジックキャリア

「外資系金融でバリバリと働きたい」といった場合、コンサルタントが全て金融業界出身の「コトラ」や、ファンド・M&A金融転職に特化した部門を持つ「ムービンストラテジックキャリア」などがおススメです。

一方、銀行や生命保険での営業等を希望なら、大手の転職エージェントの方が求人数も豊富ですのでおススメです。

外資系企業で働きたい人におすすめ

JACリクルートメント

外資系企業で働きたい場合におすすめの転職エージェントは「JAC リクルートメント」です。

JACリクルートメントは、1975年にイギリスから発祥した転職エージェント。

そして今では日本はもちろんのこと、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、中国、韓国、香港、ベトナム、インド、そして発祥の地である英国で転職支援サービスを提供しています。

JACリクルートメントの紹介へ

第二新卒の人におすすめ

リクルートエージェント

第2新卒を専門とした転職エージェントもあるのですが、やはり求人数や今までの転職支援数などを考慮すると最大手のリクルートエージェントを利用することが良いでしょう。

20代ではこれが最後の転職!という強い決意のもと「失敗しない転職」を叶えてほしいので、実績充分のリクルートエージェントに登録する事をおすすめします。 

>リクルートエージェントの紹介へ

【最新】転職エージェントの評判・口コミ一覧へ!

【エリア別比較】おすすめ転職エージェント

職種や業種によって、その分野に強みがある転職エージェントがあるならば、「エリア別」でも転職エージェントの特徴があります。

エリア別でのおすすめを、まずは拠点があることを前提に、「求人数」で比較してみました。

大阪で働きたい人におすすめ

リクルートエージェント(3,395件)

JACリクルートメント(1,300件)

dodaエージェントサービス(要問合せ)

名古屋で働きたい人におすすめ

リクルートエージェント(2,800件)

Spring転職エージェント(1,200件)

JACリクルートメント(500件)

福岡で働きたい人におすすめ

リクルートエージェント(1,000件)

パソナキャリア(690件)

Spring転職エージェント(600件)

リクルートエージェント

大阪・名古屋・九州に拠点があり、そのすべてのエリアで求人数が1位だったのは、リクルートエージェントでした。

さすが業界最大手のリクルートエージェントです。

>リクルートエージェントの紹介へ

【最新】転職エージェントの評判・口コミ一覧へ!

【働き方別比較】おすすめ転職エージェント

今の社会では、働き方も多様な時代です。

価値観やワークライフバランスから「働き方の選択肢」が多い社会というのはとても良い事だと思えます。

「働き方で選ぶ転職エージェント」では、

1.「顧問として働きたい」

2.「女性が活躍出来る職場で働きたい」

といった人におすすめの転職エージェントを紹介します。

顧問として働きたい人におすすめ

i-common

顧問とはみなさんが個人事業主となり、企業と顧問契約をすることです。

正社員で働いているとちょっとピンと来ない「働き方」、「顧問って社員なの?」そんな疑問の声も聞こえてきそうです。

顧問サービスで有名なのが、パーソルキャリアの「i-common(アイコモン)」。

登録されてる年齢層は40代以上がほとんどで、今までの経験や人脈を活かして顧問契約をしているケースがほとんどです。20代~30代の登録はほとんどありません。

「i-common(アイコモン)」によりますと、同サービスに登録している年齢層は「60~64歳」が一番多く34%、次に「65~69歳」で28%となっております。続いて「55~59歳」の16%で、実に「55歳~」で全体登録の78%となっているようです。

一方、若手のニーズが無いのか?というとそんな事はありません。最近の傾向で見ますと、特にIT分野では20代~30代の若手の方を顧問として契約する会社も多いのです。

また顧問契約を希望する企業の所在地は、圧倒的に東京都が多くて全体の45%となっております。そして神奈川・埼玉・千葉と続いて、この一都三県で全体の86%を占めています。

おそらく今まで選択肢には無かった「顧問」という働き方。ご興味のある方は一度パーソルキャリアの「i-common(アイコモン)」を参考にして見ると良いかもしれません。

女性が活躍する職場で働きたい人におすすめ

パソナキャリア

パソナグループは、年齢・性別・国籍・雇用形態などの違いや障害の有無に関わらず、一人ひとりの能力を最大限に発揮するための人事施策を立案・実施してきた先進的な会社です。

パソナは、「女性社員の割合が59%」「役員の女性比率が22%」「全管理職に占める女性の割合49%」「女性社員の出産後の復職率100%」と女性が活躍していて、それゆえ女性が活躍出来る求人企業にも敏感です。

女性が活躍しやすい・活躍している会社をよく理解しており、逆に女性が活躍出来ない会社などについても熟知しているのでしょう。

>パソナキャリアの紹介へ

【最新】転職エージェントの評判・口コミ一覧へ!

女性の転職を応援!20代・30代・40代の女性は必見の転職サービスランキング!

【FAQ】よくある質問について

1) おすすめの転職エージェントを教えてください。

おすすめの転職エージェントは、その人が今どのような仕事をしていて、今後どのような希望を叶えたいかで違ってきます。ぜひ、この特集を参考にして頂き、みなさんにとってベストな転職エージェントに登録してみてください。

2) 連絡が来ないのですが、どのように対応すればよろしいでしょうか。

連絡が来ない、連絡が遅いという相談を受けることがあるのですが、この場合はその理由はさまざまなケースがあると思いますので、こちらからお問い合わせをしてみると良いでしょう。

3) キャリアアドバイザーの提案はどの程度信用して良いものでしょうか。

キャリアアドバイザーの実力は様々です。みなさんにとって本当に信用出来ると思えるキャリアアドバイザーとの出会いがとても重要になります。信頼出来るキャリアアドバイザーに出会えるまで複数社の転職エージェントに登録してみることをおすすめします。

4) 面談を受けることが出来ませんでした。自信をなくしてしまったのですが、これからどうしたら良いのでしょう。

面談を断られる理由はふたつ。みなさん自身の課題か、それとも転職エージェントの課題か、と言えます。お問い合わせを頂いた方は、ご本人に原因があるのではとお悩みのようですが、決してそうとは言い切れません。別の転職エージェントに登録してみることをおすすめします。

5) カウンセリングは電話でした。こちらの言いたい事を話せなかったのですが。

電話でのキャリアアドバイザーとの面談は、メリットもありますがデメリットもあります。このケースではデメリットとなっておりますので、直接会ってカウンセリングをしたい旨を伝えるべきでしょう。

6) 面接に自信がないのですが、どうしたら良いでしょうか。

このような場合は、ぜひ転職エージェントに登録して、プロのキャリアアドバイザーから模擬面接をするようにしてください。本番の面接に対する自信が見違えるほど変わってくるはずです。

7) 女性のキャリアアドバイザーが希望なのですが。

このようなケースは各転職エージェントで、対応が異なってきます。WEBからの登録の際には、キャリアアドバイザーの指名が出来ないはずです。登録後に転職エージェントからメールや電話で連絡があった時に、女性を希望とリクエストを出してみる事でしょう。実現するかどうかは、各転職エージェント次第となっております。

8) 複数の転職エージェントに登録した方が良いのでしょうか。

こちらは2~3社への登録がおすすめです。あまり多くの転職エージェントに登録してしまいますと、その後の活動が煩雑になってしまいます。

9) 転職エージェントからの連絡がしつこくてウザイです。はっきりと断っても良いのでしょうか。

これははっきりと連絡をしないよう断るようにしましょう。また今後もその会社のサービスを受けるつもりが無い場合には、退会の申請をすれば良いでしょう。

10) 私の担当が使えないのですが、どうしたら良いでしょうか。

これは担当変更を申し出るのが良いでしょう。この場合、担当を変更して欲しいという事を直接担当者に言うのは出来ないでしょうから、このような場合は「お客さま問い合わせ」に連絡することをおすすめします。転職はみなさんにとっての大事な転機です。それを信頼できない担当に任せて良いはずがありません。「お客さま問い合わせ」は各社のウェブサイトに掲載されていますし、万が一見つからない場合には代表番号へ連絡して見るのも良いでしょう。

11) 内定辞退をしたいのですが、どうしても切り出せません。

このようなお話しも良く聞くケースです。キャリアアドバイザーにすごくお世話になったのですが、自分が本当に行きたい会社は別の転職エージェント経由で受けていた会社。担当のキャリアアドバイザーについては、前者の方がはるかにお世話になり頼りにもなったというこのようなケースでも、やはり最後は正直に第一希望を優先すべきです。そしてそのお世話になったキャリアアドバイザーには丁寧にお礼を伝えるようのしましょう。

12) 今はフリーターとして働いています。転職エージェントに登録してサポートを受けられるのでしょうか。

転職エージェントには各社に特徴がありまして、第二新卒やフリーターの方々を専門に転職支援をしている会社もあります。そのような転職エージェントに登録すればサポートは受けられるはずです。

13) 担当のキャリアアドバイザーに恋愛感情が生まれてしまいました。どうしたら良いものでしょう。

担当のキャリアアドバイザーは、みなさんの希望を実現することを目的に、親身に転職相談に乗ってくれているのです。あくまでゴールは転職の成功。とても熱心に指導してくれるキャリアアドバイザーに親近感を覚えてしまうのでしょうが、そんな時には初心に戻ってみてください。あなたはなぜ転職エージェントに登録したのですか。その初心を思い返し、転職活動を成功させることに集中してください。そのような感情は恩を仇で返すことになります。

【最新】転職エージェントの評判・口コミ一覧へ!

転職エージェントとは?年代別で使う転職エージェントは違います!

【Info】転職に関するニュース一覧

転職に関する気になる情報をピックアップして紹介しています。

知っていて損の無い選りすぐりの情報が満載です。

(2019年7月)30代向けの就職支援サービス“就職カレッジ 30代コース”を初開催

20代の既卒・第二新卒・フリーターを対象に転職支援を行っている(株)ジェイックが30代向けのサービスを9月末に開催するようです。

20代向けの就職カレッジとは、正社員として働いた経験の無いような人やフリーターとして働く人に対して、一定期間の研修を受けてもらい「正社員」として就職・転職支援を行うサービスで、20,000名以上の就職支援と多くの実績があります。

20代での実績をもとにいよいよ30代に対して始める新サービスで、就職カレッジ30代コースとは30歳~34歳までを対象にした就職支援サービスになります。

本サービスを開始する背景は以下の事が要因となっています。

政府は「就職氷河期世代支援プログラム」の実施を発表しました。

「就職氷河期世代支援プログラム」とは、今後3年間で、正規雇用で働く人を30万人増やす数値目標を掲げているプログラムです。

バブル崩壊の影響を受け、正規雇用につけなかった現在30代半ばから40代半の就職氷河期世代を対象にしています。

就職氷河期世代支援プログラム関連参考資料によると、35歳~44歳の非正規の職員・従業員や非労働人口のうち90万人は、正規雇用を希望しています。

上記の政府方針をもとに、ジェイックでは試験的に30~34歳の就職支援を実施。20代向けの就職カレッジを30代を対象に実施したところ、その結果はじつに「就職率は65%」を超えたそうです。

30代で転職を考えている方は、ジェイックのサービスをチェックしてみるのも良いのではないでしょうか。

(2019年6月)終身雇用制度「必要ない」が54.3%、~ワークポート調べ~

総合人材紹介会社のワークポートが、全国の転職希望者405人を対象にアンケートを実施しました。

本アンケートの内容は「終身雇用」について。

そこで意外な結果が出てきましたので、ここで紹介します。

Q) 今の会社で定年まで働きますか?
A) はい 31.4%、いいえ 68.6%

Q) 終身雇用制度は必要ですか?
A) はい 45.7%、いいえ 54.3%

Q) 年功賃金制を支持しますか?
A) はい 28.1%、いいえ 71.9%

これが国民すべての総意とは言いませんが、かなりの方々が終身雇用制度は必要無いと答えているのが印象的でした。

おそらくこの結果は、年代によってかなり差が出る項目なので、アンケート回答者の年齢や地域などの人数が偏っているとあまり正しい結果になるとは思えません。

しかし、それでも気になる結果でした。

(2019年6月)マイナビが入社間もない新入社員にアンケート、そこでは意外な結果が!

マイナビが「2019年新入社員1か月後の意識調査」のアンケートを実施して、その結果を発表しました。アンケートの対象者は新卒入社した男女800名(22歳~23歳)。

そんな新入社員の皆さんにアンケートを実施したところ、驚きの結果が判明しました。

アンケートの内容は、いくつかの項目に分かれているのですが、その中のひとつに「就職活動をやり直したいと思いますか?」という質問があります。

そしてその回答結果で、なんと53%の新入社員が「就職活動をやり直したい」と答えているのです。
転職についての意識調査もあるのですが、そこではじつに約4割の人が5年以内での転職を考えているというのです。

就職活動で失敗したと考えている方は、転職の際には同じような後悔をしないためにも転職のプロである転職エージェントと活動をすることが良いのではないでしょうか。

(2019年6月)5000人に聞いた転職したい会社ランキング、第2位はトヨタ – 第1位は?

2019年6月、パーソルキャリは同社が運営する転職サイト「doda」にて転職人気企業ランキングの調査結果を発表しました。

アンケートは全国のビジネスパーソン約5,000人を対象に実施されたようです。

本アンケートは年代も幅広く、20代から59歳までの会社員を対象に調査を行ったそうですので、まさしく日本のビジネスパーソンの総意と言っても良いかもしれませんね。

ランキング結果は以下の通りとなっています。

【5000人に聞いた転職したい会社ランキング】

1位 グーグル
2位 トヨタ自動車
3位 楽天
4位 ソニー
5位 アマゾンジャパン
6位 全日本空輸(ANA)
7位 キーエンス
8位 パナソニック
9位 三菱商事
10位 Apple Japan
11位 日本航空(JAL)
12位 リクルートホールディングス
13位 サントリーホールディングス
14位 ソフトバンク
15位 本田技研工業
16位 ZOZO
17位 東日本旅客鉄道(JR東日本)
18位 ヤフー
19位 伊藤忠商事
20位 電通
21位 資生堂
22位 JTB
23位 オリエンタルランド
24位 味の素
25位 日本マイクロソフト
26位 三井物産
27位 日立製作所
28位 花王
29位 東海旅客鉄道(JR東海)
30位 任天堂

いかがでしょう。ランキングの結果はナットクのいく結果になっていますでしょうか。

このような転職ランキングは、常にその時代の特徴を反映する傾向にあります。これは当然のことですよね。

たとえば本年度に16位にランクインしている「ZOZO」。

最近では前澤社長がやたらとメディアを賑わせていましたよね。その影響でしょう、昨年のランキングではなんと123位だったのが、いきなりの16位までジャンプアップしています。

ZOZOで働きたいと回答した方の意見としては、もちろん会社や会社のサービスに惹かれたのでしょうが、「社長に興味がある」「前澤社長の元で働いてみたい」といった意見もありました。

(2019年5月)20代が選ぶ「転職人気企業ランキング」、2位はGoogle 1位は?

就職情報サイトで有名な学情が、20代の社会人6,000人を対象に「転職人気企業ランキング」を実施し、その結果を発表しました。

1位はさすがの世界企業である「トヨタ自動車」、2位はこれまたワールドワイドでサービスが利用されている「Google」でした。そして3位はソニー、ソニーは一時期人気に陰りが見えた時期もありましたが、今では堂々の復活を遂げています。

このベスト3の結果からは「世界的企業」「常に挑戦者」などと言ったキーワードが浮かんできます。

ただ単に「大企業」だからといった事だけでは、さすがにベスト3に入るのは難しいのかもしれません。

【20代若手社会人が選ぶ人気企業】

1位 トヨタ自動車
2位 グーグル
3位 ソニー
4位 アマゾンジャパン
5位 ANA(全日本空輸)
6位 任天堂
7位 JAL(日本航空)
8位 パナソニック
9位 楽天
10位 オリエンタルランド
11位 江崎グリコ
12位 エイチ・アイ・エス
13位 日本生命保険
14位 JR東日本
15位 資生堂
16位 博報堂
17位 ヤフー
18位 富士通
19位 本田技研工業
20位 ZOZO

ベスト20は上記の通り。
やはり最近話題だったZOZOはベスト20に大きくジャンプアップしてランクインして来ました。

またその他の有名・話題企業のランキングをいくつかピックアップして見ると、LINEは23位、ソフトバンクは26位、Apple japanは35位、スターバックスコーヒージャパンは38位となっていました。 

【2020年卒の学生が選ぶ人気企業】

1位 伊藤忠商事
2位 味の素
3位 JTBグループ
4位 オリエンタルランド
5位 ANA(全日本空輸)
6位 エイチ・アイ・エス
7位 丸紅
8位 アサヒ飲料
9位 大日本印刷
10位 ソニーミュージックグループ
11位 三菱商事
12位 資生堂
13位 講談社
14位 KADOKAWA
15位 アサヒビール
16位 カゴメ
17位 森永製菓
18位 ロッテグループ
19位 JAL(日本航空)
20位 JR東日本

学生に人気の企業ランキングは、やはり社会人のそれとは変わってくるのですね。
1位の伊藤忠商事、2位の味の素、そして3位のJTB、たしかにこれらの企業は大変魅力的なのですが、ナント20代の社会人人気ランキングではベスト20にも入っていないのです。
逆に20代に人気の1位トヨタ、2位google、3位ソニーが学生の人気ランキングではベスト20に入ってこないのです。

この結果はかなり興味深いものですよね。

学生と社会人では、これほどまでに企業を見る目が変わって来るものなんですね。

【まとめ】転職エージェントを利用して転職活動をしよう!

本ページでは「転職エージェントを徹底解説!登録すべきおすすめの転職エージェントをご紹介」と題して、とくにはじめて転職をしようとされている方のために、転職エージェントのサービスの良い点・悪い点、またはおすすめの転職エージェントなどを紹介して参りました。

やはり結論といたしましては、はじめて転職をされる方は転職エージェントにご登録されて転職活動をする事をおすすめします。

職務経歴書の書き方であったり、面接の方法であったりと分からない事がたくさんありますよね。

これらの事をサポートしてくれるのが転職エージェントの強みです。

さらに言いますと転職エージェントのキャリアアドバイザーはたくさんの転職支援の実績がありますので、その経験から各求職者のみなさんとの事前面談で、みなさんがどのような点に気をつけながら転職活動をすべきかをアドバイスしてくれるはずです。

これほど心強い味方はいないですよね。各求人企業の面接担当者のお考えやその企業が欲している人物のイメージなども理解しているのがキャリアアドバイザーなので、ぜひキャリアアドバイザーと一緒に二人三脚で転職活動をすれば、成功への大きな近道になるかもしれません。

転職エージェントのサービスの流れ07