転職について相談したい。あなたが転職を相談すべき理想の相手とは!

会社辞める前に相談(転職支援のプロに相談)

転職の相談をしたい!

誰にも転職相談をせずに自分の意思で転職活動が出来る人もいれば、その一方で自分ひとりの考えでは不安なので、誰かに相談をしながら転職活動をしたいと思う人もいます。

タイプはいろいろです。

それでは、ひとりで転職活動をするのが不安な方は、誰に相談しながら転職活動をするのが良いのでしょうか。

転職相談の相手は、友人・家族・会社の先輩や同僚が考えられますが、誰が一番適任なのでしょう。

本ページでは、誰に転職の相談をすれば、みなさんの転職活動が成功に近づくのかを紹介します。

Dr.転職プロ!

はじめての転職活動。

または、自分のやりたい事がまとまっていない。

このような方は一人で転職活動を進めるのでは無く、かならず適任と思える相談相手を見つけたうえで転職活動を行いましょう。

会社を辞めたい気持ちばかりが先走り、安易に転職先を決めてしまい、結果的に転職した事が失敗だったと言う事になりがちなのです。

【はじめに】ズバリ!転職を相談する相手とは!

転職活動を始めるにあたって、または転職活動をしている時、

「何から始めたら良いか分からない」

「なかなか転職活動がうまく進まない」

といったような不安を感じる時があるかもしれません。

そんな時相談する転職活動について、誰に相談をするべきでしょう。ズバリ、

その相談相手とは転職エージェント

と思われます。

それでは、なぜ転職エージェントが転職活動の相談相手に最適と思われるのか、じっくりと説明していきます。

【リアルな転職事情】転職活動には不安がいっぱい

転職は労力もかかりますので、途中で不安や悩みも出てくることでしょう。こんな時にふと「まわりの誰かに相談してみたい」と思われたとしても当然です。

「この会社って良いのかな?何かウワサ聞く?」

「職務経歴書ってどんな感じで書けば良いんだっけ?」

「面接って何聞かれるの?自信無いなぁ。」

「やばい、書類が全然合格しない!」

こんな調子ですと、転職活動に自信が無くなってしまうことでしょう。

転職を諦めて「今の会社でもう一度頑張ろう!」となった人、それはそれで良い選択かもしれません。一方、「やっぱりどうしても会社を辞めたい!」と思う人は、なんとか今の状況を変えたいと思うでしょう。転職はしたいけど「今のままではどうにもならない!」と一人で悶々と悩んでしまう方も多いようです。

さてこのような状況になってしまったら、今後の転職活動をどうすれば良いのでしょう。いっそのこと、「転職活動は諦めるべき!?それとも先が見えないけど、続けるべき!?」このような悩みについて、どのように解決していくべきかを紹介して行きます。

一人で悩み続けても、解決は難しいかも

転職活動には色々な不安や悩みが付きまとうものです。みなさんの悩みはひとつひとつ違うものでしょう。そしてその悩みや不安とは、ひとりでも何とか乗り越えられるものと、なかなかうまく行かないものがあるはすです。

そして今までたくさんの求職者の方々の悩みや不安を聞いてきた中で、ひとつ言えることがあります。

それは、このような悩みや不安の解消には

時間がかかるケースが多い

という事です。

ひとりで悩みはじめてしまうと、問題解決の糸口がなかなか見つけられないようです。

たとえば「書類を提出してもいつも不合格」といったケース。これは大きく分けて2つの課題があると考えられます。

ひとつは、そもそもみなさんの今までのキャリアでは応募した企業の採用条件と見合っていない、いわゆる「ミスマッチ」というもの。 そしてもうひとつは、みなさんの今までのキャリアで十分「書類合格」するはずなのに、書類の書き方が良く無くて不合格になってしまう場合。もう少ししっかりとアピールしていれば書類が通過する可能性もあるといったケースです。

このようなことは、ひとりで悩んでいてもなかなか解決にはつながりづらいケースですよね。

【FAQ】転職の相談相手は正しいですか?

それではひとりで悩んでいてもなかなか解決出来ないので、誰かに相談してみる事を考えてみましょう。

みなさんのまわりにいる方々を想像しながら一緒に考えてみてください。

友人に相談してみる

友人に相談してみる。

相談相手が親しい友人であったら、みなさんも本音で話しが出来ますし、今の会社の悩みについても話しがしやすいことでしょう。会社の同僚には話しづらいような話題についても相談が出来ることでしょう。

しかし友人への相談をするパターンでは、相談内容が「会社の愚痴」に偏る傾向があるようです。 そしてご友人はみなさんの愚痴に対して「えっ!?お前の会社そんなにヒドイの?」「そんな環境なら、すぐ辞めた方が良いよ!」といったアドバイスをすることでしょう。

友人や家族は、親身になってみなさんの相談にのってはくれますが、彼らは決して「転職のプロ」ではありません。みなさんにとって最も相談しやすい相手ではありますが、一緒になって今後のキャリアを考えるには不向きと思えます。

むしろ、どちらかというとみなさんの今の気持ちに「同調」して、むやみにみなさんの転職を煽ってしまう危険性もあるのです。

結論、多くの場合、友人への転職相談は不適切といえます。

家族に相談してみる

続きまして家族への相談はどうなのでしょう。

結論から先に申しますと、家族への相談もあまりおすすめはしません。

理由は「友人に相談」しない方が良いのとほぼ一緒です。家族への相談も友人の相談と同じく、みなさんの今の気持ちに「同調」しがちです。

そして当然ですが、家族の方々も「転職のプロ」ではありません。

あえて家族へ相談するならば、それは内定が出た後にその会社に行くべきかどうかを、今の会社の環境と比較して相談してみると良いでしょう。

そして実は「転職を誰かに相談しましたか?」といったアンケート結果を見てみますと、

「友人に相談」「家族に相談」

が一番多い回答になっています。

相談がしやすいというのは分かるのですが、「転職」の相談相手としてはあまり相応しくない方々と相談しているケースが多いようです。

会社の同僚や先輩に相談してみる

本当にみなさんが信頼出来ると思う会社の同僚や先輩なら、相談はOKと思います。一緒に机を並べて仕事をしている仲間ですので、みなさんの悩みなども人一倍理解もあるものでしょう。

また会社の先輩ですみなさんよりも今の会社の仕組みを理解していると思いますので、「もう少し頑張ってみれば、いつか○○○のようになれるよ」といった具体的なアドバイスをしてくれるかもしれません。

しかし一方では、たとえ信頼している同僚・先輩といえども、みなさんが転職しようとしていることをうっかり他の人へ漏らしてしまうことがあるかもしれません。そしてその話しが広まってしまった結果、みなさんが今の会社に居づらくなることも考えれます。

やはり会社の同僚・先輩への相談はおすすめする事出来ません。

このように考えて行きますと、なかなか誰に相談して良いのかさえも分からなくなって来ますよね。

【Q&A】不安や悩みは転職エージェントに相談!

友人・同僚、そして家族への相談も今ひとつという事になりますと、あとは誰に相談して良いのか途方に暮れてしまいますよね。

そこで、やはり「転職支援のプロ」である転職エージェントのキャリアドバイザーへの相談をおすすめします。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは転職支援のプロなので、いろいろな業界や職種に関する最新の転職市場動向、そして転職活動をすすめるにあたっての様々な転職ノウハウをアドバイスしてくれすはずです。

数多くの転職支援を行ってきた経験のある「転職のプロ」に、最適なアドバイスをしてもらいましょう。

Q1)自分に合った転職先が分からない

後悔しない転職先の見つけ方。

後悔しない転職先の見つけ方。これは言い換えると「次に働く会社、その会社は今以上に満足出来る」という事。

しかし、どうでしょう。いざ、そのようなに言われてしまうとあらためて不安になってしまうかもしれません。人によっては「なぜ、自分は転職活動をするのだろう?」とそもそものキッカケを考えるかもしれません。

難しい問題ですよね。

転職活動を行おうとする方々のキッカケは「不満」や「不安」が多いようです。転職活動を行う際に「スキルを高めたい」や「もっと能力を生かせるところに行きたい」といった前向きな理由をお持ちの方もいらっしゃいますが、そのような方はそんなに多くないのも現実なのです。

転職理由は人それぞれ。働く環境はそれぞれ違いますし、その環境があってるかどうかも人それぞれです。そこでポイントとなるのは「次に働く会社、その会社はおそらく今以上に満足出来るはず」という考えでOKなのです。

今以上の満足は人それぞれ、年収かもしれませんし、労働時間かもしれませんし、または人間関係かもしれません。 ここで最近の転職活動を行う理由ベスト3をアンケート結果より抜粋します。

アンケート結果のベスト3は以下の通りとなっておりました。

1位 給与に対して不満

2位 将来に対する不安

3位 労働時間の長さ

そして次点が僅差で「人間関係が良くない」

アンケート結果を見る限り、将来に対する前向きなキャリアアッププランというよりも、やはり現実的には現状に対する不安や不満の方が多いのが見受けられます。

これらのアンケート結果を見ていると、やはり転職活動をする多くの方は、「転職エージェント」を利用した方が良いものと思われます。

転職エージェントでは専任のキャリアアドバイザーが

「その会社の本当の給与とその後の昇給」

「社内の福利厚生(定年制や育児休暇など)」

「(求人票からは分からない)実際の残業時間」

などの情報を教えてくれます。

みなさんは転職に対して、きっとこのように思っているはず。

次に働く会社、その会社は今以上の会社のはず

それを実現するためにもやはり「次の会社の本当の実態」を知らないといけませんからね。

Q2)転職活動が不安で仕方ありません

転職活動そのものに対して、不安がいっぱいで行動出来ない人には、まず「自己分析が出来ていますか?」とお伺いします。

転職活動を行う時には、自己分析が重要になって来ます。みなさんが自分自身の分析が出来ていなければ、みなさんの事を人事の担当者は理解できませんよね。

自己分析と聞くと少し難しく思えるかもしれませんが、シンプルに言うとみなさんの「経験」と「希望」を指しています。

まずはみなさんの「経験」と「希望」の分析が必要なのですが、面接の際に人事担当者は「経験が7割」「希望が3割」くらいの割合でみなさんの評価をしている傾向にあるようです。この自己分析がしっかりと出来ていないと、転職が不安になってしまうのです。

それでは質問です。「みなさんは正しく自己分析が出来ていますか?」

いきなり上から目線での質問で申し訳ないのですが、これが本当にむずかしいのです。今までのみなさんの経験を魅力的に伝える事も難しいですし、希望もどこかあやふやになりがちです。せっかく受けたい会社があるのに、「なかなか職務経歴書が書けない」や「面接で何をしゃべって良いか分からない」といった感じで二の足を踏んでしまう方も多いようです。

自分の事を客観的に評価するのはかなり難しいことです。

しかしこれが出来ていないと後々大変です。たとえば面接の場面をイメージしてみてください。人事担当者に聞かれる質問は「転職理由」「今までのキャリア」「これからやりたい事」といった事が中心になります。

いかがでしょう、自己分析が出来ていないとなかなか答えられない質問ですよね。

これらの質問にしっかりと答えるには、やはり「自己分析」が重要になってきます。そして繰り返しですが、この自己分析がしっかりと出来ていれば、自然と転職に対する不安も軽減されるはずです

キャリアアドバイザーはみなさんの「キャリアのたな卸し(整理)」を一緒に考えてくれて、そしてみなさんのキャリアについて「どのようにアピール」すれば人事担当者に魅力的に映るのかなどのアドバイスをしてくれます。

また本番の面接の前に「模擬面接」と称して、キャリアアドバイザーと面接の練習をする事も可能なのです。アガリ症の方などは、ぜひこのようなサービスを事前に受けておくと良いかもしれませんね。

Q3)書類が通過しなくて困っています

希望の会社の面接を受けるには、その一歩手前で大きな関門があります。

それが書類選考です。

みなさんの「履歴書」や「職務経歴書」を人事や現場の責任者などがチェックをし、みなさんと面接をするかどうかを判断する「書類選考」が行われます。この書類選考を通過して、はじめてみなさんは面接の機会が与えられるのです。

希望の会社に転職する時の第一歩、それが「履歴書」や「職務経歴書」の作成なのです。志望度が高い企業で、もし書類通過すらしなかったら仕方ありません。そして、履歴書・職務経歴書の書き方にはポイントがあります。

それは一言で言い換えると

人事担当者が書類のどの部分を見ているか

という事です。

まずは書類選考に際しての基本をしっかりと確認しましょう。

(その1)履歴書、人事担当者はここを見ている!

1.年齢

現在は法規制により、求人票には募集年齢を表記出来ません(一部例外事由あり)。 当然ながら、求人票に募集年齢の表記がしていませんが、何歳の方でも募集対象者になっているわけでは無いのです。 企業の本音は、年齢はとても重視しているポイントです。

2.学歴

求人企業ごとに採用条件が違いますが、ある一定以上の条件を求めてくる場合があります。 高校からの学歴を明記しておくと良いでしょう。

3.職務経歴

みなさんが所属している会社の業界・業種、そしてあなたが配属されていた部署(職種などについて)について確認されます。履歴書では詳細の明記は必要ありませんので、どこの部署に所属していたかなどの概要の明記で良いでしょう。どのような実績を残したかなどについての詳細は職務経歴書で確認がされます。

4.浪人・留年・転職回数

職務経歴をチェックするうえで、人事の担当者は浪人や留年、そして転職回数などをチェックしています。卒業年月日や入社年月日、そして転職経験のある方は各々の所属企業の在籍期間などを正確に明記しておきましょう。

(その2)職務経歴書、人事担当者はここを見ている!

職務経歴書の書き方、これは初めて転職活動を行う人には分からなくて当然です。

さらに「職務経歴書の上手な書き方」と言われても、何のことかさっぱりと言った感じでしょうか。あらためて要点をまとめてみます。

1.そもそも職務経歴書とは、これまでどのような会社でどのような仕事をしてきて、そこでどのような実績を上げたかを確認する書類です。言い換えると、どのような能力があるのかをアピールする書類のことです。

2.職務経歴書はA4用紙に1~2枚でまとめることをおススメします。多すぎても担当者が読みきれない事もありえます。

3.職務経歴書の書き方としては、今までのキャリアを時系列にまとめていく方法が一般的です。また、職務経験をプロジェクト毎や業務内容単位でまとめて記載する方法もあります。こちらは主にIT業種などのエンジニア職などといった専門性の高い職種の場合にに向いている形式です。

4.年号の統一や会社名などは略さずに正式名称で記載するようにしましょう。 こう紹介してみても、やはり今ひとつピンと来ないかもしれませんね。そんな時には転職エージェントに登して、キャリアアドバイザーより履歴書や職務経歴書の書き方などについて添削指導などを受けてみるのも良いかもしれません。 書類作成に自信が持てない方は、ぜひ相談してみることをおススメします。

Q4)面接にまったく自信が持てません

転職エージェントに登録すると、「模擬面接」および「面接対策」を行ってくれる転職エージェントがあります。

はじめての転職活動となれば、当然ですが面接では緊張するでしょうし、何を話したら良いかまたは何を聞かれるのか分からなくて当然です。「人事担当者は何を重視して面接するのか」など多くの疑問や不安などが出てきますよね。

そこで本番の面接の前までに、転職エージェント会社のキャリアアドバイザーとの事前の模擬面接をおススメします。「模擬面接・面接対策」では、キャリアアドバイザーを企業の人事担当者と見立てて面接シミュレーションが行われます。

あらかじめこのような練習がしっかりと出来ていれば、いざと言う時の本番の面接でも緊張しなくなるかもしれません。面接当日をイメージしながら、キャリアアドバイザーより質問と回答の対策などが行われるのです。

さらに転職エージェントの強みは企業ごとの傾向を知っていることです。たとえば「A社の担当者はこのような質問が多くされる」であったりとか、「B社では一次面接の担当者が好む人材」であったりとかいった感じで、とても心強いばかりです。各々の企業の傾向を知り尽くしたキャリアアドバイザーが面接についての様々な角度からの対策サポートをしてくれます。

そして、このような事前の面接対策が出来るのは、今までたくさんの企業や同じ企業への転職支援をしてきたからこそなのです。今までの経験がノウハウとしてたまっているため、みなさんが受けたい企業に対しての事前対策が可能になるわけです。

Q5)条件次第で入社したいのですが

内定を頂いた会社の仕事内容には満足しているし、会社の雰囲気も悪くなさそう。かなり気に入っているのですが、年収が少し気になって入社をするかどうか決めかねている。

このようなケースもよく聞く話しです。

転職活動を進めている時には、何とか面接官にに気に入ってもらいたいため、本当は聞きたいけど聞けないことがあるようです。そうするとせっかく内定が出たとしても、入社をする決断が出来ないとい結果になってしまいます。

面接時に採用担当者から「何か質問はありますか?」の問いかけに対して、本当は「年収」や「残業時間」「職場の雰囲気」「有給休暇の取得状況」等々、気になっているけで聞けないでいる事も多いようです。

しかしご安心ください。

これらのことは転職エージェントを通して転職活動を行う事によって、すべてクリアされることなのです。転職エージェントではあなたが聞きづらいことをみなさんに変わりに求人企業に確認したり、または今までに転職サポートをした方からのリアルな会社情報(残業や会社の雰囲気)の情報収集をしてくれます。とても貴重なパートナーですよね。

さらに「年収」についても交渉してくれるのです。少し信じがたいですよね。

このように年収の交渉が出来る場面としては、みなさんの意志が「入社の意思を固めるのにどうしても年収が懸念になっている」「あと年収で30万円上がれば入社を決めたい」といったような場合です。意外にもこのようなケースで、求人企業がみなさんのリクエストに対応するケースがあるのです。

そしてこのような交渉はやはり個人では出来ないですよね。このような時でも転職エージェントのキャリアアドバイザーが頼りになるのです。

転職エージェントを徹底解説!登録すべきおすすめの転職エージェントをご紹介転職エージェント おすすめランキング!各社を徹底比較します。

【まとめ】転職について相談すべき相手とは

転職には悩みや不安が付き物です。

このサイトをご覧の皆様は今まさしく転職について考えていて、なかなか結論を出せないでいるので誰かに相談したいといった感じなのではないでしょうか。

「転職が不安に思える、だれかに相談したい!」

このように思う人はたくさんいますので、まずは不安や悩みを持つ事は当たり前という考えに切り替えてみてください。だれもが不安なのです。みなさんだけが不安というわけでは無いのです。

そしてみなさんの不安に対して適切なアドバイスをしてくれるのは、やはり一般的には転職エージェントのキャリアアドバイザーだと思います。

しかし一方、キャリアアドバイザーのキャリアもまったくバラバラですので、みなさんが本当に信用出来ると思えるキャリアアドバイザーに出会うのが「とても重要」なポイントになるのです。

相性が悪いやアドバイスが適格とは思えないといった場合には、キャリアアドバイザーの変更を申してみたり、または登録する転職エージェントそのものを変えてみるのも良いでしょう。

みなさんにとってのベストなキャリアアドバイザーとの出会い、それこそが不安や悩みを失くす道なのです。