転職の面接合格率を大幅アップするためには?面接本番までの事前準備

面接の合格率を大幅アップするためには!

面接に自信が持てない方へ。

面接は多くの人が緊張するもの。まず緊張することはさほどマイナスのポイントにはならない点を留意して面接にのぞんでください。

普段の会社生活では、さすがに人事面接と同じようなシミュレーションはありませんので、不慣れなのはみんな一緒です。あまり深く悩む点ではありません。

それでも面接が不安という方は、以下にある3点のみに注力してみてください。

この3点さえしっかりと伝える事が出来れば面接の通過率は一気にアップする事でしょう。

それではポイントとなる3つの要素を紹介します。

1.志望動機を明確にする

2.会社の概要を理解する

3.退職理由を明確に

この3点を明確に言えれば、みなさんの印象が大きく変わってくるはずです。

それでも、これだけでは自信が持てないという方には、転職エージェントへの登録をおススメします。

担当のキャリア・アドバイザーが「模擬面接」を実施してくれます。しっかりと準備をしておけば、本番で失敗をすうることも避けれる可能性が高くなります。

面接本番までの準備として

面接にどうしても自信が持てない方へのアドバイスです。

どうしても苦手と思われている面接ですが、

実はほとんどの会社で面接で聞く質問はほぼ一緒です。

意外に思われましたか?

あらかじめ聞かれる質問が分かっていれば、その回答をある程度用意しておけば良いのです。

面接で失敗しないための徹底ガイド!面接での質問集やノウハウなどが満載!

ここでの注意事項としては、あらかじめ回答を用意するといっても、マニュアルどおりに答えれば良いというものではありません。あくまでみなさんのやりたい事や今までのご経験を相手の担当者に分かりやすく伝える準備をするということなのです。

ここでは作り話しやウソを言って良いというわけではありませんのでご注意下さい。相手はプロです、ウソは見抜かれますよ。

おそらく面接の時間は1時間程度。その限られた面接時間の中で、何の準備もしていなければテキパキと質問に受け答えをすることも不可能でしょう。それゆえ想定される質問に対して自分の考えを整理しておくことが重要なのです。

そして準備のポイントとして、あくまで考えを整理しておく程度で準備しておくことです。どのような受け答えをするかのQ&Aを書面などで用意して、そのまま話すとそれこそ「不自然」で逆効果にもなります。あくまで頭の中のみでの整理をおススメします。

企業の面接ではこれを聞かれる!

それでは、具体的に面接で良く聞かれる質問集を以下に記します。これらの質問に対して、みなさんならどのような返答をするかのイメージをしておいてください。そして実際に声に出して軽く練習しておくのも良いでしょう。

1.志望動機

2.退職理由

3.今の会社での仕事内容

4.新しい会社で何をしたいか

5.転職回数が複数の場合は、その理由。またブランクがある場合は、その間に何をしていたか。

6.内定が出たら入社をする考えがあるか。または入社の時期についていつ頃が想定されるか。

7.現在受けている他社企業について

覚えておきたい、これが面接NG理由!

いざ面接をして、その結果が不合格だったりすると気持ちが落ち込むものです。

自分ではうまくいったと思っていても不合格になると「何がいけなかったのだろう?」と思い悩んだりもするこでしょう。

不合格の理由がはっきりとわかれば次の面接に活かせるのでは無いでしょうか。採用担当者による面接不合格の理由は、意外と共通しているケースが多いようです。

志望動機があいまい

どうしても入りたい企業なら、企業研究は当然のことですが、その会社への憧れだけを話すのではダメで、実際に入社したらどんな事を実現したいかを面接で語れなければいけません。

ただし、入社してやりたいことは、その企業の考えや方向性と大きく乖離しているとこれもマイナスポイント。面接官の話しを良く聞きながら、アピールすることが重要です。

会社の概要を理解していない

こちらも1と同様に、事前の準備をしておくべきポイントです。ホームページをしっかりと見て研究するなどはぜったいしておきましょう。

面接官は、その会社に関する質問については、100点満点の回答は求めていません。最低限の情報を事前に勉強し、自分なりの受け答えができているかがポイントとなります。

退職理由があいまい

退職理由があいまいであると、新しい職場でやりたいことが不明瞭に感じたり、また入社してもすぐに辞めてしまうのではと不安を与えてしまいます。

志望動機とあわせて退職理由も明確に話しが出来るように準備が必要です。

キャリアアドバイザーによる面接対策について

まずは面接対策のためにどんな準備が必要?

キャリアアドバイザーの面接対策は、本番の面接の予備練習でもあります。

よりリアルなお気持ちで行う事が重要ですし、そのためにも本番に近づけるよう「履歴書」「職務経歴書」の準備は必要です。

提出書類を用意しておけば、面接官役を行うキャリアアドバイザーも、より突っ込んだ質問も出来ることでしょう。

面接の基本について教えます

キャリアアドバイザーは面接にあまり自信が持てないというみなさんに対して、以下のような対策を行っているのです。

目線を合わせる!

「なんだ、当たり前のことでは!?」

このように思われる方もいらっしゃることでしょう。

しかし意外にも、面接に自信の無い方の中には、目線をあわせることが苦手な人も多いのです。

面接では目線を合わせる事が重要ですが、それが苦手な方にとっては大変な事なのです。

そしてそのような場合には、相手の目ではなく、口元を見て話すと良いと思います。

よく一般的にネクタイの結び目を見ると良いと言われたりしますが、それだと目線を落としすぎです。

ポジティブに話しましょう

ある求人企業でみなさんともう一人の求職者の面接が同時に進んでいたとします。

そして求人企業がふたりのうちどちらを採用するか悩んでいたとします。

つまりみなさんと同じような経験や・スキルをお持ちの求職者の方がいた場合、よりポジティブで意欲的な求職者の方に求人企業は魅力を感じるものなのです。

簡潔に話しをするように意識しましょう

採用担当者に質問に対しては、具体的な回答を意識しつつも、簡潔に話しをするようにしましょう。

簡潔に話しをするという事は、言い換えますと、話しが頭の中でまとまっていると言えます。

志望動機を明確にしましょう

志望動機を明確にすると言う事は、みなさんが応募する「企業の研究」をしっかり行うと言う事になります。

つまり志望動機の確立とは、「企業研究」と「みなさんがやりたい事」を合わせたことなのです。

企業研究のやり方 ポイント1

事業内容・仕事内容をみなさんご自身の中でしっかりとイメージしてみましょう。

これは意外に難しいことですよ。

その会社でみなさんが働く姿をイメージ出来れば、仕事内容が十分理解出来ている状態と言えるでしょう。

企業研究のやり方 ポイント2

みなさんが希望する求人企業について企業研究が出来たなら、その次には競合会社についても調べてみましょう。

競合企業を研究する事によって、みなさんが希望する企業の特色などを再発見出来るはずだからです。

面接での服装・身だしなみ

面接ではあくまで清潔感のある服装を意識しましょう。

求人企業の採用担当者から 

「服装については、あまり気にせずに来社ください」

と言われたとしても、やはりここは男性ならスーツでと言ったところでしょう。

理由はシンプルです。

面接は第一印象で決まるとも言われているからです。

そのような点からも、スーツが無難と言えます。

面接対策にかかる時間とその日の服装は?

転職エージェントによって面談時間は異なります。

だいたいの目安としては1時間~2時間ほどでしょう。それ以上かかることは滅多にありません。

みなさんの希望次第ですが、面談はとても重要ですので、出来れはみなさんが納得いくまで対策をしてもらう方が良いでしょう。

また面接対策での服装については、基本カジュアルな服装でOKです。

みなさんが「出来るだけ本番に近い状態で!」とおのぞみでしたら、スーツなどで行うのも良いでしょう。

面接対策を行う場所と日時について

面接対策を行う場所で一番多いのが、転職エージェントのオフィス内にある面談スペースでしょう。

また面接対策を行ってくれる日時については、多くの大手転職エージェントで、平日の月曜から金曜、そして土曜日などでも面接対策を行ってくれる会社が多いようです。時間については、19時開始まで対応といった転職エージェントが多いようです。

「転職エージェントのオフィスが遠くて行く事が出来ない!」

このようなケースについてもご安心ください。オフィスに来れない、またはオフィス外で合う事も難しそう、と言った場合には「電話での面談」も実施してくれるはずです。

面接対策での注意事項

転職エージェントのキャリアアドバイザーとの模擬面談は、当然のことですが本番の選考に何の影響もありません。

そこで模擬面談では、キャリアアドバイザーからの質問に対して、出来る限りみなさんの本音で答えるようにしてください。

ここで変に格好をつける必要はありません。

あまりに相応しくない受け答えをすれば、そこはしっかりとキャリアアドバイザーからの指摘で修正をすれば良いのです。

みなさんが「これを言ったらマズイかな」と変に意識をして、ご自身が本気で思っていない事を話してしまうことがあります。

しかし意外にも、みなさんご自身では「マズイ」と思っていたことが、とくに気にする必要が無いケースも多くあるのです。

転職する人の動機とは、意外と似たり寄ったりなものなのです。

それなのに変に格好をつけたばかりに、逆に採用担当者からは「なにかウソをついているのでは?」と思われて信用を失うこともあるのです。

面接対策を行うメリットについて

面接に慣れる、本番で緊張しない!

まずは転職エージェントのキャリアアドバイザーとの模擬面接を行うことによって、本番の面接での緊張も和らぐことが期待出来ます。

キャリアアドバイザーは本番の面接で聞かれる可能性が高い質問項目について質問をしてくれますし、みなさんの受け答えを聞いて、良く無い点などがありましたら修正をしてくれます。

これならみなさんも自信を持って面接にのぞめることでしょう。

職務経歴書をチェックしてもらえる

職務経歴書をブラッシュアップさせるためのアドバイスをしてもらえます。

「なんで職務経歴書のブラッシュアップが面接対策になるの?」

そんな疑問も湧いてくるかもしれませんが、本番の面接での質問は、みなさんが書いた「職務経歴書」から出されるからなのです。

つまり職務経歴書をキチンと整理して記述が出来ていれば、採用担当者からの質問には答えられるということなのです。

本当に希望していた求人企業に出会えるかもしれない

キャリアアドバイザーとの模擬面談では、まずは本音で話して頂きたいと話しました。この本音で話すことを続ける事によって、キャリアアドバイザーがみなさんの本当の姿を理解し始めます。

その結果、みなさんに本当にマッチした求人企業を紹介してもらえるかもしれないのです。

対策を行った結果、内定獲得の確率が高くなる

キャリアアドバイザーとの模擬面接による面接の練習や、職務経歴書のブラッシュアップ、そして本音ベースでの模擬面接を通してみなさんご自身が本当に行きたくなるような会社を見つける、このような事が重なり合って内定を獲得する確率が上がっていくのです。

【おすすめ】面接対策に力を入れている転職エージェント

マイナビエージェント

面接対策に力を入れている転職エージェント、業界でも熱心に対策をしてくれるエージェントとして有名なのがマイナビエージェントです。

求人企業の採用担当者から実際に聞いた声なのですが、「マイナビエージェント経由で面接を行う求職者は質が高い」そうなのです。

この「質」という点が今ひとつ理解出来なかったのでさらにその点について質問をして見ると

「転職活動の基本となるようなことがしっかり出来ている」

という事でした。

たとえば、職務経歴書の記入であったり、面接時での受け答えであったり、質問についての積極性であったりという事でした。

じっさいにこのような印象は「プラス」に働くそうです。

面接に自信が無いといった方には、おススメできる転職エージェントです。

【まとめ】転職エージェントの面接対策について!

 

転職エージェントのキャリアアドバイザーとの面談では、みなさんの等身大で自然な気持ちで話しをするように心掛けましょう。

キャリアアドバイザーは採用担当者ではありません。ここで格好をつける必要は無いのです。

それよりも、みなさんの本当の転職の動機・理由を話してみましょう。

みなさんの本音をもとに、ウソの無いように面接でのアピールポイントをキャリアアドバイザーが指南してくれるはずです。

まずはみなさんの気持ちをキャリアアドバイザーにぶつけてみる事が大事なのです。

しかし一方で、キャリアアドバイザーと言えども、みなさんと同じビジネスパーソンです。

気持ちよく転職支援やアドバイスをしてもらうためにも、しっかりとキャリアアドバイザーを尊重しながら、きちんと意見を聞く事を心がけましょう。