【game geeks(ゲームギークス)】WEB・業務系エンジニアのゲーム業界への転職事例多数

【はじめに】ズバリ!game geeks(ゲームギークス)を利用すべき人とは

ズバリ!一言でgame geeks(ゲームギークス)がおすすめな人はどんな方かと申しますと。

 

それは「東京近郊在住」の「ゲーム業界に興味がある」人です。

 

一言でこのような方なのですが、それではその理由を述べていきます。

ゲーム業界への転職支援をする転職エージェント!

ゲーム業界に興味のあるエンジニア、そんなエンジニアのみなさんの希望の転職を叶える転職エージェント、それがgame geeks(ゲームギークス)。

game geeks(ゲームギークス)のサイトを見てみると、大手のゲーム会社からベンチャーのゲーム会社まで会社の規模も幅広く対応しているようです。

運営会社「PLATE」について

こちらの転職エージェントサービスを提供しているのは、株式会社PLATE(プレート)というWEB制作会社。

「WEB制作事業」をはじめ「システム設計・構築作業」や「アプリ開発事業」、そのほか「SEO対策事業」や「リスティング広告運用事業」といったマーケティング関連事業も行っている会社です。

そして、このgamegeeks(ゲームギークス)への想いを次のようにサイトで表現しています。

game geeksとは、エンジニアのためのゲーム業界専門の人材紹介サービスです。
ゲーム業界はエンジニアにとって一度は誰もが憧れる職業ですが、実際の職業体験や業界人との接触が少ないことから、意外にも身近な職場とはなっていないのも事実かと思います。
キャリアアップの先にゲーム業界で挑戦したいという志を持っているエンジニアの方に、もっと職業価値を知って欲しい、そんな想いでこのサービスを立ち上げました。

game geeks(ゲームギークス)に思うデメリットとは

さっそくgame geeks(ゲームギークス)を分析します。

そこで見えてきたのはgame geeks(ゲームギークス)のマイナスポイント

WEBサイトを見ていると、どうしてもこのような「欠点」が目に付いてしまいます。

それでは求職者のみなさんにとって、「このgame geeks(ゲームギークス)は使えないのか?」と考えてみると、結論から申しますと「問題ありません!」と思います。

ゲーム業界を目指す方にとっては、おすすめのサービスと言えます。

「えっ!?欠点が目に付いたんですよね?」

そう思われるかもしれませんが、欠点を見渡した上で見えてきた長所についても、後々紹介します。

それではまず、「このサイトのどこに問題があるのか?」、これらを見て行きます。

自分に合った求人があるかどうかが分かりづらい

game geeks(ゲームギークス)のWEBサイトを見てみるとお分かりになるものと思いますが、まず「求人案件数が少ない」です。

求職者のみなさんが転職エージェントに求めること。

それは「求人の数」や「親身なサポート」です。

まずその「求人の数」が不足しているのでは?と思えました。

もちろんgame geeks(ゲームギークス)は、WEBサイトに掲載していない求人案件も多数保有しているとの事ですが、実際に登録した後でないと、どの位の求人数があるのか、みなさん自身にマッチする求人案件があるのかが判断出来ません。

そして求人検索は「勤務地から求人を探す」といった機能自体があるものの、株式会社PLATEの所在地は東京のみであり、それ以外のエリアの方にとってはあまり満足行くサービスが受けれないかもしれません。

実際にgame geeks(ゲームギークス)のWEBサイトで勤務地毎の求人検索を行ってみた結果は以下の通り。

勤務地 求人数
北海道 3
青森 0
岩手 0
宮城 0
秋田 0
山形 0
福島 0
東京 205
神奈川 9
千葉 2
埼玉 0
茨城 0
栃木 0
群馬 0
富山 0
石川 2
福井 0
新潟 0
山梨 0
長野 0
愛知 4
静岡 0
岐阜 0
三重 0
大阪 0
京都 0
兵庫 0
滋賀 4
奈良 0
和歌山 0
徳島 0
香川 0
高知 0

求人を検索した結果は上記の通り(2019年1月)。

やはり想像していた通り、保有している求人については東京に集中しているようです。

これですと、東京近郊以外にお住まいの方はサービスを受けれないかもしれませんね。

キャリアアドバイザーの紹介が無い

game geekのWEBサイトを見ていても、キャリアアドバイザーの紹介がありません。

これですと、どの程度のスキル・経験を持ったキャリアアドバイザーが転職支援をしてくれるのかが想像つきづらいですよね。

冒頭にも述べましたが、求職者のみなさんが転職エージェントに求める重要なポイントはふたつ。

ひとつが「求人の数」で、もうひとつが「親身なサポート」。

求人数については既に述べましたが、続いての「親身なサポート」、これは「キャリアアドバイザーの紹介」等のコンテンツを設けて、具体的にどのようなサポートに強みがあるのかを紹介してもらいたいところです。

転職は私たちの人生をも左右するかもしれません。

それゆえに一緒に転職活動を進めるキャリアアドバイザーの事は事前に詳しく知っておきたいところです。

「エンジニアのためのゲーム業界への転職支援」を得意としている転職エージェントならば、専門特化型の転職エージェントの特徴である「求人のラインアップ」と「キャリアアドバイザーの質」については詳しく知っておきたいのです。

転職成功事例の実績が明記されていない

転職エージェントのサイトに必須コンテンツともいえる「転職成功事例」、これも今の段階では明記されていないようです。

他の求職者の転職成功事例を参考にして、自分も登録してみようかな、と求職者は考えますので、ぜひ今後はどのような人にどのような職種や企業への転職支援を行ったのかを知りたいものです。

どこかリクエストばかりになっていますが、これは期待の裏返しでもありますので、今後に期待です。

これは致命的!なる早で修正が必要です!

以下の画像はトップページの下部(フッタ)部分になります。

全国の都道府県へのリンクがあるのですが、この画像をご覧になるとお分かりでしょう。

都道府県の表記が間違っているのです。

これはサイトローンチ(オープン)前の、単なる「チェックミス」でしょうけど、すぐに修正した方が良いでしょう。

下からお分かりのように「中国・四国」に「香川」が2つ表示されていたりします。

デメリットから見えてきたメリット!

今までデメリットばかりを並べてしまったかもしれません。

運営会の方には何の恨みもございませんのでご了承ください。

しかし、デメリットがあればそこからメリットも見えてくるのです。

先ほども求人が東京に偏っていると書きました。

それなら「東京在住」の方にとっては、申し分の無い転職エージェントと言えることでしょう。

そして検索結果で見る事が出来る東京の求人案件とWEBサイトに掲載されている大手有名ゲーム会社のロゴの数々。

このようなロゴの掲載は、その会社への転職実績が無いとなかなか企業側がロゴを掲載することを許可しません。

つまりこれらのロゴにある有名ゲーム会社に対しては、転職実績があるという事です。

WEBサイトを見てみるとお分かりになると思いますが、スゴイ顔ぶれです。

「LINE」「バンダイナムコ」「コロプラ」「サイバーエージェント」「GREE」「DeNA」「NEXON」「セガ・サミー」「mixi」「gumi」「Klab」「ドリコム」

こんな感じで、まだまだ永遠に有名企業のロゴが並びます。

ここからも分かるとおり、おそらくこもgame geeks、実績は十分です。

【まとめ】game geeksについて

まとめますと、WEBサイトだけを見ているとあまり期待出来そうにもないのですが、よくよく考えるとこの会社、東京在住でゲーム業界に興味のある方にとっては、かなり良い会社かもしれません。

みなさんの感想やお問い合わせなどもお待ちしておりますので、ぜひご登録されて面談をした際には感想をご一報頂けると助かります。

このような専門特化した転職エージェントは求職者にとってはとても貴重です。

本当に良い会社ならば、みんなで積極的にアピールしていきましょう!

投稿された最新の口コミ

口コミを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを投稿する

ゲームギークス
平均:  
 0 レビュー