40代で転職!40代以上こそ転職エージェントを利用すべき!

年齢が40歳を超えてくると会社生活と私生活の両面で悩みも増えてくるようです。

40代。

この時期は予期しなかったような色々な事が起こり、とても複雑な気持ちになるタイミングでもあるのです。

人生80年。そう考えると人生の半分、ちょうど折り返し地点。

また会社員にとっても、ちょうど会社生活が半分過ぎたところになります。

まさしく残りの半分の人生について考えさせられる時期なのです。

このようなタイミングを迎えると、今まで全くそんな事はなかったのに、人はいろいろと考え始めるようになるようです。

【はじめに】40代、それは人生においてどういう時期!?

40代の不安。

これは人によって環境が違いますので一概には言えませんが、40歳という年齢が近づくといろいろ悩みも増えます。

仕事では「その会社での出世」「会社の将来性」に不安を感じ、プライベートでは「子育て」「親の介護の心配」に悩む方もいらっしゃいます。

今まで想定していなかった出来事も起こりやすくなる時期なのです。

そして会社生活で言うと、中間管理職を迎えているタイミングの方が多いのではないでしょうか。

これからこの先
「さらに出世が出来るのか」
「やりがいを持って仕事を続けられるのか」
「部下のマネジメントはうまくいくのか」
といったようにたくさんの悩みにぶつかっているかもしれません。

または中間管理職になっていない方にとっても、この先今の会社で頑張っていけるのかどうかを考えてしまうことでしょう。

そして一番大変だと思われるのは、
今まで会社生活に真正面から向き合っていた人が、突然会社生活に不安を感じることです。

当然そのような方は今まで「転職」などを考えた事がありません。ずっとまっすぐに頑張ってきたので当然です。

そのような方がちょっとしたキッカケで会社生活に不安を感じて転職を考えるといったケースです。

今まで転職活動など考えた事が無いのです。人事の採用担当者との面談など、就職活動をしてから一度も無いような人たちです。エントリーシートを書いたのも、企業の採用担当者と面接をしたのも、はるか20年以上昔の話しになります。就職活動でどんな事をしたかのなんて、まったくと言って良いほど記憶がありません。

そんな状況ですので、いざ会社を辞めたいと思ったとしても、何から活動したら良いのかがまったく検討つかないのです。

40代のリアルな年収事情について

40代、ご家庭の環境を考えるといろいろとお金がかかるタイミングかもしれません。

それではそもそも40代の会社員の方々がどのくらいの年収なのかを紹介します。

こちらのデータは転職サービス最大手のdodaのデータから引用しています。

まずは40代を「全体」「男性」「女性」に区分した平均年収です。

40代全体のデータと年収分布
平均年収(全体) 平均年収(男性) 平均年収(女性)
541万円 587万円 423万円

続きまして40代の各年齢毎で「全体」「男性」「女性」に区分した平均年収です。
色々な理由があるのでしょうが、40代の10年間で男性と女性の年収の伸びについて差異が広がってきているのが分かります。

年齢 平均年収
全体 男性 女性
40歳 513万円 553万円 412万円
41歳 515万円 559万円 419万円
42歳 523万円 568万円 418万円
43歳 525万円 571万円 416万円
44歳 543万円 588万円 432万円
45歳 542万円 590万円 418万円
46歳 559万円 610万円 425万円
47歳 574万円 624万円 436万円
48歳 585万円 635万円 440万円
49歳 594万円 643万円 439万円

また業種別に見た場合の平均年収ランキングについては以下の通りとなっております。

順位 業種 平均
年収
1 投信/投資顧問
金融
930万円
2 医薬品メーカー
メディカル
768万円
3 証券会社
金融
751万円
4 地方銀行
金融
742万円
5 医療機器メーカー
メディカル
725万円

【40代の転職】リアルな転職事情

40代の転職事情について、今の現実をお伝えしておきます。

年収はどうなるか

まずは「年収はどうなるのか?」といった点。

これは結論から申しますと「下がります」

ある調査期間によりますと、半数以上の方々が「年収が下がった」とアンケート結果に出ています。

そして約30%強の方々が「変わらず」との事。

つまり40代以上の方の転職では、10~15%の人のみ「年収が上がる」転職をしていると言う事になります。

40代以上の管理職向けの求人案件や高年収の求人案件といったような言葉をよく聞きますが、現実は甘くないですね。

なかなか厳しいです。

年齢が高い、または転職回数などが多い方

転職する会社はどうなるか

次に「転職先の業種」について。

これもオドロキの結果となっています。

さすがに職種はそのままですが、じつに60%の方が業種を変えているのです

転職を意識するきっかけとは

40代の人たちは、社会人として経験もあり、会社でも中心的な人物として仕事に励んでいる人たちというイメージがあります。

まさしくビジネスパーソンの主役・主人公と言ったところでしょうか。

そんな彼らがどのような事がキッカケで転職を意識するかと言うと、その中のひとつに先ほど紹介した「年収」があるのです。

じつは40代という年代は、社内と社外を含めた周囲と一番年収格差がつきやすい時期なのです!

また、社内では管理職になっている人も多く見受けられるようになる中、ご自身が出世に取り残されているという焦燥感にもかられる時期でもあるのです。

とてもセンシティブな時期ですよね。

そして、社内での出世にも限界を感じ、まわりの同世代にも年収で負けてしまい、今後の将来について不安に感じてしまう方が多いようなのです。

そこで今の会社の閉塞感よりも、一時的に年収はダウンしたとしても、将来に希望を持って転職といったパターンが見受けられるのです。

マネジメント・スキルが求められる!

40代となりますと、当然のことですが20代や30代の人とは求めるものが違ってきます。

そして求人企業の多くは、40代以上の人には「管理職」としてのスキルも求められる傾向に有ります。

そしてハイクラス向けの転職サイトで求人票をチェックしてみると、求人の応募条件には「管理職経験者」「マネジメント経験者」と書かれている場合が多く見受けられます。

20代・30代はどちらかというとプレイヤーとして、そして40代は今までのプレイヤーとしての実績は勿論のこと、さらにそこにマネジメント能力までもが求められるのです。

20代・30代の人の面接では、今までのみなさん自身の実績などについて質問されるのでしょうが、40代以上の人の面接では、さらに「どのようにしてチームビルディングを行ったか」「どのように人材育成をしてきたか」「メンバーのモチベーションコントロールをどのように行ってきたか」といった、個人でなくチームとしてどのように業務に取り組んだのかを採用担当者は質問してくるでしょう。

個人としての評価と管理職としての評価をされるわけです。

この部分が40代としての転職の難易度を高めている要因のひとつとも言えます。

理想の転職について

40代の理想の転職。

これはずばり「引き抜き」でしょう。

今までやってきた事が高く評価されて、スカウトされるのです。

まさしく「プロのビジネスパーソン」と言えるでしょう。

どこかアスリートと同じ世界観ですよね。

そして先のアンケート結果によりますと、このように「40代で引き抜き」で転職される方は全体の10%未満だそうです。

当然ですが、このような優秀な方は在籍している会社も手放したくない貴重な人材のはず。

引き留めのためにさらに年収や役職などの条件を大幅アップして、提案してくることも十分ありえます。

このような状況で、あなた自身が「今の会社に残るのか」それとも「新しい会社にチャレンジするのか」を決めていくのです。

ここが重要なポイントなのです。

何が重要かと言いますと、この今後のキャリアを「選択出来る」という点です。

これはたとえば会社からの辞令でいきなり部署を異動したり、引越しを伴う異動をしたりすると、ご本人が望んでいない環境に身を置かなければならないかもしれないのです。

一方の「選択出来る」存在とは、言い換えると自分の意思でこれからの環境を変えることが出来るのです。

【How to】転職活動はこうして乗り切れ!

40代にとっての理想の転職について書きましたが、実際にこのような理想の転職を出来る方はほんの一部です。

それ以外の方は、どうしても会社を辞めたくなった時は別の方法で転職をするしかありません。

それではどのような転職の方法があるのかを見て行きましょう。

異業種に転職を考えている方

知り合いの会社に転職する

40代ともなると、今までの仕事を通じてコネクションも増えているはずです。
先に書きました「理想の転職」の「引き抜き」に似ていますが、ここではそれよりも「コネ」の要素が強いケースを想定しています。

そのコネで転職をするのもOKですが、一方注意も必要です。コネで入社したせいで、入社先の既存の社員から良く思われないという事がありえます。

また、このようなケースで転職をする場合、転職先が中小企業になる場合が多く見受けられます。

「仕事を通して知り合いになった社長に気に入られて転職」、このようなケースです。そしてこのような場合、転職した方自身は大手の会社にいた方が多かったりするのです。

大手から中小への転職。転職してみると分かりますが、社内の整備がまったく異なってきます。たとえば「前の会社では当然あった備品が無い」といった事や、最悪のケースでは慌てて転職を決めてしまって、いざ転職した後に「しまった、退職金が出ない!?」なんてこともありえるのです。

少し話しがそれますが、意外とこの退職金の有無について確認せずに転職してしまう方も多いと見くけます。退職金はやがていつかは切実なテーマになりますので、しっかりと事前に確認をしておくことが必要です。

40代にとっては知り合いの会社への転職が一番スムーズと思いますが、転職を決意するまでにいろいろと調査も必要なことを認識しておいて下さい。

転職サイトを利用して転職する

転職サイトを利用しての転職活動、これは40代以上の方にはあまりお進め出来ません。

その理由とは、一般的に転職サイトがターゲットにするユーザー層が関係しています。知名度のあるほとんどの転職サイトは、20代~30代半ばまでをターゲットゾーンとしているのです。

リクナビネクストやマイナビ転職といった大手の転職サイトがまさしくそのケースです。

このような転職サイトに登録して求人応募をしたとしても、40代のみなさんは残念ながら、なかなか「見事に書類通過!」とはならないでしょう。また求人企業からみなさん宛にスカウトメールが届く事も、みなさんが特別なスキルが無いかぎりあまり期待出来ないでしょう。

これが20代の求職者ですと、求人企業も求職者に対して「未経験者歓迎」として応募可能にしているケースが多いのです。しかし残念ながら40代以上ですとそうは行きません。

40代以上の方で、転職サイトで唯一おススメできるとしたら「ビズリーチ」くらいでしょうか。それでも年齢相応のキャリア・実績が無いとビズリーチでもあまり期待出来ないかもしれません。

転職エージェントを利用して転職する

「転職先の業種」について。

1)転職活動をするのに、何からはじめて良いのかさえも分からなくても、イチから転職活動の進め方について教えてもらえる。
2)今までの経験と今後の希望を考慮して、おすすめの求人案件を紹介してもらえる。
3)履歴書や職務経歴書の書き方を教えてもらえる。
4)書類に通過した後の面接の日程調整をしてもらえる。
5)面接前に模擬面接をしてもらえる。
6)内定獲得後、年収の交渉をしてもらえる。
7)入社を決める前に、その企業の実態、たとえば残業や有給休暇の消化具合などについて教えてもらえる。
8)今の会社に対しての退職交渉の仕方を教えてもらえる。

以上のように転職エージェントを利用するメリットはたくさんあります。

転職活動の進め方に迷った時には、まさしく転職支援のプロと呼ばれる転職エージェントのキャリアアドバイザーに協力してもらいましょう。

転職エージェントを徹底解説!登録すべきおすすめの転職エージェントをご紹介転職エージェント おすすめランキング!各社を徹底比較します。

【まとめ】40代のための失敗しない転職活動

それではまとめに入りましょう。

40代のための失敗しない転職活動、それは転職エージェントを賢く利用する事だと思います。

はじめての転職活動、それが40代になってはじめての経験だとすると、やはり一人の力では限界を感じるはずです。

ここは転職支援のプロである、転職エージェントのキャリアアドバイザーに協力してもらうようにいたしましょう。

そして次に転職エージェントの選び方について注意点を明記します。

1)みなさんの長年のキャリアを鑑みた時、やはりキャリアアドバイザーも経験の長い方をおすすめします。
2)みなさんの業界・職種に強いと思われる転職エージェントを選びましょう。
3)みなさんが相談しやすいと思えるキャリアアドバイザーを見つけましょう。
4)40代以上の転職支援の実績が多いキャリアアドバイザーを見つけましょう。

 

これらの条件を満たすキャリアアドバイザーに出会うのも大変かもしれませんが、転職の成功の近道はやはりみなさんにとっての最高のキャリアアドバイザーとの出会いと思います。

なかなかすぐにこのような最高のパートナーと出会えないかもしれませんが、ここが頑張り時です。

根気強く、いくつかの転職エージェントへの登録をおすすめします。

【最新の口コミ】40代で転職をした人の生の声!

口コミを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを投稿する

40代で転職
平均:  
 1 レビュー
by M.S(42歳 経営戦略) on 40代で転職

転職エージェントに登録して転職をしました。正直面接など何十年ぶりなので、何を話したら良いかなど、まったく見当がついませんでした。転職エージェントに登録していなかったら、まだ面接も出来ないかもしれません。本当に助かりました。